このページの記事目次 ( ← 2012-06- → )

total 2 pages  次のページ →  

※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

176潜伏陰湿型の自己愛

 [ 自己愛体験談

身近な一人をターゲットにし、それ以外にはいい人を装う


ターゲットと取り巻きをはっきり分けていて、
取り巻きの前とターゲットの前では全く違う面を見せる。
だから、第三者にはわかりずらいし、だまされる。
特定の人間だけがターゲットになるからわかりにくい。
また、こういう自己愛に限って対人操作もうまいし、嘘もうまい。
その嘘を、本当だと思い込んでいる。


八方美人で周りからは悪く思わなれない。一人だけターゲットにして他の人には
サバサバとして愛想もすごく良くて可愛い子ぶりっ子するんです。
甘えたり口がすごくうまいから周りみんながだまされてしまいます。
かなりタチ悪い自己愛です。


若いころは自己愛全開だけど徐々にそれでは
やっていけないことに気づいて、いびる対象を1人に絞る
大抵の場合孤立させやすい友だちの少ないおとなしい人
それ以外の人では良い人ぶってるので
助けを求めてもあなたに原因があるんじゃないのと言われてしまう


陰湿タイプだと周囲には善人と思われながら
タゲの悪評を広めて回るから精神的にかなりキツいです。
孤立しますし、誰に言っても信じてはくれないし。
周りの人もその人が自己愛だと分かるのなら、何とかなりそうですよ。
大変ですけどね。


皮肉や嫌味・噂話を利用してじわじわタゲを弱らせる。
一見親切心を装っているからなかなか気付きづらい。
でも何かがおかしい?って気づいて周囲の人間にいっても
逆に自分の方がおかしいと責め立てられる。
そしてもう自分はこの場に必要がないのだと退職願をだすと 全力で引き止められる。
精神は混乱して崩壊した。


周囲は自分に対しては良い人なのでターゲットに原因があると考える


最初の頃は異常行動を繰り返しているのだから、周りが気づき、やがて職場から淘汰されるだろうと甘い期待を抱いていました。でも彼らは巧みです。うまく関係を築いている人も何人もいます。演技をしているわけでもないようです。攻撃理由が特にないのでしょう。
私の席の周りでは彼らの異常行動に気がつき始めて数ヶ月たちますが、基本的には見て見ぬ振りです。いっしょになって嫌がらせをする人はいませんが、助けてくれる人もいません。気まずそうに下を向いてしまう人、私との関わりを避ける人、異様な空気の中で疲れを感じて苛ついているような人、そんな感じです。


陰湿でわかりづらい攻撃


平然と行うパクリ、後出しジャンケン、微妙に不安にさせるほのめかし、
なにもここまでやらないだろう、という普通の人の考えをこそむしろ裏切り、
世話になった良い人をこそ嬉々として潰す
小さな、なんてことのない事にありったけの悪意を込め、
相手に気づかせず長期的にいたぶる
こんな存在が近くにいたら頭おかしくなっても仕方ない


悪口を言うくらいなら、誰にでもあるけど
自己愛は継続して、その人を陥れようとするんだよね。
あいつらは「痛め付ける行為」が快感で仕方ないのだから。


自分の考えが絶対に正しいとし、周囲の取り巻き連中を従わせターゲットを孤立させる。
精神的に追い込まれているタゲを見て
「可哀想に」と自己愛が他人事のように口走っていた時は殺意すら芽生えたな。


タゲのコンプレックスを刺激する出来事が起きたら自己愛って凄く喜ぶよね
フフフとか言って満面の笑みで笑ってやがる


タゲは嫌がらせを受けているのに一方的に悪者にされる。
タゲは悪口を言われている被害者なのに、
自己愛にたまらずに言い返すと悪口を言ったと批判される。
黙っているとあること無いこと言いふらされるけど言い返すと悪者にされる。
自己愛は何故か取り巻きを作るのは得意だからタゲに集団で嫌がらせする。
ただし、自己愛は自分が正しいと思っているからその自覚は無い。

スポンサーサイト

2012/06/14 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

同じ行動をとるのはなぜか?

 [ 自己愛体験談
●加害者の特徴については、老若男女を問わず多くの加害者が、驚くほど共通の行動をする。

●人格障害を持つ人は、自分を守るために対人関係で特徴のある行動をとります。
自分を防衛するために、異なる相手に対しても同じような行動をとるため、こうした行動パターンを防衛パターンと呼びます。



自己愛って、全員、脳の同じ部分に腫瘍があるとしか思えない。
やることや、理論が同一人物のように同じだ。


自己愛被害者は自己愛の人見抜けると思う。
医者じゃないのになんでわかるの?って意見があったけど、それくらい自己愛性人格障害の人の特徴は判を押したようにどいつもこいつも、赤の他人で性格は全く違うはずなのに行動、言動、攻撃の仕方、外見、表情などが一致するんです。


酷い自己愛になると本人の性格は消失してんだよね。
症状が全面に出過ぎてどの自己愛も同じような行動や思考になる。
どんな病気も初期は個体差あるけど末期は大体似たような感じになるのと変わらない。


本当に自己愛って金太郎飴みたいにそっくりだと思ったけど、
元の性格はばらばらだったのかもね。
そっくりになったのは自己愛っていう病を発症したからなのか。


自己愛の行動が皆似たり寄ったりなのは本能で生きてるからだよね。
人間は皆、根本の本能は一緒。
己の利益のみに執着するから動物丸出しの行動になるんだ。
知恵だけはついて動物には出来ない裏表を使い分けするからタチが悪い。


扁桃体の指令が強いと高次脳機能もすべてそれに従うらしい。
http://bnurse.livedoor.biz/archives/51760030.html
つまり自己愛って理性(前頭葉)の機能が低い上に、
さらに原始的な恐怖心が増大して理性を支配してるってことだろ。
脳障害の面から考えると、話が通じない理由が分かる。


前頭葉の機能低下って扁桃体の肥大が原因だから治らないよ。
扁桃体が活発になる状態は、健常者だったら恐怖やストレスを感じた時なんだけど
この時前頭葉の機能が自動的に抑制される。
扁桃体と前頭葉は片方が活発になればもう片方が抑制されるというシーソーのような関係。
自己愛の場合は扁桃体が肥大しているから常に普通の人よりも前頭葉が抑制されてる状態になってる。
しかも脳神経ってクリティカルエイジまでの発達でその後もどの程度まで発達するかほぼ決まってるから
成長期を過ぎた自己愛を育て直そうと思っても手遅れ。


2012/06/14 | Comment (5) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

30.ターゲットのマネをする自己愛性人格障害 服装、趣味、発言、キャラなど

 [ モラハラ体験談
取り入れ=真似・パクリ
(子供が大人の真似をして成長していく過程を終了していない)

服装や持ち物をマネする


・他人の服装を真似る
→他人が着ている服装やブランドをそっくり真似る。
ある日突然別人のように他人の服装をそっくり真似て来る。


服装も何かちぐはぐ。
とりあえず節操なく人の真似しておけばいいみたいな。


中身を理解せずに上辺だけ真似するとああなるw


自己愛、取り巻き(タゲ)の服を真似してること多いよ
自己愛いわくタゲが真似ばかりして困る…??らしいが
どうみても自己愛が後から買ったものばかり。
時間の前後感覚がおかしいんだよな?
あとブランドでお世辞やヨイショうまい店員のところから買ってたw
お世辞を本気にしてしまうところは笑ってしまう。


なぜ見下してる人間の真似をするんだ?
あこがれてる人やおしゃれな人の真似するならわかるが


衣服じゃなくてもなんでもそうだよ。
ideaを思いついて、たまたま自己愛の耳に届けば
その発想は自己愛が思いついたものになってしまうから。


タゲを「見下してる」ように見えるけど、実は依存対象。
ねちっこく付きまとうのはしがみつき行動の一種だからです。


やっぱりタゲの真似したりするんだね。
本当はタゲのようになりたいからタゲが邪魔になるのかな。


誰かの真似しなきゃ生きていけない人種なのか?


自分がないから


タゲの真似は良くやるな
タゲの真似をしたってろくでもない自分がいなくなるわけでもないのにな


こちらの真似して対抗してくる感じ。
うっとおしい。もっと自分らしく生きればいいのに


しかも「自分の方がもっといいもの持ってるよ!」的な態度で
何かこう全般的に被せてくるっていうか、自分がない感じはしますわ


マネをして、相手にマネをするなと言う


自己愛の人真似は典型症状だよ
タゲの趣味をけなしておいて平気でパクる
パクっておいてタゲに真似するなと言う


激しく同意!!今、自分もその状況
自己愛が真似してくるのに、しばらくしてから会った時に
「私と同じの持ってるんだよね~w」「私と同じのやってるんだ~w」
と、なんのためらいもなく言ってくる


>なのに自己愛は私が自己愛にジェラシーを感じていて真似してくる、と言いふらすんです。
自分が真似してるのを他人に気付かれないための裏工作。
すっごくよくわかります!!真似をしといて人に先に話すんですよね~。
○○がすぐ真似をする、て。最近の身内の自己愛はそれがさらにひどくなってて
自分がコレほしいんだよね~、と話すと次会う時には持ってました。
先に買う、という手を使ってきてました。ここまでくると何故かおもしろかったです。


趣味もマネする


自己愛性の真似パターンって、
 ・うわべしか真似しない。
 ・必ず、前から興味があったと言い張り、自分でもそう思い込む。
って感じは無いですか?
私の加害者の自己愛性は、ターゲットを変えるたびに趣味や興味あるものを
変えるのですが、(自分では多趣味と思い込んでいる。)極めたものは無いです。
コピーしても”ターゲットがした事”以外は調べない。”深く”しない。


あるある
持ち物や立ち位置が羨ましいのか忘れた頃にちゃっかり便乗してたりするw
タゲがいる場合だと、むしろ初めは否定してくるんだよね
私は○○なんてしません(キリッって
本当にどうでもいい些細なものでもパクっていく
中身がないはりぼてなんだな


嫌いな人に付きまとって、持ち物とか
真似したり、音楽の趣味も影響される。
普通、そういうのって大体の人は友達とか少なくとも敵以外に
影響されるんだろうけど、自己愛はオカシイね。


自己愛が真似をするので思い出した。
前に飲みたいコーヒーがあってそれを買ったら、
自己愛が真似をして同じのを買ってたな。
気づいたら自己愛は同じ物を持ってるわ・・・なんか気味が悪い;


私の自己愛性っぽい兄は、真似だけに留まらず、私があるアーティストのCDを持っていると、より大量のそのアーティストのCDを買い込んだり、私がある研究者の新書を読んでいると、同じ著者、同じテーマの専門書を読んだりしてました。


知り合いの自己愛に自分は伊藤博文のことが好きだって言うことを話したら、
伊藤博文の別邸に観光して来たらしい。
自己愛は他人が興味を持っていることとかを真似るの好きだな
俺より先に別邸に行った事で優越感に浸ってるっぽい
知ったかぶりも平気でするし。
知り合いの自己愛は伊藤博文=千円札になったぐらいしか知らないけどね。
本当いい加減にして欲しい


立場やキャラを乗っ取りコピー元のターゲットを消そうとする(モラハラの原因の一つ?)



独特な真似方するよね。
自己愛は、「なにそれどうすんの。」って鼻で笑ってきたと思ったら、
後日シッカリと一方的にコピーペーストしてくる。
「真似た?」とか尋ねれないくらい堂々とあからさまに真似てくる。
そして、あまりにも似てるから、主張してない元祖側が真似たかのように自己愛が主張していく。
真似る=タゲを乗っとる=タゲを孤立させる、って感じなのかな?
真似た側だと思われるのが嫌だから、真似た相手をタゲて責任転嫁するのかな?


「好きで尊敬してるから真似するの?」てきいたら激怒して違うってキレてました。
最終的にその人より勝ちたい上に立ちたい注目されたいって感じでかなり頑張って周囲にアピールしてた。
そういう侵略的な部分がホラー並に怖かった。


ターゲットと同一化するための努力
ターゲットの真似をする、ターゲットと同じものを身につけるなど
相手のものをすべて奪おうと画策する(具体的には立場ののっとり)


私も経験あるんだけど、ターゲットの真似して乗取るのと同時に、
コピー元のターゲットの存在を消そうという気になるようで、それはそれは怖いですよ。


>コピー元のターゲットの存在を消そうという気になるようで、
ああ、本当にその通りの行動をされてました。自己愛性マニュアルでも
あるのか?と思う程同じ行動を行ってそうです。
喋るな、動くな、自分より目立つな。と間接的、直接的に仄めかし。

>私は植物人間のようになっていました。
そうです。そんな感じです。私が私で居ることを許さないって事を何故、他人に
言われるのだろう。


「ルームメイト体質」


自己愛性は、人の影響を受けやすいくせに
影響を受けたことを否定するので、不思議に思っていました。
単にプライドが高くて、「人の影響なんて受けないわよ!」とかいうのかと、ずっと思ってました。
そっか~、寄生元を乗っ取って寄生元に成り代わりたかったんですね。
いつも自己愛性の不安定な自我のよりどころを探してるわけか(自力では確立できないから)。


優越感を維持するためにタゲを攻撃し弱らせたり、
タゲの真似をして侵略するような行動に出るのも、
虚構的な自己を必死に保つためなのかもしれませんね。


キャラをそっくり真似られるっていうのを、私やられたかもしれない。
ほとんど人格乗取られるような恐怖感じました。説明できない恐怖です。
更に恐かったのは、コピー元である私を無き者にしようとされたことです。
私がウツになった時の喜びを隠せないあの態度。あの冷たい観察眼・・・
なのに、仕事の面で利用はしたいから再接触してきた。
真似て乗取って、取り戻せないように潰して、その上利用しても何の痛痒も無いという、
想像もつかない最悪の面を見てしまったので、もう人間とは思ってないです。
こんなことされたなんて、ほぼ回復した今でも時々信じたくなくなります。


人の個性をコピーするし、
コピーしながら、コピー元の人を潰そうとするよな
韓国みたいな感じ


発言もマネ


発する意見もテレビで聞くようなセリフやタゲの言葉を
そのままコピーペーストしただけだったりを得意気に喋ってる。
あの自己陶酔感はまじで気持ち悪いよ。


人の真似していいとこ取りするのが得意
それを自分の知識のように披露する
人の持ち物でも気に入ったら真似して当たり前
こっちが同じものに興味を持つとキレまくる


自己愛のファッション


自己愛のファッションには二種類あるって聞いた事がある。
ひとつは、素晴らしい自分にふさわしいブランドでぎちぎちに固めているファッション
もうひとつは、逆に、まったくお金をかけていないファッション


俺の服装を細かくチェック。お洒落な服を着るとまず、イヤミを言われる。


ターゲットがお洒落してきた日には嫌味を連発、これもターゲットの自己主張だからだ。
髪の毛を切っただけでも嫌味。
ターゲットの自由を徹底的に束縛し抑圧する。自己愛にとってそれが至福の時なのだ。


2012/06/13 | Comment (12) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

29.ケータイや手帳など私物をチェックしたがる

 [ モラハラ体験談
自己愛の人は表面上○○さんには興味ないと言ったりそういう態度でいるんだけど
誰もいないと思うと○○さんの持ち物を勝手にいじったり携帯をみたりしていました


自己愛の方、タゲの家や持ち物の中身など
身辺をどうして調べたがるのでしょうか?
タゲが口裏合わせをして自分以外の人は知ってるけど
自分に教えないようにしているのではないかと気になってしまうから
調べてしまうことってありますか?


ターゲットの持ち物を盗むよね
勝手に他人のロッカーや机の引き出しをあけたりするし
油断ならない


人の私物のチェックが大好きだよね。
他人の持ち物は、普通道徳的に触ってはいけないものだと感じるが
彼らは詮索したり人のプライベートの過ごし方や友人関係、持ち物まで把握していないと落ち着かないようだ。
ネバネバとした詮索や纏わり付きが本当に気持ち悪い。


普段は何もしないギョロ目が「机の上に○○置いておいたから」と言ってきた
とりあえず「ありがとう」と言ってしまったが、
自分のデスクに戻ると色々物色された痕跡があった
タゲのネタや情報仕入れる為なら親切装って何でもやるよ


人の携帯勝手に見てくる自己愛。マジで勘弁して欲しい。
パスワード付けると怒るし。


俺なんか勝手にケータイ見られた挙げ句、当時の交際女性のメアド盗み取られたよ
そんで第三者になりすまして俺との生活や馴れ初めを聞き出そうとメール送り続けてたよ、完全に犯罪だろ
そんなことやってたのは全く知らなくて、数年後にニヤニヤしながらいきなり語ってきやがった


机の中にある私の手帳をこっそり見てたらしい
手帳に書いていた映画の感想を読んで同じ映画を見たらしく、
後日、手帳を盗み見た事を忘れて
「あの映画、私も観たよ~!」と報告してきやがった
それで机荒し発覚。びっくりしすぎて何も言えなかったのが悔やまれる
そんなに嫌いなら関わらなきゃいいじゃんと思ってたが
そうやって何かとからんでくるんだよね。


俺も通帳とケータイ盗み見された
わざわざ人目に付かないとこに通帳隠して置いておいたのに
自己愛が「ほら、危ないよ。通帳置きっぱなしだよ」と手渡してきた
その後ニヤニヤしながら他人に俺の通帳の残高なり使用履歴などを第三者に漏らしていたらしい


勝手にカバン開けられてるんだろ?なくなったりしてるものないか?
免許証とか携帯とか個人情報ぬきとられてる可能性高い。
俺の知ってる自己愛は人の不在中に仕事と称して本人や周りに断りもなく勝手に机の
上の書類をあさったりその人の宛ての郵便物あけたりしてドヤ顔でいる。


私のスケジュールを知っていて「あれ健康診断じゃなかったっけ?」と
やはり得意げに言われた時びっくりしました。
「なんで知っているの?」と恐くて聞けなかった!
ストーカーみたいな事されてもやはりスルーするのがいいんですかね?


何でも盗み見(手帳、携帯)したり買ったものなども把握しようとしたり
異常に細かいんだよね。
どうでもいい所を掻い摘んで、無理やり見下して自分が優越感に
浸ろうとするのは一緒。


自己愛ってタゲに触りたがるよね


直接触っちゃう人、間接的に(タゲの物、タゲに関わる物)に触ってニヤける人、
個性や性格、特徴、プライベートなことに触れる(干渉)する人、
好意⇒敵意(嫌がらせ)攻撃としてやるみたい。
無意識下にたまった嫉妬や恐怖のあらわれかもしれない…

2012/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

28.第三者を利用してプライベートを探る

 [ モラハラ体験談
放って置けない人がいたとします。
その人の事に関して、本人から情報を取るのではなく
間接的な方法や手法で情報を収集してる人がいます。
しかも、プライベートな事や家庭環境、職業や日々何をしていたか、まで。
本人には何も伝えませんが、これって違和感ありまくりで気味が悪くなってくるのですが
本人とは、些細な事で相性が合わないらしく、深い関係はないみたいです。
でも、他人事ながらそこまでして何を求めているのか?
考えるとストーカーのような気味の悪さだけが残ります。
この人、頭おかしいですか?


自己愛は他人に興味ありありだよ。
人格障害は他人がいないと、自分の存在自体が崩れてしまうから。


タゲの行っている美容院や行きつけの場所にいつの間にか
入り込んだりしている。情報収集とタゲの悪口を吹き込んで
孤立させるのが目的。だから、自己愛のいる集団では、
自分のプライベートは隠して隠して隠し通せ。


第三者から聞き出す。必ずしも取り巻き連中とは限らないから厄介なんだよな。
友人や知り合いなどが自己愛に利用されることもよくある。
利用されてる側はタゲを苦しめている自覚が全くないし。
第三者から身辺情報を聞き出した後、
自己愛が「タゲの秘密、全部聞いちゃったもんねwww」と
云わんばかりな顔をしてニヤニヤと此方を見ている。
よくそんなことが出来るよなと関心すら覚える


自分はそいつとはもう距離とってます
ただ自己愛が手下を僕の家に勝ってに入れさせて
僕を探してきたときは本当にビックリしました


4年程、元同級生の女に電話などで嫌味や罵声、脅しでしつこくされました。
実家の両親にまで付き纏ったり、彼女の母親までストーカーになりました。


会社を辞めても(自己愛が嫌がらせをして会社をやめさせたのに)、
取り巻きから情報をしいれて心配面して取り巻きに連絡させる基地外ストーカーがいるらしいですが、まさにこれ。
あとで、この女性は殺されそうになったらしいです。こわっ。


異性でも同性でもストーカーです。
交流がない人間の生活等、全てをその人から聞くわけではなく、他の不特定多数の人物から聞きだすこと。個人の生活権を侵害し、日常生活の行動について、監視に至るような真似をすること。(住所特定、待ち伏せ、落書き、野次など。)自身の感情論や目的論のために、対象人物が困るように虚実の噂などを流すこと。または、不特定多数の人物を協力者とし、対象人物を精神的に追いつめる行為をすること。プライバシーを侵害すること。協力者もストーカーに値する。旅行先を知っていたり、新幹線で3時間ちょいの距離をついてきたり、自動車ナンバー、車種を把握していたり、下着のサイズを知っていたり、服のメーカーや値段をチェックしていたり、どこで何時に見かけたと知っていたり、こういった行為は生活密着型の不特定多数人物による、プライバシー侵害というストーキング行為だそうです。(専門的診断なので間違いないです。)


恋愛のもつれがストーキングの発端になるだけでなく、妬みからストーカーする人が増えているそうです。「彼女の言っていることは、絶対嘘だから、見栄を張ってると思ったから、尻尾をつかんでやろうと思った。」とか「あの女が困るような事実を見つけて、みんなの前で恥をかかしてやろうと思った。」とか、そういった理由から、同性をストーカーする人が増えているそうです。
このようなストーカーは、自分がストーキングしていることを絶対、自分で認めることができず、指摘しても「自意識過剰」「そういうふうに言う方が気持ち悪い」などと相手を否定することで、自分の行為を正当化するそうです。そしてどんどんエスカレートし、最悪、警察沙汰まで行く人が多いそうです。


仲裁厨・メッセンジャー


(第三者を利用して自分の意思を伝えるパターン)
後日、当然の如く、タゲさんから和解したほうがいいですよぉの和解厨登場。
タゲはダメなヤツ。タゲは狂ってるとか散々吹き込んだらしい。
四畳半密室で二人きりで二時間に渡って。
和解厨の人も結構大変なんだ。


要するに取り巻きって「○○と喧嘩したらだめだろ」などと言ってくるやつらのことですか?
嘘をつき被害者を悪者扱いして「ただ相談しただけで電話しろなんて言ってないよ」とかいいつつ関係ないやつからよく電話がかかってきて困っています。


自己愛に「お前からも何か言ってくれよアイツ酷いんだ;;」って
泣き付かれて、仲裁に入ってるつもりなんじゃねーの?
救済願望が強い人で支配的、類友。


自己愛が謝ってきた。本人である私でなく、旦那や友達に。
なんか旦那なんかちょっと「許してあげたら?」的な雰囲気になってるし!
周りに同情かって、また私をターゲットに?


直接本人に言えなくて周りの人間に言わせるってよく使う手だよね。
なんか思春期の子供みたいなバカバカしさ。。
「もう許してあげたら?」とか「逃げるな」とか言う第三者に
心の狭い人みたいな言われ方されるけど
どうぞ知らない所で勝手に生きて下さい、と願っている、
それはもう許すとか許さないとかの次元超えてんだよね。
疲れ果ててそんなエネルギーどこにも残ってないんだよ。


2012/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

27.監視・ストーカー

 [ モラハラ体験談
会話が成立しないし、全て上から目線で、否定ばかり、何でもない話が気付けば口論に。
疲れるので距離をとるようにすると、何とも言えない異常性を知る事になる。
偶然を装って待ち伏せしたり、ジーっと見る、常に視界に入ってくる、
嫌がられてる事を知った上で何事もなかったように話しかけてくる、
好意的な態度をとらないと再び嫌がらせを始める、を繰り返し、
無視を続けても、付きまとうのをやめない。


ギョロ目の干渉が超きめぇwwwwwwww
便所出て手洗ったのに、何故かタゲの近くにある給湯室にやって来てわざわさ再度手を洗う
それもタゲが昼飯何食ってるか様子見る為になwww


・他人(特にタゲ)のプライバシーに関することを総て把握しなきゃ気が済まない
・タゲの行動や言動に対する記憶力が異常に優れている
・タゲの日常を知る為なら平気で一線を超えてきます。
・タゲの真実を暴くためなら平気でストーカーをする
・タゲの名前を定期的にネットで検索している
・白々しくタゲには興味がない素振りをする


あのストーカーぶりは異常
指摘すると「お前に興味はないw」「被害妄想w」と逃亡



やはり多くの自己愛がタゲの最終段階でストーカーみたいになるんだね。
私は嫌いな人とは顔も合わせたくないけど、自己愛はそうじゃないようだ。
それは自己愛が誰かを見て嫉妬するように、
私も自己愛を見て嫉妬するんだと自己愛が思い込んでる気がするんだがどうだろう。
嫉妬される快感を得ようとして周囲をウロウロ、したり
自己愛に無関係なことでも敢えてタゲに高圧的に関わろうとする。


肩書きやステータスに加えて他人の行動まで調べてくるよね。
だが自己愛は調べた結果をほのめかす、他人にほのめかせる以外はしてこない。
見下すネタ探しを超えたモチベーションが目下存在しているようだが何なのかわからない。


ただ、“ここに居て見てるぞ”というのを教えたいだけと言うか。


あ、そうか。自己愛ってタゲを見下すネタ探しのために行動を把握したがるのか
そのくせもしタゲが隣で褒められていればいきなり自己愛がしゃりしゃりでてきて
嫌味言ってくるよね


説教のネタを探すため常に監視する。
説教のネタが見つけられないと、ミスを誘発するような罠をしかけてくる。
自己愛は壁を作られてからの行動がまさに異常者。


常にタゲにまとわり着き、絡む口実を探す。絡む口実を見つけた時の目付きが異常。
周りを彷徨き、物音をたて、自分の存在をアピールする。


呑気に過ごしてるフリしながらも、こちらの監視はしっかり続ける。
自分の事だけやってろよ!同じ空間にいるとどうにかなりそうだ。
陰口さんざん言っておきながら、たまに突然すり寄ってきて、
話しかけてほしいのオーラを全開に出してワザとらしい行動する。
知らん振りすると、他の人と仲いいアピールをまたワザとらしくやる。


なんとも言えない、不自然な行動きするんだよね。視界の端で監視してて、首を変に傾けてたり、
前を歩く自己愛に見つかると、異常に遅く歩いたり、
後ろから早歩きでついて来たり、近くに居ると、もの音たてたりして存在アピール。
何故恥ずかしげもなく、あんなに気味の悪い行動が出来るんだろう。


タゲの動きに合わせて視線も動いてた
なんでそんなに見るんだろって勘違いしてしまったよ
単に獲物を狙うむき出しの野生だったってことだね


背後に立つ


用もないのに周りをうろつく。視界に入るようにわざと前をさえぎったりする。
真後ろに立ちたがる。(後ろから監視するためだと思われる)
ジト目で見つめる。人の物を勝手に使う。櫛など気持ち悪すぎ。
手鏡をもってタゲが見える位地に合わせて鏡の中からチラチラ観察。
極力見ないようにしてるが私の進行方向でそれをやるので
鏡の中の自己愛と目が合う。


書類を持って廊下に出ると、用もないのに憑いてくる。
私がトイレに入ると、隣の個室に入り(足音でわかる)用を足す様子もなく
私が出てくるのを待っている。
コピーをとってると後ろを必ず通る。時々偶然を装ってぶつかってくる。


これに関しては完全に自己愛の特徴。後ろ通るのは監視と相手を不快にさせる目的らしい
これの発展がイタズラ電話とタゲ宅前を素通り、此処までいくと手が付けられない


ターゲットの家も監視


自己愛はタゲがいないとだめなんだろうね。
私も自己愛に場所を言わずに引っ越したけど、
色んな人から聞いてだいたいこの辺のめどがついたらしく、
最近、よく近所で自己愛の車が通る。
同性なんだけど「ストーカーかっ!」と思う。


タゲの家の前必ず通るのな、多少遠回りしても
そんでタゲが家にいる気配があると物凄く嬉しそうなんだよ
「アイツはどうせ友達がいない」とでも思ってるのか知らんけど
ここまで人の行動把握してなきゃならないとか異常だろ
仮に外出なりしてたら不安になるんだろうな


趣味のへたくそなスケッチブックを頼みもしないのに見せられた。
めくっていくと、なぜか我が家の玄関や、私の昔の友人のお店の看板、、、、
彼の顔を見ると、にたにたこっちの反応を見てた。


店で働いてた時店長自己愛なんだけど監視カメラを使って自宅で監視された。
一人できりもりする、店だったんだけど、どういうわけか俺の行動知ってて
おもしろおかしく他の店員に話しよった。


毎日のように、家のすぐ横に覗きをしに来る自己愛。
窓開けたらこんにちは、みたいな位置にいる。ほんと不自然すぎるし気持ちわるい。
ある日、あーまた来たと思って見たら、目が合ってしまった。
翌日、家の目の前で、近所の人に『ここの人、また私の事見てたぁ~!きもい~!』と大声で言ってるのを聞いて、怒りと同時に寒気がしたよ。
自分が同じ事されても省みないし、ストーカーしてるのは自分なのに『タゲが私をストーカーしている!』て思い込んでるからね。


ターゲットの服装を真似る


自分が相手にされてないくせに、第三者に「バカは相手にしないんだ(笑)」と、
なぜか自分がタゲを相手にしていない事になってる。
他にもすべてお前だろって事を言ってくるのはテッパン。
昔、誰かに言われて悔しかった言葉を、タゲに向かって一生懸命投げつけてるんだろうと思う。
待ち伏せストーカーは当たり前、無言でにらみつけてくる
自己愛のファッションはタゲの完全コピー。
嫌いなのに真似、嫌いなのに待ち伏せ、憎悪を向けながらつきまとう。


同性の自己愛は上から下まで舐めまわすように見て来る
そして服・鞄・靴に至るまで全ての値段を聞いて来る
そしてこっちのセンスの悪さを笑いながら指摘する
(でも後日マネされてたりする)


タゲの服装とか全て記憶しててマジで気持ち悪いのな
部屋着でふらっとコンビニ行ったら自己愛に出くわして
「そのTシャツ前にも着てなかった?ニヤニヤ」と言われたww
大してインパクトの無いデザインのTシャツなのに異常過ぎる


ターゲットを待ちぶせ


自己愛が待ち伏せしてくる。
自分が部屋に入った後に自己愛が居る。
または、自分が部屋から出てくると丁度、部屋の前で自己愛が作業している。
試しにタイミングずらしてみても近くで張り込まれて結果は同じ。
何度も起こっていて気持ち悪いを通り越して恐怖を感じている。
自己愛から頻繁に待ち伏せされたことはないですか。


あります。
アレ?偶然?と思いタイミングをずらすが、やはりいる!
周りを不自然に徘徊したり話しかけてほしいっぽいオーラが前から気持ち悪かったが、絶対に話しかけず知らんふりしてた。
そしたら、こういう事してくるようになった。
何なんだろうね。話しかけてほしいのか?
でも待ち伏せしながらこっちを睨んでるんだよね。


この不気味な行動を取る自己愛に何か言ってみた人いる?『気持ち悪いからやめて』とか。
『別にお前なんか相手にしてねぇよ、自意識過剰』とか、待ってましたとばかりに返してくるのかな。
やっぱり無視し続けるしか手がないのか。


俺「不愉快だからやめて!」
自己愛「・・・(ニヤニヤ)」
相手の快・不愉快はわかってない
とにかく反応してもらえた事が嬉しいような顔していた。
こうすれば反応してもらえるんだ♪と不愉快行動が強化された。


ガン見は自己愛の病状の一つって位するよ。ってか、あれだけガン見する神経が異常。
タゲの視界に入る位置に立ってガン見。無視するとガン見しながらジリジリ近づく。
さらに、世話しなく音をたてたりする。気持ち悪い!!!!!!!


ターゲットの症状


自己愛性人格障害の人物から長年モラルハラスメントをうけつづけています。これまでひどく迫害されてきましたので、その人物が近くに来たり、声が聞こえるだけで、 精神的に不安定になりまた耳が聞こえなくなり頭がボッーとします。そんな私の状況を察して、その人物は、必要がないのに私の周りを音をたてながらうろちょろしたり、鼻歌を四六時中うたい続けたりします。その時のその人物の表情は笑みを浮かべ、ざまあみろと言わんばかりに勝ち誇った顔です。明らかなハラスメントをしなくても私を虐められるんだと楽しんでいます。どうすれば開放されるのだろうか。


なぜ監視するのか??


自己愛って嫌味言いながらもタゲに近づいていくのがよくわからない。
嫌なら関わらなければいいのに。


子供が怒りながら母親に絡んでいく様子見たことある?
嫌いなのに、依存している《身体が大人の子供》だから


自己愛は、タゲが自分を忘れることが許せないんだ。
忘れようとしてもどこまでも追いかけてくるんだ。


自己愛は無視される事が異常に我慢ならないみたい。
散々嫌がらせしたんだから、無視されて当然なのに、そういう概念がないみたいだ。
全く必要ないのに、何故そこまで無駄な事に心血を注げるのか、分からん。
必死につきまとう姿は、どうみてもストーカー。


自己愛としては、自分がタゲに嫌われたと認めたくないから、自分がタゲを嫌って絶縁状突きつけたという形にしたい
→タゲ、相手にせず
→ショック受けてほしいし気にしてほしいから周りをうろついたり嫌がらせ
→タゲ、相手にせず
→何で怒ってるの?ごめんね、また仲良くして と言ってほしいから、とにかく彷徨、自分キレてますよアピール
→タゲ、相手にせず
って感じだよね。
お前とは二度と関わりたくないってかなり態度に出してるんだが、一人でキレてわざわざ近くまで来て睨みつけてきたり‥反応をうかがっている。


むしろ、『執拗なつきまとい』も『こっちは相手してあげようと思ってるのに!』って風に思ってるに違いないよ。得意の上目線で。


ストーカー行為も矯正の内だと思うな
「素晴らしい俺様を嫌うだなんて、嫌って逃げるお前が悪い!!
何も悪く無い俺様を苦しめやがって!!矯正してやる」
と勘違いしているとしか思えない
嫌われ恐怖症なのに試し行為をせずにいられないって本気で頭がおかしいんだろう


ボダが入った自己愛だと
距離を取ることに罪悪感持たせようとするのがまたうまいよなあ
同性でストーカーとか周りに説明しづらいし


自己愛の進化を順を追って説明してみた。自分の経験ではこんな感じ↓
「構ってちゃん」っていますよね?
周囲の注目を集めたくてアピールしてくる人。
例…「ねえねえ!俺の話聞いて!」
まず、この構ってちゃんを自信過剰にしてみます。
「ねえねえ!かっこいい俺のすごい話聞いて!」
次に、見下し目線を加えます。
「おい!かっこいい俺のすごい話聞かせてやってもいいぞ!」
次に、レッテル貼りをします。
「かっこいい俺のすごい話を聞かないお前は人間のクズだ」
次に、周囲の同情を引きます。
「あいつは俺と話すらしようとしない。俺は話がしたかっただけなのに…」
次に、でっち上げをします。
「あいつは俺の話を聞かない上に皆の悪口まで言ってたぞ。関わっちゃダメだ」
最後に、自分が孤立させたターゲットに自分からつきまといます。
「お前はかっこいい俺のスゴい話を聞かない人間のクズだが、孤立してるのは可哀想だから関わってやろう。
 俺もお前には傷つけられたが、俺は優しいから助けてやるんだ。どうだ俺のすごい話を聞く気になったか?」

以下、ターゲットが絶対服従を誓うまでつきまとい続けます。


恋人・夫婦間での監視行為


私が今一番気にかかるというか納得いかないのが彼の監視です。
いくつかのSNSで私を探し出して監視するんです。
彼自身は今はSNSを使ってはおらず
私を監視するためだけに登録してるみたいです。


モラハラ夫の特徴のひとつに相手の行動を監視束縛するということがあります。幸せそうなのが許せない、笑っているのが許せないなど、どんどんエスカレートしていきます。モラハラ夫からしてみれば、全てをぶちまける事の出来る相手なのですから、逃げられたら困るのです。自分の知らないところでどんな事をしているのかどんな人間関係なのか気になり、監視します。


2012/06/13 | Comment (6) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

26.嫌がることをやらせる、言わせる

 [ モラハラ体験談
●不当にターゲットを試す。特にその必要性がない場面で被害者を呼びつけたり、何かをやらせたりなど自身の権力のようなものを再確認する
モラルハラスメント - Wikipedia



命令して何かをやらせる


指さして「おい、〇〇しろ」
自己愛にとってこれやるのが何よりの喜びなんだろうな www


拒絶されることも我慢できないみたいだね
自己愛「お前(タゲ)○○しろ」タゲ「やだ」
→自己愛、列火のごとく怒り出す


内容なんて何でもいい
それ以前にやらなくてもいい作業
とりあえず命令してタゲが動く、
このサイクルが自己愛の欲求を満たすのである


最初は何を言われてもされても大人の対応で済ませてた
手渡しするべき物を故意に落として拾わされるようになったので
自己愛の存在自体を無視


嫌なことをして嫌がると笑います。注意しても聞きません。
嫌と分かってしているのか、嫌と分かってしていないのかも、分かりません。
(ある意味これが1番ストレスの原因かも)


自分が経験していないことを思いつきで人に強要する。
強要内容が、明らかにとんでもないことでも、拒否(無視)すると烈火のごとく怒る。
第三者には、自分の指示通りしないから上手くいかないと風評し、ターゲットを孤立させる。
恩人でも容赦しない。


要求をして断られると「なんでだよ?!意味わかんねーよ!」ってあるな。
投影性同一視の結果なんだろうか。恐らく本当に意味がわからないんだろう。
自分と他人の区別ができない。他人が自分と違うという事が理解が出来ない。
違うという事がわかると、他人が間違っているので矯正しなくてはならないと本気で思うわけだ。
そして、自分がそれほど影響力があるわけでもないという現実を突きつけると、
自己愛憤怒爆発というわけだな。


Aの提案に自分が従った時、「あいつに言うこと聞かせてやった」とニヤニヤしていたようです。
2人の関係が表面上解決するには、Aの提案を飲むことだけです。
しかしながら上に書いたように、相手は優位に立つことに喜びを感じているのは間違いないようです。


人に言わせるよう誘導


人の噂を聞けば、被害者の口から言わせるように話しを振る。言わせて罪悪感を持たせる。


・悪口や批判が好きで得意、人の口を汚してきます。それに掛かると、「貴女がそう言ったからそうした」とか、こちらが悪いようなことを言いますし、陰の悪口も本人に伝えては、ニヤニヤと微笑んでる感じです。


「この手紙をアンタのクラスのAに渡して来て。返事ももらってきて」と言われて手紙を見せられました。その手紙は、ブス、馬鹿、調子に乗ってんじゃねーよ、などの暴言で埋め尽くされ罵る内容でした。Aとは仲良くなかったけどその手紙のあまりの悪質さに驚いて断ろうとしたら、「アンタが書いたんじゃないって分かるし大丈夫だから」と強引に手渡して帰ってしまいました。

次の日の放課後、開口一番渡したのかどうか聞いて、渡していないと言うと怒り出しずっと不機嫌なままでした。部活で、ペアや3人組で練習しなければならない時に、これ以上ないくらい私にキツク当たりました。 数日間して、部活で彼女と過ごすプレッシャーが堪えて居たたまれなくなって、ついに私は手紙をAの机にコッソリ入れてしまいました。

当然ですが、Aはその手紙のことで非常に傷つき、しばらくして先生にも相談していました。すぐに、私が呼び出されて本当のことを話しました。その後、彼女と私の両方が呼び出されました。

彼女の言い分は、「やっていない、ケチャップ(←書き込み主のハンドルネーム)が書いた、自分が書いていないように偽装した」でした。その後自分も泣き出して、後の質問には何一つ答えませんでした。結局、なぜかその手紙は私が書いたことになり、そばに彼女がいたということになりました。

職員室を出てから、彼女は私に対して「裏切り者、よくも私の名前を出してくれたね」と切れました。今でも嫌な思い出です。
自己愛性人格障害、モラハラ、ほんとに?
2012/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

25.対人操作、根回し・陰口で仲間はずれにする

 [ モラハラ体験談
●孤立させ、実際の攻撃は他の人間にやらせ、「皆がお前を嫌っている。私は正しい。」と周囲や貴方自身に思い込ませようとする。他人を使役するのは、「彼ら」の常套手段だ。直接攻撃は「彼ら」自身が反撃を受ける事になる。かわりの人間を使い反撃を回避し、相手を孤立させ、自分に合わせて洗脳することができる。
結局のところ友人もいつ「被害者」に悪感情を持ったかは意識していない。何故なら少しづつ「彼ら」に言葉のはしはしから毒を飲まされるように、悪感情をもつよう操作されているからだ。「被害者」は共通の友人は失う事となる。また、例え操作されたにしても、「被害者」を結果的に信じなかった友人を信頼できなくなる。
自己愛性人格障害一考察 1ー「彼ら」のコミュニケーション



根回し、対人操作で第三者に攻撃させる


まず悪口を聞かせたい相手を褒めて自分の味方に引き入れ、
次に、いかに自分が悪口の対象の”異常さ”に困らされているか、
にもかかわらず自分がどんなに努力してその対象をかばってきたか、
という妄想wを、俳優顔負けの迫真の演技で切々と訴える。
こいつのいうことをコロっと信じる人間の数は信じられないほど多い。
(実は、自分も自己愛に会った最初の頃、聞かされた見ず知らずの他人の悪口を信じていた)。


自己愛名言集
自己愛「Aさんは素晴らしい人間なのにタゲと来たらww」


あなたは知人の悩みの種として、周囲に喧伝されることでしょう。
「あいつに俺の半分の能力と思いやりがあれば、俺もこんなに苦労しないのに」
なんてあちこちで愚痴られます。


自己愛がタゲへなら何を言ってもいい
悪口言って当たり前という空気を作り出すから
取り巻きもマネしてえらそうな物言いになってくっていう。
空気がタゲへの悪口バンバン言ッちゃいましょう!、
八つ当たり、サンドバッグOK♪
言われても仕方のない奴、にされていく。
これが自己愛が宗教の教祖、洗脳の手口って言われてる所なんだと思う。


何より不思議なのは取り巻き達の心理です
とても意地悪そうな表情をいつもしていて
自分も偉くなった気分になるのでしょうか?
この人達は損得で動きやすい性質をもっているように思います
取り巻きには後輩もいるのですが
虎の威を借る狐のように皆で囲まれて吊るし上げにあいました


自己愛はどうやってもタゲの方がおかしい人って風に持って行くのが上手いよね
余裕が無くて追いつめられてるタゲの方が周りからは変な人に思われるし、
落ち着き払ってレッテル貼りして攻撃してる自己愛の言ってる事の方を信じる人が多いんだよね
相手を叩き潰すまでどこまでも追いつめるのが自己愛だしね


タゲは嫌がらせを受けているのに一方的に悪者にされる。
タゲは悪口を言われている被害者なのに、
自己愛にたまらずに言い返すと悪口を言ったと批判される。
黙っているとあること無いこと言いふらされるけど言い返すと悪者にされる。
自己愛は何故か取り巻きを作るのは得意だからタゲに集団で嫌がらせする。
ただし、自己愛は自分が正しいと思っているからその自覚は無い。


スネ夫みたいなタイプかな
自分の手は汚さずにジャイアンを利用して気に入らない人間を貶めたりする
(対人操作性のテクニックを上手く使う)


結局は自己愛が元凶なのは間違いがないけど、周囲の人間が問題なんですよね。
自己愛は直接手を汚さないケースが多い。
実行しているのは周囲の人間であることが多い。
だから後になって自己愛を責める事が出来なくなる。
自分も積極的に協力してしまったから。


噂や作り話で不当に人をコントロールしたがる
仲たがいさせたがるし自分への同情を引くためのウソ話が多い
作り話でコントロールされた者同士が目の前で誤解を解き合うと
慌てて外出したまましばらく帰って来なかったりするな
ウソバレを指摘さえると感情を爆発させたり猛烈に強圧的になる


自己愛本人は高みの見物


私が被害にあった自己愛は、自分一人ではなにもできなくて
取り巻きに私を攻撃させていた。
私と取り巻きが仲が悪いように周囲は思ってたみたいだけど
その裏には自己愛がいて、私の悪口をあることないこと都合のいいように
作り変えて話しているからだということに気付いていた。
自分が相手を気に入らないだけなのに、何もしないで安全な場所にいて
他の人に汚れ役をやらせる要領のよさにゾッとしました。


ターゲットのレッテル張りがほぼ完了し
周りの虐め体質の奴らがターゲットのマイナス面とか指摘したり
意地悪言ったりしてると何故か自己愛は大人しい人間の振りしているよね
顔色ひとつ変えずにね
あれがなんとも人間の心を持っている奴だとは思えなくて
背筋が凍るというか…


対人操作で取り巻きがタゲを叩き始めると自己愛は手を緩めるよな
で取り巻きが静かになると…ループだもんね


タゲっている人を心配してますよ、みたいなアピール?が超キモい


タゲを孤立させ弱らせた後で、救世主気取りで、
感謝しろ崇拝しろといわんばかりに近ずいてくるのも特徴的ですね。


自分の考えが絶対に正しいとし、
周囲の取り巻き連中を従わせターゲットを孤立させる。
精神的に追い込まれているタゲを見て
「可哀想に」と自己愛が他人事のように口走っていた時は殺意すら芽生えたな。


具体例


自己愛は「相手のコンプレックスに関連した単語を連呼すれば、相手を思い通りに操れる」と取り巻きに教え込んでいるようです。

取り巻き達が発見した私のコンプレックスとは・・・白髪。

「営業部の○○さんて、白髪目立つよねぇ!」
うちは総務部だから、よその部署の話をしていると思いきや、
「白髪目立つよねぇ!」「白髪だよねっ!」「しらがっ」「シラガッっ!!!」
と、壊れたCDプレーヤーのように同じ言葉を連呼する取り巻き達。

>相手を煽ったり、凝視したりして様子の変化を伺う
取り巻きが白髪を言った後の「凝視」がまた、尋常じゃないのです。プラスチックとか金属とかを観察するかのように凝視されると、「私はモノじゃない!」と叫びたくなる。とにかく不快かつ不愉快。
そして、こちらの「様子の変化」を期待しているらしいのは最初からバレバレにわかっているので、意地でも表情を変化させるまいと考え、実践してまいりました。 しかし取り巻きは私の様子に変化がないことが気に入らないらしく、パソコンがフリーズしたことにかこつけて「反応がない」「反応がねえよ!」「反応しないっッ!!!」などと、壊れたCDプレーヤーみたいな「百回リピート」が例によって始まったりするわけです。
推測するに、感情を表に出さないことが、私の人間的「欠陥」であると言いたいのでしょうが・・・反応しないようにしてるんだから、反応がないの、当たり前じゃないですか、ねぇ。


ターゲットの症状


取り巻きや信者はタゲさんを発散材料にして
まるで感情の浮き沈みが激しい躁鬱のように言ったり虐めに加担
(それって影で暴言吐かれたり虐められたりいじられているからじゃないかな?
あと、虐めをされていれば心も暗くなって、知らず知らずミスも増えるかも。)


相手のほうが先に私に対する悪いイメージを刷り込んで、
自分が被害者のように振舞っているから、
結局、下手に相手のことを悪く言って、
報復されるよりも黙っていたほうがいいような気持ちにさせられる。
猜疑心も強くなったと思う。
対人恐怖っていうか、「この人も相手から聞いた私の悪いイメージで
私のこと見てるのかな?」とか。
そんなんだから気楽にしゃべれなくなった。


正義感が強くて、自分の倫理に従わない人にを虐めたり嫌がらせしたりする。
周囲に触れ回り、周囲を味方に付けて執拗に嫌がらせし続ける。
嫌がらせされた人は次第に元気がなくなり口数が少なくなってくる。それでも止めない。
「黙ってて暗くてキモイ。そのうち刺されるかも怖い」と言って更に虐める。
その友人の嫌がらせが始まるまでは明るい人だったのに。

>奴がいると苛々するんで、たまにチクチク嫌がらせしてやります。
そういうことも平気で言う。
もう誰が悪者なのか、悪者は虐めている本人じゃないかと思えてくる。
その段階になると最初の「正義感」は全くなくなって、
ただイライラするから虐めてる。
周囲はその人に虐められるのが怖くて、その人の言うことを聞くようになる。


私が戦っているのはフラッシュバックです。彼ら(取り巻き含む。)に何時間も拘束され無理矢理話し合わされそこで罵倒されたり罵られたり、真剣に話している最中に吹き出し笑いを連発されたり下品を極めたやり方で追い詰められた精神状態にふとした瞬間に陥ってしまいます。自分の中で上手く解消することができず、八つ当たり先が我が子になってしまいます。最悪です。


なぜ仲間はずれを作るのか


タゲが発言力を持つのを恐れるね
だからタゲを孤立させようとするんだよね。
タゲを弱めつつ攻撃を繰り返すのが自己愛の常習手口。


自分が万が一、マイナスの立場になったりする事を恐れている。
異常な程に恐れている。
その為に先回りをして(これが、健常者には非常に理解し難く気持ち悪く映る)
誰かの悪口を言ったり言い付けをしている。
対人操作を駆使したり取り巻きを使い、気に入らない人間で一番弱そうな人に
嫌がらせという名の社会的制裁(本人の勝手な思いこみ)をする
基本的に本人一人ではたいしたことは出来ないです


いじめは、実は、「仲間」を作るための手段の一つでもあるんです。
例えば、Aという生徒をいじめのターゲットに決めたとします。
そのAを標的に、他の子供たちは団結してあれやこれやと嫌がらせ行為を考え、
みんなでいじめを実行する。
すると、なんともいえない達成感というか、“仲間意識”が生まれてきます。
それはまるで、みんなで協力して体育祭や文化祭をやり遂げた時のような…。
つまり、心理学的に、いじめは「仲間意識を強める」という作用があるわけです。


他人の視線や評価を意識し続けるあまり、他人から否定されること、
無視されること、拒絶されることを過度に恐れているのです。
だからこそ、“身代わり”としていじめ被害者をターゲットにする。
そして、周りの人間に対してそうしたスケープゴートを提供することで、
相対的に自分自身の“居場所”を獲得している。
いじめを心理学的に考察する


ターゲットを陥れていることに対する優越感、
情報操作をして自分に有利な人間関係を築いていることへの自信。
人を裏切ることで”自分の方が強くて賢いんだ。こいつらよりも勝っているんだ”という気持ち


気づく人もいるが…


職場にいる若い自己愛なんだけど、この1年で、ものすごい豹変振り。
ものすごく世話になった先輩のAさんのことを、
取り巻きと一緒になって孤立させてる。
取り巻きの一人Bが、Aさんにライバル心を燃やしてて、
Bを持ち上げて、Aさんにああだこうだと嫌がらせをさせる。
(中略)
最初はタゲられるAさんにも問題があるんだろう、ぐらいに思ってたけど、
1年ぐらい経ってBがあまりライバル心を持たなくなってきたあたりから、
自己愛がおかしいんだ、と気がついた。


お一人様が問題人物かと思っていたら違う。
お一人様にさせてる人(悪口を言葉巧みに発信してる)が自己愛だった。
数年前のことも根に持つ。とにかくシツコイ。
被害者のように振舞う。実際は加害者。
多数を煽り、人をのけ者にしてる。


明らかに私の評価を下げたいみたいで、
私の事を紹介するのに良いことは言わず失敗談だけを勝手に他の人数人に言ってたり
わざといい加減な人みたいな言い方されて凄く嫌だった。
なんか厄介な人なんだなぁorz


そういう尾ひれの創作だけはやたら上手い
でも話の中身が支離滅裂だったり、
そもそも人間性がおかしいから気付く人は気付く
ただそういう察しの良い人は自分が関わりたくないから適当に自己愛の話に合わせる
そうすると自己愛は「みんな私・俺の味方!タゲざまぁwww」となる


助けてくれる人は稀


①自己愛が横柄で傲慢な態度を取る。ミスを指摘するのも喧嘩腰。
②こちらも反発する

①→②のサイクルが何度も繰り返されると、周囲から自分が問題児みたいな扱いされないか?
陰ではみんな自己愛の悪口言ってるくせに、本人目の前にしたら被害者を責める。


自己愛はターゲットを問題児に仕立て上げる演出が上手い。
自分の場合、自己愛男と3年間仕事していたが
最初の1年間標的にされた。
苦痛だったのは当時の課長が自己愛を依怙贔屓して、
やたら俺には厳しかった。
当時の馬鹿長は自己愛>>>>>俺という扱いだった

しかし後任の課長は自己愛の正体を見破ったのか
自己愛を特別扱いしなかった
自己愛の俺への攻撃を目の当たりにした周囲の連中は
自己愛を次第に警戒するようになる。
些細な事や理不尽な理由で爆発する様子をみると、危険視される罠。
そして自己愛は孤立するようになった。
人望の無さを痛感したのか自己愛は周囲に心を閉ざすようになった。
いや、「世の凡人どもは俺の非凡さを理解できんのだ。」とうそぶいているかもしれない。


口を開けば、 「どうしてお前はそうなんだ」 「なぜできないんだ」 「だから駄目なんだ」 こればかり。 要約してみると、自己愛モラハラ野郎ってこれしか言わないんですよね。 私を陥れることしか考えていない。
本当にきつかったですが、私の憔悴ぶりと自己愛の意味不明な言動を見て、周囲の人間が「○○さん、ちょっと変じゃない?」と言葉にしはじめました。 これまで、「○○さんは、あなたを思うばかりに少しきつくなってしまっているだけ」と諭されるばかりだったので、これは私にとってひとつ希望となりました。
自己愛は、今回、私を孤立させることに失敗しました。 孤立させて遠ざけるはずの人間が私を守る位置につき、自己愛に向かって「あなたはおかしい」と言い放ってくれました。 本当に救われました。


対人操作に巻き込まれた側の人の体験談


ああー。俺、いわゆる自己愛の取り巻き(と自己愛には思われている)な状況だわ。
んでターゲットの悪口を毎回のように聞かされる。
恐らく俺に布教をしているつもりなのだろうが、自己愛に加担するつもりはない。
それが腹だたしかったようで、一度、お前も追放するぞ!という圧力をかけてきた。


>「自分の見えるところで、他人同士がトラぶってるのをみてるのがたのしい」
「ちょっとぉこの人怒ってやってくださいよー」
と自己愛に言われて、騙されて怒ってみたら
側に居た自己愛の生ぬるいほくそえみを感じてすぐ我に帰った。
自己愛は他人の争い事が大好物。本当に困る。


見てみぬフリや対人操作にのってしまう取り巻きも多い


自分に対して優しくても、他人に対してあまりに非人道的だったり無茶してたら、距離置くよ、大体は。でも取り巻きって、それでも離れない人多くない?


自分に凄く感じのイイ人を憎く思う人はあまりいないでしょ
異性、上司、にはとにかく節操なく凄いから
かつ取り巻きにはフレンドリーを装いつつ
ターゲットはいかに悪者であるか上手く洗脳
本当にターゲットって酷い人だと思わせるのが絶妙に上手い


正しいかどうかが判断基準になる人もいれば、
「どちらに付くと有利か」というのが判断基準になる人もいる。
または、「どちらといると楽か、自分の楽しみになるか」と判断して
取り巻きになった人間もいる。実際にそういってたよ。あれは、かなりあきれた。


自己愛の取り巻きになっている方が、自分にとって得だから、そっちにつく。
タゲはいい人ってわかっているけど、タゲは優しいけど弱くて、
タゲの方につくと自分が損するから、そっちにつかない。
傍観している連中も、自分がタゲられて損したくないから、傍観している。


周囲は自分にさえ害が無ければ良いと言わんばかりに見て見ぬふり。
最初は優しかった先輩も、(一部の人ですが)
上記の影響なのか冷たくあしらって来るようになりました。
仕事内容自体は好きなのですが、
「上司にまた何か言われるかもしれない」という不安が常に頭を離れません。


私の席の周りでは彼らの異常行動に気がつき始めて数ヶ月たちますが、基本的には見て見ぬ振りです。いっしょになって嫌がらせをする人はいませんが、助けてくれる人もいません。気まずそうに下を向いてしまう人、私との関わりを避ける人、異様な空気の中で疲れを感じて苛ついているような人、そんな感じです。


当事者は、全く別の自分をつくりあげられデマを周囲に広められていき、関係ない人たちまでもが、自己愛の演技によって自分に敵意をむき出しにしてこられることに耐えるだけで必死で冷静に考えるのはなかなか難しいのではないでしょうか。
私の場合は、何年も何をされても黙っていました。間近で見ている同僚が「黙っていたほうがいい」というので精一杯のアドバイスなのだと思い、我慢に我慢を重ねていました。蓋をあけてみれば、この役目をした人こそがひどい人だとわかりましたよ。アドバイスなんかじゃなく、自分に火の粉がかぶらないように私を「サンドバッグ」としてさしだしていただけでした。


一緒に酒を飲んだときの私に対する自己愛の態度は、
さすがに酷かったとは言っていました。
で も ね、私は、そのさすがに酷いものだとは思いつつ
雰囲気のまま合わせて笑っていた貴方も
(それは確かに正しく、無難で、普通の反応ではあるのだけれど、)
思い出すほどに不愉快だよ。


2012/06/13 | Comment (4) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

24.挑発して怒らせ、怒りっぽいと触れ回る

 [ モラハラ体験談
●相手を嘲弄したり、皮肉を言ったりと、加害者が言葉による攻撃をしかける裏には、論争を行って「相手に反発させたい」という気持ちも含まれています。加害者は相手を支配下において、「相手に反発されても自分が脅かされないという状態」をつくったうえで論争をしかけるのです。その論争とは自分が勝つためのもので、決してまともな議論ではありません。相手を貶め、自分が偉く感じられれば、その目的は達成されるのです。

●まわりに証人がいるような場合は、小出しに攻撃を加えて相手を挑発していきます。相手が怒りだすように仕向けるのです。そうして、相手が声を荒げたりすれば、自分はたちまち被害者の位置に身をおき、相手のほうを攻撃的な人間に見せてしまうのです。まわりの人間には被害者の状態が見えないのです。
ここまで来ると、被害者は何をしようと、辛い状態から抜けだせなくなります。行動を起こせば、「好んで騒ぎをひき起こす人間」にされてしまうし、行動を起こさなければ、加害者の暴力を甘んじて受けなければなりません。被害者は八方塞がりの状態に置かれてしまうのです。
挑発に耐(た)える日々 - モラハラ



挑発目的で会話を仕掛ける


・タゲに悪意丸出しの質問をよくする
・相手を煽ったり、凝視したりして様子の変化を伺う


お前普段何も考えてないだろ?って言ってきて、
いや色々考えてるよって言い返したら、
じゃ何を考えてるの?言ってみろよと言ってきた。
自分の考えを言ったら説教されたよ。
説教されるようなこと言ってないのにビックリした。


俺なんか今日「何を考えて生きてるのかさっぱりわからない。
何が楽しみで生きてるんだ?俺なんか若い頃は~~(嘘くさい武勇伝)。
お前は世界が狭すぎる。つまらん人生だ」とかいきなり言われたぞ。
俺もムッとして「家では家事とか色々する事があります。嫁も妊娠中なんで。」て言ってやった。
そしたら自己愛「お前と俺とは全く違う種類の人間だ!」てキレ出して人格を否定されまくった。
違って当たり前だろうが。いい年してそんなことも分からないのか。

んで、しばらく時間経ったらまた血相かえて近寄ってきて
「お前は自分の癖を知っているか?」と。
俺「(はぁ?何言ってんだこいつ)いえ、知りません。」
自己愛「お前はな、ちょっとでも嫌なこと言われるとすぐ顔が真っ赤になって
口が何か言いたそうに動くんだよ。腹立ててるのが俺には分かるんだ。その癖治せ。」
自己愛って、何か独り相撲って感じなんだよな。
独りで絡んできて独りで勝手にキレてる。その過程があまりにも理解不能。
自分が上だって環境を常につくりだしていないと不安になる。最悪だ。


「◯◯ってどう思う?」って突然聞いて来るのね。
こっちは自己愛が「◯◯」について好きか嫌いか読めないから適当に良くも悪くもないような無難な意見、それもどちらかというと好意的な意見を述べると、自己愛は「ええー!??◯◯って私だーいっ嫌い!!!あんなの全然良くない!」って勝ち誇ったようにまさに嘲笑って感じの醜い笑顔でその◯◯について罵倒してくるんだよ。
こっちは対象として出されてる「◯◯」事態には全く興味がなくて聞かれたから大人の対応しただけなのに。
自己愛ってこういう会話形式で常にこちらを罵倒目的で会話のきっかけを持って来るよね


ダブルバインド(何を答えても馬鹿にする)


「新聞読んでるか?」って聞いてきた時点で、自己愛は俺をこき下ろす事を考えてるんだろう
俺の答えなんて、大して問題じゃないんだ。
何と答えようがこき下ろしてやるって決めている。
まあそれをうまくかわすのもスキルの一つなんだろうけど、難しい。


自己愛が日常的に使ってきた手法
二択の質問をして、どちらの答えが来てもバカにする
はい    なに本気になってるの?w
いいえ  常識が無いなw
無反応  どうにもできなくて自己愛憤怒


AとBどっちを選んでもタゲはダメとする、二重拘束の手法。
これをやられるとタゲは無力感を味わされる。


黙っているとエスカレート


できるだけその人のことを考えないように
しようとしても、向こうからわざわざやってきて、攻撃的なことをされると
誰だって傷つきますよね。

面と向かってやり合うのはみっともないと思って我慢していたら、どんどん
調子に乗って嫌がらせがエスカレートしてくるし、「何で自分だけこんな目に」
ってみじめな気持ちになってきます。


反論すると怒りっぽい人に仕立てあげられる


さんざん嫌がらせをする。相手が「いいかげんにしろ」と
怒鳴ったところで、怒鳴るのはよくない、と説教したり、
「あの人は切れやすいから注意したほうがいい」とか噂を流される。
怒りの感情をあらわにする状態は、彼らのレベルに落ちているので、
自己愛はよろこぶ。


俺んとこの自己愛は相手を怒らせることしといて怒ったら
「あいつが発狂したぜwww」と小学生みたいな反応して俺のネガキャンしてたな。


>ターゲットになるひとって、すぐにムッとするひとよりも
>「今のはどういう意味で言ったんだろう?」「本当は悪い人じゃないんだ」
>という考え方をするひとのほうが多いような気がする。
>そこにつけこまれているというか。

私は、自分ではすぐムッとするほうだと思ってる。
でも、そこへもつけこんでくるよ。
「なに!?その顔は!あんたのためを思って言ってやってるのに!」
周囲には、
「良かれと思って言ったんだけど、大きなお世話だったみたいで・・・」
「余計なこと言って気分悪くさせちゃったみたい・・・私も悪いの・・・」
と、まるで私が一方的に反抗してるみたいに触れ回る。

他人に説明するのは難しい。
「どうしてそんなに悪くとるの?」とか言われたら、なす術ないもん。
ターゲット以外にはいい顔してるし、「そういうヤツなの」と言ったところで信憑性に欠ける。
精神的にまいってる時は、他人に説明しても余計疲れるだけ。
どうしても感情的になりがちだし、それがまた自己愛性の思う壺だったりする。
「あの人は今不安定だから、そっとしといてあげて」なんて、
“優しく見守る私”まで演じて、更にこっちの心証悪くなることもある。


タゲは悪口を言われている被害者なのに、
自己愛にたまらずに言い返すと悪口を言ったと批判される。
黙っているとあること無いこと言いふらされるけど言い返すと悪者にされる。
自己愛は何故か取り巻きを作るのは得意だからタゲに集団で嫌がらせする。
ただし、自己愛は自分が正しいと思っているからその自覚は無い。


なんとかわかってもらいたくて冷静に話をしようとしても、
常識が全く通じないもんだからつい感情的に受け答えなんかしてしまうと、
「そんなふうに興奮するからだめなのよ。なんであなたはいつもそうなの?」って
周囲の人に聞こえるように言われて
感情的な人を諭している常識的な自己愛の図に何度なったことか。


自己愛って、これがしたいよね。
痛い所を突かれてカッとなるタゲを呆れ顔でなだめたい。
逆に、罵倒して落ち込ませて懺悔させて「あなたには適わない」って言わせたいパターンもあった。


怒らなくても否定


自分は基本冷静と言うか、怒るのが苦手。
だから、自己愛の矛盾点を突いたり「そういう考えもあるね」と認めてたら
「お前は冷静でつまらない。
 こっちが怒鳴ったら、同じテンションで言い返して欲しい」って言われた。
それじゃ話し合いにならない事を指摘しても
「話し合いなんかどうでも良い。
 怒鳴ったり暴れて収拾つかないお前を、「まぁまぁ」ってやる俺がかっこいいんじゃん!」
話し合いをどうでも良いと言われて、心底呆れた。


思い通りにならないとわがまま扱い


・(周囲に人がいる時に)タゲって気難しいw と思い通りに動かないことにいら立ち、レッテル貼り


人格障害者は、こちらが意見を言っただけなのに
「それはわがままだ」って言ったりするんだよね。
自己愛の考えが全て正当で、タゲの考えは全てわがままらしい。
「人それぞれ」が通用しないと。


なぜ挑発するのか


●モラハラの加害者は、相手の欠点を指摘したり、それによって相手に暴力をふるわせて、「自分はつまらない人間だ」と本人に思いこませることに喜びを覚えます。被害者を<悪>にひきずりこみ、被害者自身を加害者に仕立てあげること、加害者にとってはこれほど満足することはないのです。


善良な市民は他者の良い点を探して生きていく。
対して、彼らは他者のいやなところ、劣る点を探して(作り出して)生きる。
温厚な人がいれば、堪忍袋の緒が切れ「いい加減にしろ」と怒鳴るまで
しつこくいやがらせをする。「あの人は怒りっぽい」と言いふらし、
自分より優れているわけがない、と思いこむことで、
心のもやもやを解消しているのです。


被害者が憎しみを見せれば、加害者は喜ぶことになる。
それによって、加害者は自分の行為を正当化できることになるからだ。
『こちらが相手を憎んでいるんじゃない。相手がこちらを憎んでいるんだ!』


本物のモラハラ加害者が巧妙に相手を煽る

煽られた本物被害者は暴力に出る
本物被害者は暴力を振るったので加害者になる
本物被害者は煽られても暴力は振るわない努力をする

本物加害者は相手が何もできないことを心から楽しみ興奮するサディストな自分に酔いしれる
本物加害者は本物被害者を加害者に出来たことで、最高の興奮を隠しながら喜ぶ。このように相手の心を破壊している
あなたの周りにも潜んでいるモラルハラスメント


2012/06/13 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

23.弱みや悩みを聞きだしてばら撒く

 [ モラハラ体験談

悩み相談に乗りたがる


自己愛性人格者障害の人に限って、
「一人で悩むより俺に相談しろよって親分肌みたいなとこないか?
余計なお節介。おまえはそれで人の粗探ししてるんですね。


情報収集だろうね
うっかり何か話したら最後、
脳内妄想でふくれあがったゴシップを流される


自分が弱ってる、困ってる素振りみせるとハゲタカみたくよって来るね。
彼等が聞いてくるのは、自分の弱み(仕事で困ってないか、とか)探るような
尋問みたいなものが多かった。


悩みや弱みを聞き出して周囲に広める


悩みとか弱味ある人を見つけたら、やたら相談に乗りたがるよね。
ナーバスになってるのに、会うたび会うたびその話題をふっかけて、余計に相手を追い詰めるの。
それで、あまり知られたくないのに、職場中にその話を撒き散らすし。
お得意の「お前のためを思って」。
迷惑そうにすると、「お前は甘えている」「お前は自分勝手だ」「みんなお前の悪口言ってるぞ」と説教に変わる。
とっくに解決していても、数年その話題を蒸し返す。
無視すれば宣戦布告とみなし、足を引っ張りにかかる。
自己愛としては人の悩みは解決しない方が好ましいのだろうが、
愛情でも憎悪でも、金になるでもない対象にここまで執着できることが不気味。


「何でも相談してみろ」と言うから持病の話をしたら、会社中に言いふらされたあげく
「お前は病気を言い訳にする卑怯者だ」とことある毎に説教されるようになった。
「何でも意見言え」って言うから、企画の問題点をいくつか挙げたら
「この俺に失礼なことを言った」と激怒し、謝罪させられた。
一緒に酒を飲んで、自分より俺が酒に強いことを知ると、翌日には
「あいつはアル中だから酒飲ますな」と言いふらされ、一時本気で上司に心配された。


自己愛に相談すると全部、相談した内容を周りの人間にばら蒔かれる!
こっちは、内密に打ち明けた相談話だったのに…。
そういうちょっとした気配りができないのも自己愛。
あと、本人には一切、話していない情報を誰から聞いてきたのか知らんが
いきなり電話してきて、アドバイスし始めた時にはビックリした。


騙す為に最初だけ仲良くしといて、悩みとか好きな人とかいろいろ聞き出してから
私と通りすがりに相談した悩みを人に聞こえるように言って馬鹿にしたり、広めたり、
私が好きって言った人に好きでもない癖に告白したり。
何が楽しいのか意味不明。私が悲しんだり悩んだりするのがあいつの生き甲斐なんだろうけど。


失敗や不幸話もばらまく


一番ひいたのが俺が上司に怒られた時すぐさま自己愛が周りの俺が怒られたのを
知らない人間に俺が上司に怒られたのを言いふらしていたこと
ムカついたというよりも異常さを感じたね


うちの上司は他人を罵るとき、人の不幸を聞いたときに恍惚の表情を浮かべてる。
社員が交通事故(軽く済んだけど)にあった時も、嬉々として会社中にそのことを触れて回ってた。
この楽しい出来事を誰かと話したくて仕方ない、っていう感じだった。
人の不幸が話のネタになることはあると思うんだけど、こいつらは自分の快楽の為にネタにするんだわ。
こいつらにとっては「人の不幸」=「快感」でしかないので何の罪悪感もない。


人が弱みを見せると歓喜で瞳孔が開く


なぜ悩みを聞きたがるのか


「人を慰める→優越感に浸れるのと周りに良い人ぶれるのが狙い」だよ。
自己愛が他人に良くしてやろうとは当然思わない。全て自分のため。
慰めて心の中で馬鹿にして見下しているという感じかな。
で慰め相手が問題乗り越えるとまた劣等感を当てるようなことを閉鎖的空間で露骨にやる。
自己愛の1つのタイプはこのループの繰り返しだね。


人がいい人間は感情のはけ口として利用される。
相談してあげるふりをしながら、本人が不安になる事や損する事を言い
心の中で「バカじゃねーのこいつ」と楽しむ。


それも凄く当たってる。
何かわからないことがあって聞いた人がいたら「それは~だよ~イシシ」「そんな甘くな~いでぇイシシ」
みたいな意地の悪い顔して不安にさせる。いつもそんな感じだ。


わかるわかるww 本当にいやらしいよね。。
最初はさ それでも助言してくれるから良い人って思ったけどそうでないんだよね。
相談に乗ってあげてる優越感。(細かい事まで、聞いてきてうざい)
不安にさせて面白がったり、こっちは興味の無い知識をアピールし
相談にのって思ったとおりに人を動かす快感。→思ったとおりにやらないと、
相談にのってやったのにと不快に思う。まあ めんどくさいよ。
「あなたの為を思って」と自分で自分をいいようにとらえてそうで、罪悪感0.


弱ってると支配しやすい、というのもあるんだけど。
自己愛性って他人の不幸が大好きで、不幸な人を見に来るのよ。
にやにやしながら見ときたいというのが本音だろうけど、流石にこれやると
ヒンシュク買うというのはわかってるらしく、どうするかというと、
じ~っと息つめるように「観察」してるんだなあ。不気味だよ、ほんとに。
過去思い出すと不幸な場面では、
いつも「自分が自分が」としゃしゃり出てくるコイツが
隅っこからじぃ~っと息つめて「観察」してる姿を思い出すんだよ。
ホントに悪魔だ。


自己愛は、噂、陰口、悪口を好むので、与えないようにして下さい。
ニヤニヤしながら探っては、言葉巧みに広めてます。
また自己愛の愚痴や話しに、軽い気持ちで同意や共感しないで下さい。
こちらに言わせるのが自己愛の目的なのです。
自己愛は、被害者の対人関係をいつまでも破壊します。


2012/06/13 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。