このページの記事目次 ( ← 2011-06- → )

※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

ツンデレ

 [ 恋愛・ストーカー
いわゆる「ツンデレ」もダブルバインドの一種であり、異性の気持ちを引きつけコントロールする効果的な方法として知られています。

「好き」というメッセージと「嫌い」という矛盾したメッセージを同時に発することは、単に「好き」という単一のメッセージを発する場合より、強く相手の気持ちをしばることができます。
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-d74d.html


・二面性を見せて支配するという意味合いもある

ダブルバインドには、ツンデレのように二面性やギャップで支配するという意味合いも含まれているようです。相手がまったく無関心だったら適度にプッシュし、追ってきたらちょっと身を引いてみる。毎日メールや電話をくれていたのに、ある日突然一切の連絡が無くなる。いつもは好き好き言ってるのに、急に大嫌いと言ってきたりする。 俗に言うメンヘラのような精神状態。簡単に言えばアメとムチ両方を与え続けている状態です。

これは一種の催眠や中毒のような状況で、マインドコントロールにも似たような面があります。散々暴言を吐かれた後に「愛しているよ」と言われたり「可愛いよ」と褒められると全て許してしまう。 そしてそれが習慣化されると、悪口を言われたり悪態をつかれること=愛情であると刷り込まれて錯覚してしまうのです。このように相手を操作しようとするダブルバインドは危険であり共依存の関係になってしまう ものです。この活用が激しくなればなるほど、脳の感覚を狂わせるほど効果が抜群なのは間違いありません。


自己愛性人格障害においてもよくあるのですが、「愛してる」だの「好きだ」などとガンガンぶつけてきます。
そして必ず裏切ります。
相手をおだてまくって落とす、おだてて落とす、ということを繰り返します。そうやって相手を自分の思ったように「操作」しようとします。その「おだて」によって、モテたり好かれたりするのことがあるのですが、やられた方は人一倍傷つきます。このことは経験のある人ならよく分かると思います。
投影同一化/投影同一視の違い


手口はタゲ女に媚を売って心配してる風に関わって、
相手に「利用していいよ」と言っておきながら仕事で電話にでれないとしたり(試し行為)して
拒否したり批判したりして不安定にさせて拒否と受け入れを続けて繰り返すらしい
相手の女性は一時期みんな不安定になる


言葉ではYESのサイン、(優しい言葉で巧みに誘われました)
態度ではNOのサインを(実際に会うと冷たくあしらわれる)出されるので
どっちに従っても矛盾と罪悪感が伴い身動きがとれなくなるんですよね。
特に相手の言葉より態度の方がこちらに大きく影響を与えるようです。

ダブルバインド・メッセージ(用語説明と例)

スポンサーサイト

2011/06/03 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自己愛性人格障害と同性愛の関係

 [ 恋愛・ストーカー

自己愛と同性愛のしくみ


たとえばあるお母さん子の少年がいたとします。その子がまだお母さんに愛されたいという強い愛情欲求ともっていたとします。しかしそれはお母さんから離れたので満たされない。そうこうするうちに、一人の少年を好きになった。彼はその少年を、あたかも自分の母親が自分を甘やかしたり世話してくれるように愛するのです。この少年は母親に同一化して(自分が母親のようになって)その少年を愛するのです。無意識では、愛情対象になった少年と自分の同一視があります。つまり、彼はその少年を母親のように愛することによって、自分が母親から愛されたい気持ちを満たすわけです。


自己愛の特徴の一つは限りない満足を求める愛情欲求
もともとは母親から愛されたいという対象愛がみたされないために自分で自分についてそれをみたすという自己愛のメカニズムを介して生じるものである。つまりその起源は母親から愛されたいという愛情欲求


お母さん子が自分がお母さんに愛されたい気持ちを同性愛的な対象の少年を愛することでみたす、相手をじぶんと同じように思って相手を愛する、本当は自分が愛されたい気持ちを相手に託して満たしている、同性愛者のそういう心理の裏には自分が母親から愛されたいという気持ちが強くある。

同性愛は自分と相手が同じ肉体をもっていることが前提になる。同性愛の男性は女性を軽蔑、女性が価値の無いものになってしまう、価値を見いだせないものには惚れ込めない。同性愛の場合は相手も自分と同じものをもっている、あるいは男性として同じ存在であると思うことによって相手を自分と同一視できる。そうなるとはじめて自分以外の対象を愛することができる。同性愛者は自己愛が強すぎるために、本当は自分しか愛することができないという倫理の持ち主
(フロイト)


自己愛性人格障害の同性への執着


同性に対する同一化願望がある自己愛を知っているが、そいつは同性愛者なんだろうか?
それとも自己愛の同一化願望に性別は関係ないんだろうか?


同性と同一化したいというのは、普通に考えれば同性愛だろう。
自己愛-同性愛-マザコンが重なっていそうな例が身近であった。
フロイトも確か、そういうケースがあると言っていたと思う。


> 自己愛は同性に取り付くのでたち悪い。

その自己愛に同性愛の傾向はありませんか?
今までに、あきらかに自己愛な男を二人知っているけど、
どちらも行動パターンにホモっぽい感じがあった。
二人とも彼女、あるいは妻持ちだが、カモフラージュのような気がする。
妻持ちの方はいい年齢で子供がいない。
注意深く観察してみると、男性への執着に見られる過剰ぶりが、女性に対してはまったく発揮されていない。
三島由紀夫なども自己愛性人格障害と言われているし、妻帯者の自己愛にホモって多いかも。


同性への粘着ぶりはよく同性愛に揶揄されたりしています。
まともに取り合ってもらえないタゲがサンドバック化している
のはよく見ます


タゲの行動発言を悉くインプットして第三者への伝達
あれどうにもならんかな?気持ち悪い

同性をタゲにする自己愛は同性愛の要素がある気がする


自己愛にとって異性は性処理の道具
じゃね?
あそこまで同性に執着するのを見ると
ガチホモじゃね?とか思っちゃうw


自己愛の男って隠れホモが多いと思う
(これに関しては結構自信ある)


同性愛と自己愛性の関連については前に英語のサイトで読んだ事があります。
異性愛者の自己愛性も潜在的な同性愛傾向があるそうです。
同性愛者は、「同じ」性別の人―ある意味では自分の「反映」、と性交します。
この点において、同性愛の関係は非常に自己愛的で自体愛的なものです。


(全てではないにしろ)ゲイの人には自己愛多いそうな。
ゲイ差別はしたかないけど、普通に事実だと思う。
自分が関わったメンヘラのいくつかの実例でもそれはいえる。


ゲイに自己愛が多いと言われたら納得しちゃうかな。
自分と決定的に違う異性を受け入れないって事が、究極の自己愛なんだね。


2011/06/03 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

同性へのストーカー

 [ 恋愛・ストーカー
同性ストーカーの場合は妬みか、
この人になりたい→から→この人の物、この人の全て欲しい…
だからこの人が邪魔になった、
私から離れていい状態やちやほやされて許せない!
等の順番でストーカーになります

異性でも同性でもストーカーです。
交流がない人間の生活等、全てをその人から聞くわけではなく、他の不特定多数の人物から聞きだすこと。個人の生活権を侵害し、日常生活の行動について、監視に至るような真似をすること。(住所特定、待ち伏せ、落書き、野次など。)自身の感情論や目的論のために、対象人物が困るように虚実の噂などを流すこと。または、不特定多数の人物を協力者とし、対象人物を精神的に追いつめる行為をすること。プライバシーを侵害すること。協力者もストーカーに値する。旅行先を知っていたり、新幹線で3時間ちょいの距離をついてきたり、自動車ナンバー、車種を把握していたり、下着のサイズを知っていたり、服のメーカーや値段をチェックしていたり、どこで何時に見かけたと知っていたり、こういった行為は生活密着型の不特定多数人物による、プライバシー侵害というストーキング行為だそうです。(専門的診断なので間違いないです。)
同性でもストーカーはストーカーですよね


嫉妬・羨望から来る破壊衝動


女性をストーカーする女性ストーカーの始まりは嫉妬だと言われてます。今や、恋愛のもつれがストーキングの発端になるだけでなく、妬みからストーカーする人が増えているそうです。「彼女の言っていることは、絶対嘘だから、見栄を張ってると思ったから、尻尾をつかんでやろうと思った。」とか「あの女が困るような事実を見つけて、みんなの前で恥をかかしてやろうと思った。」とか、そういった理由から、同性をストーカーする人が増えているそうです。

このようなストーカーは、自分がストーキングしていることを絶対、自分で認めることができず、指摘しても「自意識過剰」「そういうふうに言う方が気持ち悪い」などと相手を否定することで、自分の行為を正当化するそうです。そしてどんどんエスカレートし、最悪、警察沙汰まで行く人が多いそうです。

4年程、元同級生の女に電話などで嫌味や罵声、脅しでしつこくされました。
実家の両親にまで付き纏ったり、彼女の母親までストーカーになりました。
結婚後に遠くに引越した私が、子供を何人産んだかを異常に知りたがり、
勝手にこちらに子供がいないと思いこんで、
「自分や他の友人は2人以上産んでいるよ。私達の勝ちね」という名簿をご丁寧に送りつけて来て、その後は手を引いてくれたみたい?です。
何年も私に張り合って私の悪口を近所で言い続けている同級生の女性はいます。

昔から何でも私よりいい思いをしていないと我慢できない性格で、私の方が上の学校へ入ったといっては、3年間も妬み僻みで嘘を言いふらし続けるので、就職の時に仕方なく私が親戚に頼んで私より良い会社に入れてあげたのですが、やはり悪口を言いふらしています。
同性のストーカー に悩まされたことはありますか
同級生の同性(女)からストーカーされています。私が結婚、引越してから「気に食わない」と唸り声で嫌がらせ電話したり、 メールを送ってきたので、携帯を変えて無視しています。
ストーカーの自宅と、私の実家と、ストーカーの実家は近所です。今度はストーカーの母親が、私の実母に私の近況を聞いてくるようになりました。
同級生の同性(女)からストーカーされています。
ストーカーと呼べるのか分からないけどあります。
どこに居ても監視されていた様な。。。

好きとかとは違う感情でだと思うけど教えていない家の回りに偶然いたとか教えていない会社付近を走ってたりとか。。。
その子の家から1時間以上の距離です。

※第三者を動かしてストーカーする


趣味、癖、服装などをコピーし同一化しようとする


逃げれば逃げるほどどうやら逆効果で、目をギラギラしながら、常に私を見ています。
そのうち彼女の髪も服も靴もバックも私そっくりになり、趣味も癖までマネされました。CDプレイヤーもCDもイヤホンもまったく同じ物を購入したようです。見ていて、私そっくりなんです。

同姓ストーカー
「私を執拗に真似しようとする同級生女子A」
私も周りの友人たちもそれを「全然似てないよww」と流していたら、それがAの執着心に火を点けたのか、Aは私を執拗に真似するようになりました。
持ち物を真似するのは勿論、ちょっとした癖やノートの取り方、さらには何故か誰にも教えていない音楽の趣味まで、ことごとく真似して、私に嬉々として報告する。

女だけど同級生女子にストーカーされてる
いつも何をするにもすべて見られていました。休みの日に誰とどこに行っていたとか、どんな服を着ていたかとか、自分しか知らないようなことまで知られていて怖かったです。
はじめはほかの子と仲良くしてたのでやきもちを焼いているんではないかと思いましたが、自分とまったく同じものや同じ服を持っていたときにおかしいなと思いました。次第にエスカレートしていき、携帯もチェックされ、さらには休みになると家に来てずっといました。あの時は本当に怖かったです。
ストーカーとは少し違いますが会社の先輩(お局的な)に持ち物をいちいちチェックされてなにもかも(洋服はもちろん化粧品、お弁当箱、筆記用具からボックスティッシュにいたるまで)すべて真似されたことならあります
上司に二人はそっくりだなって言われて浮かれていました…
毎日ヤツの目がこわくてかばんからお気に入りの持ち物を出すのが恐怖でさいごには全身ユニクロにクロックス、持ち物はすべてダイソーで通勤しようかと思うほどでした



縁を切りたい職場の友人
同じ職場の、同性の、同い年の友人です。
最近私のストーカーみたいなんです。
http://wailing.org/sigoto/read.cgi?no=237

『友達が、ある日ストーカーになってしまう』というパターン
http://www.boxersquick.com/pc/reason3.php

2011/06/03 | Comment (3) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

ストーカー気質 ストーカーになる人の特徴・心理

 [ 恋愛・ストーカー
ストーカーの特徴、原因(育った環境)のどちらも自己愛性人格障害の特徴と共通しています。こちらの理由も参考にして下さい。
モラハラ加害者、自己愛性人格障害の特徴 詳細版


ストーカーの特徴


 ストーカーの特徴は、①人間関係における「自分の思い通りにしたい」という異常な執着、②他人や社会に対する攻撃性、③「自分は自分、他人は他人」という「自己」の自立性の欠如、④「他者」への依存性と思い通りにいかない場合の被害意識(加害行為をしていながら、被害意識を持つのが人格障害の特徴とされる)、⑤問題解決の展望の欠如などであるが、「他者」との関係で「自分の思い通りにしたい」という感情から出発し、あらゆる理屈が自分の感情の正当化のために用いられる)。


ストーカー行為を続けても自分が望む結果が得られないことがわかっていながら、それでもストーカー行為の欲求を抑えることができない自分に苦しんでいる。このようなニヒリズムは、自分か相手の死による「解決」をめざすことが少なくない。ストーカーは「他者」との関係でしか「自分」を考えることができないので、「他者」との関係を遮断されれば、自分が無価値になると感じる。人間は「自己」が無価値になるという喪失感に堪えることはできない。

一般に、ストレスと「自分の思い通りにすること」は密接な関連があり、人間はストレスを強く感じると「自分の思い通りにしたい」という傾向が強まると言われている。子育てにストレスを感じる母親が赤ん坊を自分の思い通りにしようとし、それができない場合に赤ん坊を虐待することがあることなどはその現れである。

最近、些細な交渉事件でも、自分の要求を相手方が呑まないことに大きなストレスを感じ、そのストレスに苦しむ人が増えている。相手方が自分の要求を呑まない時に、「それはあくまで相手の考えである」、「相手は相手。自分は自分」と考えればそれほどストレスを感じないが、「他者」によって影響されない「自己」の稀薄な人は、相手方が自分の要求を呑まない場合に自分の人格が否定されたと受けとり、大きなストレスを感じる。そのような人の「自己」は、「他者」との関係でしか成り立たないような脆弱なものであり、「他者」との関係でしか成り立たないような「自己」は、「他者」の動向によって常に翻弄される。
「自分の思い通りにしたい」人たち


警察庁調べによれば、現在、ストーカーの実に半数以上はかつてか今の交際相手だ。安全生活アドバイザーで女性の防犯に詳しい佐伯幸子さんは、ストーカーになる男性には、こんな傾向があると話す。

「束縛が強く、愛されることに飢餓感を持っています。たとえば、“相手の一日の行動を事細かく聞いてくる”
“初対面の相手に自分のつらい過去などの身の上話をする”“相手によくカマをかける”などの特徴があります」

精神科医の町沢静夫さんは、育った環境も判断する基準になると話す。
「過保護に育てられ、全能感を持っているタイプと、逆に親から冷たく育てられ、孤独感が強いタイプがストーカーになりやすい」

こうした男性たちは、いつストーカーに豹変するかわからない。今回取材した多くの専門家たちは、少しでも彼らを「おかしい」「なんだか怖い」と思った時点で、親や警察、学校に相談することをすすめる。
ストーカーになりやすい人は 過保護で育ったか孤独感強い人


結婚が相手を束縛する権利、所有する権利、つまりパートナーを鳥かごに入れる権利を得ることだと考えている人は少なくないかもしれません。そう考えることで、不安を払拭できるからです。ですが、人の心が縛れない以上、不安は残ります。幸福を他者に依存するほど、不安は強くなります。

 すると、相手を自分の下に留め置くために、支配とコントロールを強めることになります。過去の誓いを持ち出して相手に罪責感を抱かせたり、社会の非難をチラつかせて心理的に脅迫したり、しかも、それを当然の権利と考えています。
 そこには相手への愛情というよりも、自分が優位に立って相手を支配し、コントロールして、安心したいという自己中心的な思いが強く出ています。 
 ストーカーになる人たちには、こうした自我の脆弱性があります。
自分をたいせつにする心理学 モラハラな恋人


ストーカーの分類


●ナルシスト系(自己愛性人格障害)
自信・自負心が強く、拒絶した相手にストーキングするものが多く、行動的な分類からは『挫折愛タイプ』に属するものが多い[12]。現実の人間関係は深い[9]。

過剰なまでに怒りをもち、自分の欲求の正当性の確信や、それに基づく妄想(本当は自分のことを愛しているのだ・相手は能力が低くてまだ自分の良さを分からないだけだ)などによってストーキングに至る。
ストーカーという犯罪の支配性という特徴と幼児的な自己愛(万能感)が一致してしまうと考えられます。

自己愛性パーソナリティ障害を持つ人は、脆弱な自己愛を守るために他者との深い接触を望まない場合もあり、ストーカーとなることにマイナスの要素も抱えています。


●ボーダーライン系(境界人格障害)
性格は外交的・社交的で、「『孤独を避けるための気違いじみた努力』が特徴」で、病気ではなく、人格の成熟が未熟で、自己中心的で、他人・相手の立場になってみてものを考えることが出来ないタイプで、このタイプの人は精神医学の専門家でない人が想像するよりも世の中に多いという。人間関係は濃く、相手を支配しようとするところに特徴があるという。


●影山任佐による分類
1.誇大自信過剰型 … 好かれているはずだと思い込む。
2.未練執着型 … 別れた恋人や配偶者にストーキングする。
3.ファン型 … 有名人にストーキングする。
4.妄想型 … 一方的な恋愛感情や被害者意識。
5.中核型 … 相手を支配しようとしたり、相手の心の中に『巣くおう』とする。最も現代的な型。
ストーカー - Wikipedia
(モラハラも中核型ストーカーに分類されます。)

中核型はもっとも現代的な型であると言われ、特に身体的、精神的な暴力によって相手を支配しようとする「モラルハラスメント」も大きな社会問題となっています。


なぜストーカーするのか


ストーカーって何が目的であんなことをしてるんですか?

恨み、妬み、などなどの理由が前提だと、それはただ単に「相手の欠点を見つけたい」「恐怖感を与えたい」などの目的だと思います。
ですが、それだけではなく、「好きだから」などの理由でストーカーをする人がいらっしゃいますね。この場合、心理学でいわれている原因・理由は…


まず最初に、『ストローク』について少し説明します。
ストロークというのは、人から人への行為全般を指します。
このストロークにはプラスとマイナスの二種類があります。
★+のストローク→「褒める」など相手を+の気持ちにさせる全ての行為・
★-のストローク→「バカにする」など相手の気分を悪くさせる全ての行為
人間は<無視される事>や<孤独>に弱く、「ストロークを得たい」と常に思います。プラスのストロークが得られなくなった時、「たとえマイナスのストロークでも何もないよりマシだ」と考えるのです。だからストロークは『心の栄養』とも言われます。

好きな人に対して、イジワルをする人がいるかと思います。相手に好かれたいハズなのにおかしいですよね?心理学的には、あれは「好いてもらう」というプラスのストロークが欲しいけれど、それが叶わないから「嫌がられる」というマイナスのストロークでもいいから欲しがるのです。物凄く内容を略すと「好きな人にどんな形でもいいから構って欲しい」という事です。

ストーカーはそれがエスカレートしたようなものですね。似たようなものです。
「本当はその相手に好かれたい」でも叶わない、それなら「嫌われても」「恐れられても」いいから自分に少しでも気持ちを向けて欲しい。おそらくそういう心理・目的だと思います。あとおそらく、これ以外だともう一つ思いつくのは「相手の事をもっと知りたい」という強い思いですかね^^:

もちろん、これは一例であって、ストーカー犯全員には当てはまりません。心理については、同じテーマでも色々な考えがありますし^^;ですが参考になればと思って、説明させて頂きました…。

ストーカーって何が目的であんなことをしてるんですか?

2011/06/03 | Comment (17) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

デートDVとは チェックリスト

 [ 恋愛・ストーカー

デートDVチェックリスト


~ デート相手は… ~
□あなたのことを「きたない」「バカ」など人をおとしめるいやな言い方で呼びますか。
□あなたが他の用事で会えなかったりすると、自分を最優先にしないと言ってふてくされたり、怒ったりしますか。
□あなたが誰と話すか、家族や友だちの誰といっしょにいるかなど、何でも知りたがって聞いてきますか。
□しょっちゅう携帯に電話してきて、あなたがどこで誰と話したり会ったりしているかチェックしますか。
□怒ったときに物にあたるなど、あなた怖いと感じるような態度・行動をしますか。
□あなたへの怖い態度や行動をしたあと謝ることが多いですか。
□すごくやさしいときと、すごくいじわるでいやな態度のときとが極端ですか。具体的には「俺(私)には君(あなた)しかいない」とやさしく言ったかと思うと、「おまえ(あんた)は本当にばかだ」とばかにしたりするなど。
□ふたりがけんかしたとき、あなたが怒らせるようなことを言ったからだとか言ってあなたを責めますか。
□あなたが何かについて話そうとすると話をそらしたりして、あなたの話をちゃんと聞いてくれないことが多いですか。
□よく約束を破りますか。
□あなたの携帯をチェックして、男(女)友だちのメールやアドレスを消せと命令したり、消してしまったりしますか。
□「僕(私)のことが好きならいいだろう」とあなたが気が進まないことをさせますか。
□あなたの希望や考えを尊重しないで勝手に決めることが多いですか。
☆ひとつでも該当する項目があったらモラハラ(デートDV)ではないかと考えてみましょう。
http://aware.exblog.jp/i31


デートDV予防サイト
「それってデートDVなんじゃない?」
2011/06/02 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

モラハラ男・自己愛性人格障害との別れ方

 [ 恋愛・ストーカー
モラハラ男(自己愛性人格障害の人)は見捨てられ不安が強いため、別れを切りだされると驚異的なしがみつきを見せ、急に下手に出たり(泣き落とし)恩に着せたり(今までお前のために頑張ってきたのに)脅したり(何をするかわからないぞ、もしくは別れたら自殺してやる)しながら別れを拒否します。プライドを傷つけるなど下手な別れ方をしてしまうと怨みを買い、周囲の人に悪口を広められたりストーカー化してしまう原因になります。

別れ方のコツ
・責めるなど悪い別れ方ではなくキレイな別れ方を目指す
・あなたのために別れる、を下地にし、私ではダメだね、私では無理だった、と身を引く
・病気になった、倒産したなど相手に付き合うメリットがない状況を作る
・相手が尊敬するような人を第三者に立てて別れ話を見守ってもらう
・証拠が残るようにメールでやりとりする(世間話にはのらず事務的に別れ話のみ対応)
・泣き落としや脅しにはのらず、根気強く別れ話をし、相手が根負けしたところで着信拒否


自己愛性人格障害との別れ方 体験談


調べていて参考になりそうなものをまとめました。

否定せず下手に出ながら別れを切り出す


「いつもあなたを傷つけてしまうね、やっぱり私じゃダメだね。
これ以上あなたを傷つけたくないの、別れて下さい」
を時間を開けて4回くらいやって、やっと別れられました。
「あなたのことを思って言ってるのよ」が下地にないと、別れてくれない気がします。
拗ねて、「じゃあ別れる?」といったらしめたもの。
「うん、ありがとう」と言ってその場から立ち去りすっぱり彼のことは見限るのが良いです。
誰が聞いても彼が悪い!となる事実や事件を理由に挙げて、丁寧なメールで別れを告げるのがおすすめです。
彼を責めるんじゃなくて、「私は無理と思った」「辛くて耐えられなくなった」という理由にして、ついでに、「私も○○なところは悪かったと思う」「付き合った頃のことは素敵な思い出でした。そんな綺麗な思い出だけを胸に残したいから、綺麗にお別れしたいと思います」という、彼もさよならしやすい文面にするといいです。


病気になったフリで向こうから別れを切り出すように仕向ける


こちらが病気になって、貴方より大変でうんと不幸な状況だから会えない‥ とする方が自己満足が満たされ、スンナリ離れてくれる確率が高いと思います。
ルールも通用しないし完全におかしいですからね。
自尊心を傷つけない様におだてて、負けるが勝ちに回った方が得策かと実感します。
真面目なレスですが わざと脱糞やオネショを繰り返して 病気のフリをするのがいいと思います。自己愛パーソナリティは反論できないほど完全に上から押さえ込むか 愛想をつかせるかの2つが有効です。


別れ話の場に第三者をを立てる


周囲の人に相談しながら、絶対に1人で会いに行かないように!
メールで事務的に・証拠が残るように!
別れ話が進まないようなら 彼が逆らえない 尊敬している人を間に入れて 話したらどうでしょうか
それが無理なら 弁護士を挟んで、ストーカーにならないように慎重に 進めた方がいいですね
私は心療内科のカウンセラーに相談します
相手の心理を読みながら 対応を考えてくれるので とても助かっています


泣き落としや別れるなら自殺する、などの脅しにのらない


泣き落としが始まるから、無視する事。
無視を始めたら、ストーキングが始まる危険がある。
はっきりと関係は終わりだとメールして、
これからの着信履歴とメール受信履歴を保存しておく。
同情心を煽る演技で応戦してくる場合もあると思いますが根気強く、謝りながらもう無理なことを説得…電話に応答してればメールは完全無視で大丈夫と思います
メールは延々と続くし相手に変な期待を持たせちゃうから良くないそうです
もうだめかもと思うと自殺未遂なんかで気を引こうとしたり、脅しをかけてくる人は、身の危険を感じた時点で警察に連絡を…
電話が頻繁にかかってこなくなった時点で完全無視をきめこむ
そして着信拒否



2011/06/01 | Comment (29) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自己愛性人格障害と恋愛

 [ 恋愛・ストーカー
●優位に立てる人を選ぶ(若い、学歴や職業、容姿など取り立てて優れたところがない)
●反対意見を述べない、言いなりになる人を選ぶ
●女好きの人が多いが、人格を愛しているのではなく可愛らしいペットとして見ていたり、チヤホヤして自尊心を満たしてくれる道具、身の回りを処理してくれる道具、性欲処理の道具として見ている。利益がなくなると価値を見いだせなくなり、新しい人を求めて浮気をする
●浮気は比較による貶めと保険の意味もある


恋人の条件はこれと言って秀でたところがなく、格下で言いなりになる人


・恋愛の対象は自分に賛同してくれれば外見はどうでもいい
 外見より自分の思い通りになりそうかを優先させる
・恋愛至上主義
 自己愛にとって1対1に固定された関係は都合がいい
 エゴに愛の仮面をかぶせて接近してくる
・頭のいい女が嫌い= 騙せない、学歴コンプレックス
・サバサバ女が嫌い= あしらえない、言いなりに出来ない
・モテモテ女が嫌い= 支配出来ない、モテないコンプレックス
・親が金持ちの女が嫌い= もちろん親が怖い

モラハラ男は、ちょい貧乏、高卒、バイト暮らし、いまいち地味(完全な堅物は×)、優しそうな女、を狙ったりする。
甘えん坊で、依存性で、人格障害だから。
サイコパスや自己愛性人格障害などの異常人格を症状とする精神失患や脳機能発達者などの「悪い男」は、常に「自分の奴隷」を保有したいと願います。良い家庭を築こうなんか望みません。そういったときに断れない優しい依存体質で自立できず馬鹿で低学歴な女はまさに奴隷として狙いやすいです。

自分に依存させておけば、どんなに殴っても離れない。低学歴なんだから自分から離れて暮らしていけるわけがない。経済力に依存させておけば逃げる金を持つことはできない・・・・など足元を見られ利用され捨てられます。
・コンプレックスを払拭することと自尊心を満たすため、自分より常に下の立場の人を見つけようとし、女性関係に対しても同じ傾向があります。
・ワガママや無理難題をいっても叱らずに聞き入れてくれそうな友人と親しくします。
よって、何でも言うことを聞く彼女でいることを求めてきます。
基本的に自分が大好きで他者の感情に共感できません。
ですので他者を愛する事自体まったくできません。
自分に都合よく動いてくれる人を仮初めの恋愛と判断してますが正常な人のそれとはまったく質が違います。
短い期間の恋愛または結婚を一生のうちに何度も繰り返します。

出会う→魅了する→恋に落ちる(相手が・・・)→モラハラ→相手が耐えられなくなって去られる∞


身の回りの雑用を処理する道具


つくすタイプ=便利な女
過去の彼女もどちらかというと「尽くすタイプ」で、自分は特別だと思ってくれていました(相手を気持ちよくするための口説き文句や、表面的な会話は異常といっていいほど得意です)。
しかし、どこかで「こいつ便利だな」というとらえ方しかできず、結局そういう気持ちでは芯がないので、飽きが来てしまい、相手の女性を不幸な気持ちにさせてしまっていると思います。良くも悪くも、すぐ飽きがくるので、長い期間相手を不幸にしていないのはせめてもの救いですが・・・。
自己愛性人格障害のようです…

性欲処理の道具


好色的な自己愛性人格障害の人は、恋愛をゲーム感覚でします。
性的な誘惑のゲームが得意で、異性とのセックスにふけります。
情緒的に恵まれていない人や、ナイーブな人たちを誘惑し、自分の快楽的欲求と性的欲望を満足させます。
一見、温かい愛情関係を望んでいるかのように見えますが、繰り返される性的な関係は強迫観念のようになり、自分の力を強化するという勝利感に変えるだけになります。
そして、恋愛対象の人が手に入れば、大抵の場合、興味を失います。
好色的な自己愛性人格障害の人にとって、パートナーは単に肉体を与えるだけで、かりそめに利用しているにすぎません。
相手と別れるときは、込み入った嘘や過剰なセックスを残していくことが多いです。
自己愛性人格障害のゲーム感覚の恋愛


チヤホヤして自尊心を満たしてくれる道具


崇拝者として獲得し、それから母性愛獲得のために貪欲に行動する。
しかし愛情供給元たる女性は唯一無二の存在ではなく、取替え可能。
自己愛は相手の中に自分を見てるんでしょ。
相手の人格は尊重しない。
常に自分にエネルギーを供給してくれる者のみ利用する。
利用価値無くなったら取替える。


ツンデレで対人コントロールがうまく、はじめは魅力的である


自己愛者は異性にもてることが多い(和田,2002b)。なぜなら、男性であれ女性であれ、相手が良く見えるときは自己愛者もものすごくいい自分になれる。その結果、徹底的に相手に貢いだり愛したり、非常にベタベタとした関係になる。それに加えて、相手にも自己愛性の傾向があると、こんなに愛してくれる人がいるとのぼせ上がってしまい、とても激しい恋愛関係に簡単に陥ってしまう。
自己愛性人格障害においてもよくあるのですが、「愛してる」だの「好きだ」などとガンガンぶつけてきます。
そして必ず裏切ります。
相手をおだてまくって落とす、おだてて落とす、ということを繰り返します。そうやって相手を自分の思ったように「操作」しようとします。その「おだて」によって、モテたり好かれたりするのことがあるのですが、やられた方は人一倍傷つきます。このことは経験のある人ならよく分かると思います。
投影同一化/投影同一視の違い


相手の中身を愛しているわけではないのですぐ浮気する


一概には言えないとは思うんですけど、浮気・・・っていうか何股もかけたりします?
自己愛の人って。各々にオマエだけだとか言ったりして。
自己愛性さんに異性好き多いみたいですよ。
基本的に周りにちやほやされるのが好きみたいだからなあ。
後、人の物も好きっぽい。
人の気持ちへの共感力が無く、恋人も自己愛を満たすコマでしかない自己愛には、ギブアンドテイク、あるいは支え合う、つまり自らも与える事を求められる本当の愛などうざいだけ
表面的なチヤホヤが一番自尊心をくすぐるんで、薄っぺらい異性をはべらせる方が都合がいい

あるいは共依存体質の異性を本能的に選ぶので、なんだかんだ言って執着されることも多い


根底に男尊女卑、女性嫌悪がある


彼は根底では男性優位で年齢が上=偉いと思ってるらしいです。
ちなみに10歳年上ですが、子供みたいに思えます。
男性の自己愛者の場合、男尊女卑の考え方を根底に持ち、普段は尊重する態度を示すこともあるが、いざという時、自分の奴隷のごとく扱う。
女性嫌悪って感じなかった?
私は感じたよ。自己愛性の彼はところどころで、え!?って思うような女性に対する批判や差別をしていた。それは本当にうっすらと私にしかたぶん分からない感じ。
特に私に攻撃してくる時には、単に私の行動が悪いとかっていう感じじゃ無く女だから攻撃してくるような、いわれのない彼の中の女に対する憎しみのようなものを感じたよ。私というモノを使って何か発散させているようなぶつけているような感じ。感じなかった?
女に関しては「女が頼めば男も簡単に聞くからお前がやれよ」と
自分の利益の為に彼が考えている「女の特権」を私に使わせようとしたり
「男がいない女はちょっと褒めれば思い通りだよ」などと平気でいいます。
勿論、異性愛者の自己愛性は女好きでしょう。彼等は人間中毒なので。
ただ、自己愛性の根底には自分以外の人間に対する敵意があり、
健常者が女性を愛するのと同じ方法では女性を愛せないのです。
自己愛性にとって女性は取り替えのきく道具(tool)でしかありません。
自己愛性は女嫌いなのか?

ほとんどの自己愛性男は女嫌いである。所詮、彼等はひとりの女性に
よる歪んだ作品だ。ひとりの女性が彼等を産み、今の形―機能障害、
不適応、感情的に死んでいる―に作り上げた。彼等はこの女性に怒って
おり、また、暗に全ての女性に対して腹を立てている。

自己愛性の母親はあたかも自己愛性が(彼女に取って)特別ではない
かのように振る舞い続けた。自己愛性の全人生は、母親が間違っていた
のだと証明する痛ましく哀れな努力である。自己愛性は絶えず他者から、
彼が特別である―言い換えれば、彼が”存在する”という確認を求める。
女性はこれに脅威を与える。

セックスは「動物的」で「一般的」である。セックスに関して
「特別」だったり「ユニーク」である事は何もない。
女性は自己愛性にとって彼女等のレベル、すなわち親密さ、
セックスと人間的感情という一般的に共有される最も低レベルな場所
に引きずり下ろそうとする者として認識される。
人間は誰でも感情を持ち、交尾して、子を産む事ができる。
これらの行為で自己愛性が独特だったり、他者より上に立つ事はできない。
しかし女性はこれらの遂行に”のみ”興味があるように見える。
従って、自己愛性は女性を、形を変えた彼の母親の続きだと感情的に信じるのだ。


女性の自己愛性人格障害


女性の自己愛者の場合、男性の前ではあからさまに態度が変わり、「女」を全面に出す。



穏便に別れたい方はこちら
自己愛性人格障害との別れ方



2011/06/01 | Comment (18) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自己愛性人格障害とセックス

 [ 恋愛・ストーカー
自己愛曰く
「俺がヤルと、どんな女でも女になる」と、ドヤ顔で言われたことがある


やらしてくれる人は好きになってしまう、と(本人は
ロマンチストのつもり)言ってた。
でも自己愛は最初のもりあげかたがすごいんだよね。
特別な人と特別な付き合いをしているような錯覚をさせる。


私の元恋人も恋愛はセックスから入る人です。落とすためには
陳腐な台詞はどんどん言います。そして征服するようなセックスを好みます。
うまく言えないのですが、たとえば女性(私だけでなく)が求めるような
シチュエーションは彼は絶対に作りません。旅行に行ったりとか豪華な宿に
泊まったりとか清潔なベッドを用意したり、とかは絶対にしません。
あくまで彼の領地である彼の部屋、職場、車の中で欲情します。
私の都合で他の場所に誘うと、それが映画程度のものでも
あれこれ言ってはぐらかして絶対にこっちの領地にはやってきません。
あくまで「自分の領地」という閉鎖的な空間でいたぶるんです。


とにかく誰でもいいから女がいないとダメらしく、
夜中に電話してシモネタと自分がどんなにセックス上手かの経験を話すらしい
自慢はどれだけ女をいかせたか どれだけしつこく別れたいのに電話してきたか
自己愛女好きが相手を好きになるときには「自分に優しくしてくれた」が理由、特別扱いのことだろう?
あと「俺を利用していいんだよ」と言うらしい これは「自分は利用されるに相応しい人間」ということらしい
手口はタゲ女に媚を売って心配してる風に関わって、相手に「利用していいよ」と言っておきながら
仕事で電話にでれないとしたり(試し行為)して拒否したり批判したりして不安定にさせて
拒否と受け入れを続けて繰り返すらしい 相手の女性は一時期みんな不安定になる


セックスが上手だったとは思わないです。
どちらかといえば稚拙です。


自分は別れたあとに相手♂が自己愛だとわかったけど
年齢のわりにセックスへただなと思った。
この歳でこの程度?みたいな。
自分では偉そうなこと言ってたけど
対したこと全然なかったし、幼稚なセックスだったよ。


自己満足で終わるのは同じだと思う。
痛いって言っても聞かない。


自己愛って男でも
配偶者や恋人とセックスしない場合があるみたいだけど何故?


自己愛に利益をもたらす奴としかしないんじゃない?
自己愛にとっては 下半身も他人にはない崇高なものだ!って 馬鹿が言ってたわ。
でも 複数の女と浮気やりまくりの事実もある。
それは許されるんだって


女がつけあがるからって考え方だろ
円満っていう発想がないから
特にそういう弱み的なもん握られるの大嫌いだしな


自己愛性人格障害の方のセックスについて
何か変わった性癖を感じた方などはいらっしゃいませんか?
彼は多少異常な部分があるのです。


恥ずかしい話だけどセックスのときにとても恩着せがましいんですよね。
巧妙に性的に蹂躙する。そうした繰り返しでこちらが服従するようになる。
閉じた空間での出来事なので私は客観性を失いました。


見てたの?って聞きたいくらいそのとおり。
付合い始めたとき、やけに同棲とか結婚とか急ぎませんでした?


エサ与えられて喜ぶように調教されてたんだよね。
私の場合は、思考が止まるほどの罵声、罵倒、人間性の否定のあとの
セックスがエサでした。すごく恩着せがましく私を抱く。
全然気持ちよくなくても、「これはありがたいことなんだ」
みたいに頭が無理矢理感じていました。


彼の脳内変換では、セックスが出来なかったのは私の
生理のせいなのだから代わりにフェラをするのは私の義務、ということに
なっているんです。彼は3日間ぐらいお風呂に入っていない、と誇らしげに(ここ重要)
言って私の頭を自分の性器に押さえつけながらまた私への愛を口にして、同時に
セックスが出来なかったことを巧妙に責めました。
私はそのあと仕事に行きましたが、仕事になりませんでした。
キーを叩きながら涙が出てしまう。自分の中の大事な何かが壊れたような
感情を止められませんでした。でも私はそのころは人格障害なんて知らなかった
から、彼の行動で傷つく自分がおかしいのだと思い、次はセックスで彼の
愛に応えなくてはと思い詰めました。
こういった行動は、そのあとも繰り返されました。


こんな話いやかもしれないけれど私の元彼(自己愛性)も
フェラチオ好きで、騎乗位好きでした。私はつらかったです。
結局自己愛性ってマスターベーションしかできないのではないかと思います。
フェラも騎乗位の女性の快感とはほど遠いものです。
彼らは、女性の体を使って自己の快楽しか得ようとしていないんですよね。
あと心理学の本のどこかで読んだ記憶があるのですが
母親との問題があった人は正常位が嫌なのだそうです。
母親(身内)を犯しているような気分になるのだとか。


すごくわかります。
愛情行為ではなく、「俺はすごいだろう」というマウント行動にしか思えません。
初めてセックスしたときに、「舐めて*あげて*もいいよ」と言われ、返事ができませんでした。
普通そういうことって言いますか?
言ったとしても「***していい?」って聞くのが普通じゃないでしょうか。
恋人になってから、彼はセックスのときに一度もキスしようとせず愛撫もなし。
ぺっと唾をつけて挿入を可能にし、たいていは私の嫌がる後背位で、
独りで勝手に済ませ、そのままものも言わずに寝てしまいました。
自分がダッチワイフになったようで、とても嫌な気分になりました。
それを言ったら「だってそのほうが気分が出るし、気持ちいいでしょう?」と。
あまりに腹立たしかったので、セックスを拒否したら、嬉々として顔を叩き
服を引き裂いてレイプしてくれました。その後泣いて怒ってる私に、
「お前はこういうセックスが好きなんだ。自分では気づいてないだけだ。」と言いました。


夜中にヤリたいから今から来いだの‥
ウンコ チンコ マンコ を絶対口にしない日はないキチガイだった
ただいマンコ いただきマンコ ありがタマキン などなど
あー疲れた


自己愛って下ネタ好きじゃないですか?
私が知ってる自己愛は全員そうです。


二股・精力自慢


この男は毎日朝晩各1回以上、必ずセックスする人で、たま~にしないときは他でしたときだったようです。
当時43歳、この体力は偉い!すごい!心置きなく誉めてあげます。(迷惑だけど)
拒否すれば力づくでレイプ同然のセックス。もちろん避妊はしない。


私の元恋人もそうだったけど精力があることに不必要に
自信を持っていませんでしたか?そこにプライドを置いていたというか。
だから同時進行の肉体関係とか、一晩に複数回のセックスや時と場所を
選ばないセックスだとかが相手にとって負担だということが全くわからず
ひたすら「オレ様な世界」に酔っていたと思います。
彼が一番楽しそうなのは二股をかけている期間です。


>彼が一番楽しそうなのは二股をかけている期間です。
そうでしょうね。保険があると、平気で片方を罵倒できますから。
気が大きくなって。
私は二股はしませんでしたが、そういうメンタリティは理解できます。
ていうか、二股しかけたところで、思いとどまっているのが今なのです。


体験談をまとめたりしたらいいかもと思いました。

そのお誕生日のダブルブッキング、私もやられているんですよね。
どうにかして他の人とのアポも入れようとしていたみたいです。
その心理は全然わからないけれど、「人気者なオレ様」とか「忙しいオレ様」とか
「お前のために時間を割いてやっているオレ様」とかを
演出したかったのではないかと思います。
ちなみに私があげたのは服で、後日突発的な不機嫌に襲われた彼は
その服を着て私を数時間罵倒し続けました。
今でも強烈に覚えています。私のあげたプレゼントの服を着て私をなじり続ける
彼の恐ろしい形相、言葉。トラウマです。


今すごくわかった。おかげさまで。
彼がやりたかったのは「保険」なんだ!
ダブルブッキングも二股も、彼の弱いアイデンティティを保つための
保険だったというわけですね。
幸せに対する不安もたぶんあったのだと思います。たとえば
誕生日を恋人に祝ってもらえるかどうか、とか。
それを直視しないでずるい保険を勝手にかけて、私が手中にいるとわかったとたん
爆発したのでしょう。


私と元恋人も何度か別れたりくっついたりしていました。
そのたびに話し合ったわけじゃなくて、さりげなく用事を作って会って、
セックスして復活、みたいな。こうした会話のなさが彼を甘やかして私を不安に
させていました。次第に「お前がオレにほだされたから」などと馬鹿なことを
言うようになり私に対する態度はますますぞんざいになって行きました。
そのあげくの二股です。


セックスしてから冷たくなった。(男としてどうかと、小一時間、、)
自分のものになった時点で興味が薄れるんでしょうね。


2011/06/01 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自己愛性人格障害と結婚

 [ 恋愛・ストーカー
・運命の人と出会い、人生が大きく変わるなどの非現実的な妄想を抱く
・そのため婚期が遅れる、または理想の相手を求めて次々相手を変える
・自分のワガママを聞いてくれる人間と結婚したがる


結婚について言うと、適当な相手がいない、とずっと独身でいることもありますが、多くは何度かの離婚を経験していたり、夫婦仲がうまくいっていないことが多いです。
自己愛者は、結婚相手に対して、競争意識を持つことがあります。結婚するときには、相手に対して「特別な」基準を満たしているので結婚したけれど、後になって、パートナーの方が注目されたりすると、それに嫉妬するのです。自分が目立たなくなるから。


彼等にとって『女性』とは、アクセサリーみたいなモノじゃないかと思います。社会的なステータスとして、『彼女』『恋人』『女房』が欲しいとか。あとは、日常生活の面倒臭い事(家事など)をしてくれる、家政婦がわりの人が欲しいとか。
私が惹かれた男性も、私自身の事に興味ありませんでしたね……。


自己愛性人格障害の人は人を大好きか大嫌いでしか分けられないので、質問者さんの扱いも極端から極端に変動する事でしょう。一生ジェットコースターに乗ってるみたいなものです。スリルがあってわくわくするのは始めの一年か二年ってものでしょう。
誰か人と一緒に幸せを五分五分で分け合って楽しむって事がないので一生奴隷と一緒です。彼に仕える召使とか使用人扱いです。それが自己愛のやり方であり、一生変わりません。
多くの自己愛は短期間の恋愛や結婚を何度も繰り返します。


家庭を作っても大人として家族を“養う”責任感が欠如してる。
奥さんに身の回りの世話をしてもらって、家庭を守って貰ってる意識は全くなく、
自分が食べさせてやってると言う感覚しか持ってない。


女として劣っている、女のくせに家事が下手だと嫁を蔑む事で上位に立とうとするようです。自分は会社や社会で同じように蔑まれていることへの腹いせ。

妻に上位に立たせまいと、自分の収入を嫁が上回る事を嫌うので、大抵は嫁が稼ぎに出ることを反対したり、もしくは無能呼ばわりし、自信を無くさせる。自分がいないと生きられない状況に追い込み人間としての持って生まれた、美しさや笑顔、人格を微塵に破壊して行き、自分の配下に納め、脱出出来ない廃人に追い込む。飼い殺し、釣った魚に餌はやらない、その姿勢を亭主関白なだけだと勘違いし、己に酔いしれ、くたびれて一回りも年老いて見えるようなストレスで老け込んだ嫁を見下し、馬鹿にする。

モラハラ旦那の嫁になったと気付いたら速離婚して第二の人生を切り開かねば、手遅れになる。見た目がババになり、無職期間が長くなり、再就職したくとも、自信がなくなり、旦那の洗脳が長く尾を引くから仕事が見つかってもカツテの明るさや前向きさが取り戻せず、失敗したり、本領が発揮出来ないことも。

モラハラ男性は、自分がモラハラである。改善すべきは自分。と気づかなければ何度結婚しても同じ失敗を繰り返します。
人間として最低な種族であるとわたしは思います。


モラハラ男とは。
結婚前は本性を見せません。ひたすらおとなしく優しく話を聞いてくれ、「こんなに優しい男性がいるのか」と感激するほどです。無口だけど細やかな気遣いができる男性。同性からは表面的には評判がいいかもしれませんが、付き合っている友達は「調子の良い奴が多い」。運転に性格が表れるので、乗ってみることをお勧めします。ご両親、上司、あまりよく知らない人には「素直で謙虚で真面目」と印象を与えることでしょう。正義に燃えるようなこともいいます。

結婚後あなたは孤立します。夫婦は支えあう共同体という感覚ゼロ、妻が自分と家族の責任を全て負うことになります。彼は全てを「任せて」くれますが一つでもうまく行かないことがあれば「あなただけが全て悪い」徹底的に責められて、無能さを罵られます。

時々家族の機嫌を取るが親子感情なし、サービスは利益があるときのみ。外ではかかあ天下に見せかけ良い父親ぶり、実際は親子のやり取りも関心もなく、子も気がつきます。非常な見栄っ張り、少しでも恥をかいたと思うと妻にあたる。あなたは長年罵倒され続け、自信を失い萎縮するでしょう。子にもあなたの悪口を言います。


自己愛夫婦はどんな感じやろうか?
①仮面夫婦(単に結婚した既成事実を欲しかっただけの、)
②DV夫婦(暴力夫もしくは妻)
③周囲がドン引きするくらいの超ラブラブ夫婦
④過保護過干渉で育てられた夫婦
⑤その他
恐らく共依存なんだろうけど、その自己愛夫婦の行動を見てみないとわからないね
例えば、結婚したことを周囲に執拗にアピールしてるようなら1とか

自己愛(自分)に賞賛(相槌)を与える者は取り巻き認定で敵視はしないよ。
ただ賞賛やめたり、年取ってセックスの対象にならなくなったり、自分より幸せそうにしたりすると一気にタゲ化する可能性大。
それはもうガラッと変わるよ。そういう所も境界例っぽいと言われる所以だと思う。
出会った当初はそのような嫌がらせをするような人にはみえず
(妻にたいして)結婚後、妊娠後、出産後など逃げにくくなってから嫌がらせをするとあった
子供は2歳なら、まだタゲにされないでしょう
自我が芽生え、言葉を話すようになった時から始まるのでは
家庭ならタゲにするという表現は変だが、とにかく自分が一番だから子供も被害者になる危険はあると思う
私の姉がこの病気だと昨年気が付きました。
1度目の結婚は10年持ちましたが、結婚後数年で仮面夫婦になったようです。
2度目の結婚も数年で破綻しています。
相手を引きつける事は得意です。最初は異性はだまされてしまう人もいます。

結婚相手には、自分を高める為にか、自分の両親や自分の兄弟姉妹の事を悪く言います。私の事もひどい嘘をつかれていた様で、結婚相手から突然無視されたりしました。(2度の結婚ともです)
自己愛性人格障害について
結婚前は優しく、お互いの仕事や家の事情等で会うのに難しい環境下だったのですが、なんとか時間を見つけて少しでも会う時間を作ってくれたり、他にもとても行動力も決断力もある人でしたので、愛されている事を実感でき、幸せでした。
付き合ってる間も、たまに感情的になる事はあったのですが、すぐに謝ってきていたので、仕事等で余裕がなかったのかな、と軽く考えていました。

ところが結婚後、ほんの些細な喧嘩でも自分の思い通りにならなければすぐ、「もう無理」「別れる」を繰り返し、暴言を吐きまくり、「お前が俺を怒らせるのが悪いんだ。」「お前が怒らせるような事をしなければ俺は怒らない」。 私が謝れば、我慢すれば収まるのなら、といつも謝っていましたが、主人の態度は悪化する一方で、精神的に参った私はパニック障害になりました。



浮気・不倫する理由


自分の知ってる自己愛男も不倫浮気体質
根本的には自信がないために、自分を受け入れてくれる相手なら誰でもいいから執着するんだと思う
私の元恋人もそうだったけど精力があることに不必要に
自信を持っていませんでしたか?そこにプライドを置いていたというか。
だから同時進行の肉体関係とか、一晩に複数回のセックスや時と場所を
選ばないセックスだとかが相手にとって負担だということが全くわからず
ひたすら「オレ様な世界」に酔っていたと思います。
彼が一番楽しそうなのは二股をかけている期間です。
>彼が一番楽しそうなのは二股をかけている期間です。
そうでしょうね。保険があると、平気で片方を罵倒できますから。
気が大きくなって。
お誕生日のダブルブッキング、私もやられているんですよね。
どうにかして他の人とのアポも入れようとしていたみたいです。
その心理は全然わからないけれど、「人気者なオレ様」とか「忙しいオレ様」とか
「お前のために時間を割いてやっているオレ様」とかを
演出したかったのではないかと思います。
今すごくわかった。おかげさまで。
彼がやりたかったのは「保険」なんだ!
ダブルブッキングも二股も、彼の弱いアイデンティティを保つための
保険だったというわけですね。
幸せに対する不安もたぶんあったのだと思います。たとえば
誕生日を恋人に祝ってもらえるかどうか、とか。
それを直視しないでずるい保険を勝手にかけて、私が手中にいるとわかったとたん
爆発したのでしょう。


2011/06/01 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。