※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

職場のモラハラ体験談 自己愛性人格者とターゲットにされるきっかけ

 [ 自己愛体験談

自己愛より評価を受けて邪魔になった人


50代後半の自己愛にまさに今、ターゲットにされています。
皆さんがおっしゃるように、始めは明るくてハキハキしてていい人だと思っていました。しかし私があることで、高い評価を受けてから、私に対しての言動がおかしくなりました。妙なことにこだわって、(仕事のことより、容姿の事が多い)執拗に話しかけてくるのです。適当に返事をしていたら、独身男性社員を巻き込み、私を笑いのネタにしていました。

ある日、仕事上のことで、男性社員に話しかけたら、彼がプッと噴き出したのです。自己愛が吹き込んだことが可笑しくて噴き出したのだと思い、とてもショックを受けました。しばらくしてからその彼が、あの時は、私の後ろに自己愛がいて、いきなり超おもしろい顔をしたので、笑ったと打ち明けてくれました。このことも自己愛が仕掛けた罠だったんだなとこのトピを見て解りました。
幸いにもしばらくあまり関わらずにすんでいた。
最近周りからの自分の評価があがった。確かに頑張ったのでちょっとうれしかった。
そうしたら自己愛がとたんに暴れだした。

仁王立ちw、陰口、粗探し、巡回(なぜかこっちの仕事をチェックしに来る)
陰口を自分からでなく取り巻きから言わせたりする。
自分の手を汚さずにいかにこっちをつぶそうと行動しているのがわかる。
バレバレだけど(これも自己愛の特徴?)
最初は向こうから好意的に接近してきたのです。
共通の趣味があった、年齢も近いこともあって親しくなったのですが、
あるきっかけを機に敵意をむきだしにしてきました。
きっかけとは「年下である私の仕事が高く評価された」ことです。

共通の知人に私を貶めるための嘘を広めたり、私のせいでパニック障害になったといって同情を得たりしていました。
「どうしてこんな嘘がつけるのか」彼女に問い詰めると、彼女にとってはそれが真実に摩り替わっていて、あくまで自分が被害者なのです。この思考回路が理解不能で、自分が間違っているのか?とさえ思いました。

仕事に支障が出るのではという不安より、その嘘を信じて周囲が私を避けるようになったことが一番辛かったです。
食欲不振、精神的不安からボロボロになって心療内科にかかりました。医師にこの悩みを打ち明けて言われたのが「一刻も早く、その人から離れなさい。忘れてしまいなさい」でした。
自己愛性の方って、表面だけはいいので、やっかいです。
「他人を利用する」「自分を誇張する」
「他人は自分をよく見せる為、自分のフォローをする材料」
「権力に弱い」「自分が一番でないと嫌」
これは、本当に被害に遭った方でないと分からない感覚だと思います。
最終的には必ず裏切られます。
少しでも自分より優れた面を他人が出してくると、つぶしにかかります。

やる事が恐ろしい。

この自己愛は表面がよく、人からいい人だと思われているので
こいつに関わった自分が悪者に仕立て上げられ、どん底まで突き落とされます。
恩を仇で返すヤツです。自己愛は。


思い通りにならず邪魔になった人


もともと仕事中の私語(それも被害妄想的な愚痴ばかり)や飲食が多く、近くの席にいるだけでげんなりしていました。私は誰からも好かれたいとは思わないタイプなので、「あまり良くは思っていませんよ」という態度がでてしまったことがきっかけで攻撃されたのだと思います。

攻撃内容はキーボードをものすごい音でたたく、書類や持ち物を大きな音で机の上にバンと置く、人前で私の悪口を言ったりして嘲笑するなどです。席が近いので衝撃は大きいです。それに対しては無視、平然とした態度をとるように努力してきました。挑発に乗って暴言を吐いたり、動揺したりすれば相手の思う壺だと感じていたからです。

最初の頃は異常行動を繰り返しているのだから、周りが気づき、やがて職場から淘汰されるだろうと甘い期待を抱いていました。でも彼らは巧みです。うまく関係を築いている人も何人もいます。演技をしているわけでもないようです。攻撃理由が特にないのでしょう。

私の席の周りでは彼らの異常行動に気がつき始めて数ヶ月たちますが、基本的には見て見ぬ振りです。いっしょになって嫌がらせをする人はいませんが、助けてくれる人もいません。気まずそうに下を向いてしまう人、私との関わりを避ける人、異様な空気の中で疲れを感じて苛ついているような人、そんな感じです。何人かに相談しましたが、人に説明するのも、異常さを分かってもらうのも難しいと感じました。

どうしてこんな目に遭いつづけるのか、誰にでも心の奥底には醜い部分があり、人からそういう部分を引き出してしまうような要因が自分にあるのかもしれない、などと悩みました。

何人かの人が書いていましたが、人を貶めているときのうれしそうな顔、あまりの執念深さ、何かに憑依されているのかと邪推することもあります。「ホモサピエンス」様は「爬虫類の目のような気味悪さ」と書いていらっしゃいましたね。
私も彼らのうちの1人には蛇の印象を持っています。「吐き気がする」と言いたくなる気持ち悪さを感じます。
数ヶ月前にカウンセリングを受け、自分の対応が間違っていないか聞いてみました。「無視する」というか気にしないようにするのは間違いではないようです。そうしようとしてもこちらの気を引くような嫌がらせをしかけてくるから厄介です。消耗します。
同じ職場に、病院で自己愛性人格障害と診断された同僚がいますが、私はとても嫌われています。
嫌われている理由は、彼女はとても社交的に見えるのですが、いつも話題の中心でいなければ気がすまなくて、プライドが高く自分の学歴をよく自慢していますし、また学歴の低い人間や、自分より低レベルの大学に行った人間を馬鹿にしていますが、私はこのような話題は興味がないし職場のつきあいも最低限しかしたくないので、仕事が終わると定時で帰り、彼女の話題に加わらなかったり、極力近寄らなかったからだ思います。彼女は、他の同僚に、私のことが気に入らない奴だと言っていると聞いてから、嫌がらせがますますひどくなりました。

他人の自慢話も全く興味がないし関わりたくないので、ランチの時間も一人で食べる日が多く(一人でも気にならないので)この女性が自慢話をすると距離を置いているので、おもしろくない奴だと思われてしまい、露骨に嫌な態度をとられます。おやつも私だけ配らないとか、配布物も連絡事項も私だけスルーしたりして、やることは小学生並みなのです。

世話になった良い人(世話になった=相手に優位に立たれた)


相手の人が入社した時に仕事を教えたのは私です。最初は明るい人で仲良くなれそうと思いました。親切にしたつもりです。数か月間はランチを一緒に食べていたので、お互いのプライベートについては良く知っているのです。まあ今となっては彼女の話のどこまでが嘘か本当か分かりませんが。しばらくして他の人の悪口ばかり言うようになり、そのうち私を無視するようになりました。その頃から私への陰の攻撃が始まったんだと思います。
彼女と出会って「いい人」として散々利用されました。数年間仲が良いふりをして。
私の知らないところでは私を貶める操作の数々。最初から「数年かけて」陥れる計画だったようで。
彼女は大騒ぎして陥れることは避けます。分別のある人にはばれるので。それはすごい力で少しずつ皆の意識を私が悪者と仕立てました。

気づいたときは遅すぎました。すごい勢いで逃げましたが。そのままだったら精神を完全に病んでいました。数年後の今も精神的に影響ありますから。でも!周りの人は気づいてないんですよ未だに!!すっかり悪者にされてたからでしょうが、あまりの操作に唖然です。
その人Aさんは20代半ば、私より10歳あまり年下でした。最初仲良く振舞っていて、後から作り話を言いふらし、私を孤立させるといったところは全くトピ主さんと同じです。10数年前でしたので今ほどネットは普及してなく、私は「その傷はどういやされたか」という本にて自己愛性人格障害を知りました。
職場にいる若い自己愛なんだけど、この1年で、ものすごい豹変振り。
ものすごく世話になった先輩のAさんのことを、
取り巻きと一緒になって孤立させてる。

世話になったことも、今となってはAさんがおせっかいでやったことで、
いい迷惑だった、ぐらいの話にしてる。
取り巻きの一人のBが、Aさんにライバル心を燃やしてて、
今度はこのBを持ち上げて、Aさんにああだこうだと嫌がらせをさせる。
その嫌がらせが、傍目からはわからないようにしてるので、
Aさんが被害を訴えようものなら「Aさんの気にしすぎではないでしょうか?」
という話にしてしまう。
結局Aさんは泣き寝入り、黙ったり、関わらないようにしたり。
自己愛はまた何事もなかったかのようにAさんのところにやってきて、
以前のように親しげに話しかけたりする。
Aさんは「今さら何?」と混乱すると、その態度が気に入らん!となる。
「さみしそうだから気を使って声をかけてあげたのに」ぐらいな話になってる。

かといって、何事も無いかのように親しげに応対すると
「まだアイツは嫌われてることに気がついてない」
となって、BをけしかけてAさんを苛められる。
どう対応しようと、文句を言う。まさにモラハラ。

仕事以外なら、完全無関心で済ませられるが、仕事が絡めば、
返事をしたり対応したりしなければならず、
マジメなAさんだけが損をする構造。

最初はタゲられるAさんにも問題があるんだろう、ぐらいに思ってたけど、
1年ぐらい経ってBがAさんにあまりライバル心を持たなくなってきたあたりから、
自己愛がおかしいんだ、と気がついた。

おそらくBは自己愛のダブルバインドのことを知らないんです。
「最近Aさん大人しくなってきたし、自己愛さんの願いどおりになったから、
よかったね~」ぐらいな感じです。
おそらく、年の若い自己愛をBなりに面倒みてた、って感じでしょう。
でも、自己愛はそれじゃつまらないわけで。
また、Aさんに甘えた声出して近寄ってくるわけです。
最近は、同じ部屋にいると思うだけで、吐き気がするようになった、
って、Aさんは一緒にいないし、自己愛がやってくると、席を立つし、
業務報告も全部上司経由なので、直接話しかけることもないし、
なのに、「自分に話しかけろ」というシチュをつくるわけ。

最近AさんはBや自己愛がいるときには、休憩室に来ないです。
「自己愛劇場」が始まりそうになると、すす~っといなくなります。

多分Aさんは年度内を待たずに退職してしまうだろうし、
そうなれば「悪を退治した」ぐらいの手柄話にするんだろう。
そうやって今後も人生歩んでいくことになるんだろう、と思うと、末恐ろしい。
Bだって、採用の時にはAさんにかなり良くしてもらったはずなんだけどね。
Bにしても自己愛にしても、人からしてもらった親切を当然、と脳内で変換して、
それどころか、親切にされたことすら不愉快、っていうか、
親切だと思ってなくて、相手の「甘さ」を利用してやれ、
という風にしか受け取れないのだろうと。
だから散々利用したあとは、踏みにじって当然、ぐらいの話にしてるんだろうと。

「おせっかい妬かれて困ってる」ぐらいのことを言ってた時期に、
Aさんに対して、ああだこうだと同情を引くようなことを相談してたり、
自分を心配させたり、気にかけさせようとしてるとしか思えない。
Aさんは「この人は本質はさみしいんであって、悪い子ではない」
と思おうとしてたみたいなんだけど、そこに付込まれた、って言ってた。
行動が両極端で(さっきはニコニコしてたのに、急にものすごい顔して睨みつけられたりとか)ものすごく疲れた、と言ってた。
職場の後輩Aがフレネミーなようです。
ターゲットは自分です。

以前は一緒に食事もしたり、悩みなどのアドバイスに乗ることもありました。
昇進試験の小論文も添削してほしいとのことだったので、2つ返事で引き受け見事昇進しました。
彼は仕事がずば抜けてできる人間なので、チームの業務運行を円滑にするようお互い協力してやっていました。

彼は八方美人な感じがあり、「xxがムカつく」「△△が嫌い」と言いながら、その人たちと笑顔で話したりしていました。
人当たりはよく、いわゆる「世間渡りが上手」な人です。
フレネミー診断をやってみたら、11個も当てはまり、愕然としました。

今年初め辺りから、会話に違和感を感じてきました。他の人と話している時と、自分の時の顔つきが変わるんです。
今では、こちらが話しかけない限り挨拶等もしません。
自分以外の人との関係はすこぶる良好で、評判も上々。
恐らく自分の直属の先輩の相談したとしても、Aを気に入っているので悪者は自分になってしまうように思います。

そのAと仲良しのBが、2人の関係を気にかけてくれてアフター5に食事がてら、Aの心情を吐露してくれました。
思っていた以上に溝は深く、敵意がむき出しのようで、昼休みの話題は、主に自分への批判ばかりとの事。
以前、Aの提案に自分が従った時、「あいつに言うこと聞かせてやった」とニヤニヤしていたようです。

2人の関係が表面上解決するには、Aの提案を飲むことだけです。
しかしながら上に書いたように、相手は優位に立つことに喜びを感じているのは間違いないようです。
年齢・キャリア・役職とは裏腹な主従関係ができるのは、本意ではありません。

ほぼ毎日、同じ輪の中で仕事をしないといけません。
押しても引いてもダメで行き詰った状況に、メンタルを壊してしまいそうです。
付き合い始めの内は本当に優しくていい人。
それが付き合いが長くなり親密になるにつれて
話がズレ出し、言葉の暴力・こき下ろしが始まった。
蛇のような目でニヤつきながら・・・・。
私を嫌っているのかと思いきや、離れては行かない。
平気で嘘をつき、私の記憶まで塗り替えようとした。
周りでは厳格な立派な男性と評価されているらしい。
(本人談だから今となっては怪しすぎる)
別れてから知ったが、実際は仕事をサボり遊びまくってる
クズ営業マンだった。

付き合っている間も、何かおかしい・・人としての温かさというか
大事な何かがこの人には欠けている・・と薄々感じていましたが
別れてからここに来て、あの男は自己愛性人格障害者だったんだと
理解できました。ストンと腑に落ちた感じがします。

自分自身が特別扱いされる場面では異様なほどに
テンションが上がり、人が変わってしまい不気味でした。
きっと現在もそんな取り巻き達の中で目を輝かせて
楽しくやっているのでしょう。

この男から受けた理不尽な言葉と扱いを思い出しては、
苦しんでいる自分が嫌です。
「恨む・憎む」という感情を持つこと事態が耐え難いです。
人格障害者だから仕方ないと受け入れるには
まだ時間が足りないのかな・・・。


おとなしいいい人


私の職場にも100%当てはまる女性がいて、私一人がターゲットにされています・・・。
私以外のすべての人には愛想が良いのに、私に対してはヒステリックに怒鳴り
こちらが挨拶をしても毎回無視されます。

ターゲットにされている理由は、
 
1.おとなしそうな雰囲気で控えめなので、きつく言いやすい。
2.性格が合わない。彼女のことを必要以上に褒めたり持ち上げたりしないので話をしても満たされない。
3.家庭環境や金銭面で苦労した彼女とは対照的に、私が恵まれた家庭で育ったこと。


などがあるみたいです。特に3番に対しては、自分とは育ちが違うのでむかつく。という様なことを直接何度も言われました。

一日の間に気分がころころと変わって、突然はしゃいだり、泣いたり、ヒステリックに怒ったりするんです。どうでも良いことで張り合ってきたり、自分を良く見せるために嘘ばかりつくし。こんな性格だと本人も疲れるだろうなと思います。

なるべく関わらないようにしていますが、向こうからわざわざやってきては、攻撃的なことをしてくるし・・・。どうしたらいいんでしょうね。
私の職場にもいました。人をいじめている時のそれはそれは楽しそうな表情。根拠なく自分は特別にすごいと思っていて、あれだけ酷いことをしているにも関わらず、自分は職場で必要とされているという過信が理解できませんでした。
歳とともに行動がエスカレートしていき、身の程知らずなことに上司にまで同じ態度を取るようになって最後は首になりました。本人にしてみれば上司の上司と仲良くしているつもりで、その人に上司の悪口も吹き込んでいたので自分は安泰だと勘違いしていたんでしょうね。会社もそこまでアホではありませんでした。
その人は自分を傷つけることは言わない人たち(おとなしい)をしっかり選んで攻撃してました。一方、自分に反撃する人たちには手を出さない。相手と同じレベルになりたくない!というのも1つですが、自分を守ろうと思ったら一度切れて壊れた自分を相手に見せ、ついでに相手が一番言われたくないようなことをぶちまける、というのも1つだと思いました。復讐が怖いのでついおとなしくなってしまうんですが、すると益々図にのってました。露骨に反撃する人のことは、蔭ではボロクソ言いますが、本人には手を出さないんですよね。
職場のA子も自己愛かもしれません。最初は面白くて明るいという好印象でしたが、
「休むと私がお昼一人になるのを分かってるんだから、休むのは裏切り行為」
この一言でおかしい人と思いましたが、支配力が強く、従わないと嫌味、圧力をかけてきて当初は逃げれませんでした。
凄いと言われたいが為に嘘をついたり、上司、年上、男性にはよいしょし尽くして好印象。自己愛的な部分は知られていないと思います。

Aに捕まったもう一人の女性と私に共通するのが「いいひと」です。


作話傾向があり悪者に仕立てあげて周囲を巻き込む


ここで問題になっている「自己愛性人格障害」は、ただ単にワガママとか自己中といった性格ではなく「人を陥れる」といった行為だと思うのです。

ターゲットの虚像を作り上げて根も葉もない噂を流したり、虚言、作り話、心理操作をしてまで、ターゲットを貶めようとするところに問題があるのだと思います。

彼女(彼ら)のために悩むことこそが、被害者にとっては最大の損失に思われます。「この人は自己愛なんだ」と早めに割り切る事で、精神的にだいぶ楽になると思うのです。

私の出会った自己愛が<共通する>特徴は…
○いかに自分が頑張っているか(どれだけ努力をしているか、苦労してきたか、辛い思いをしたか)をアピールする。
○嫉妬や妬みを話題に持ってきて同意を求める。
○自分の言いたい事を自分では言わず、相手に言わせようとする。
○実力者や注目されている人物、信頼や憧れを抱かれている人物との関係を誇張する。(実際は顔見知り程度にも関わらずです)
○秘密を一方的に耳打ちしてくる。
現在も連絡を取っている元同僚の現役従業員が、今の社長のターゲットです。彼としては、「彼女が自己中心的な行動を取って、会社をめちゃくちゃにしようとしている」という図式を無理やり作って彼女を孤立させようと必死みたいです。
彼女に非は全くないのでさすがに無理があるし、社長がヤバイ人間ということは周知の事実なので、なかなかうまくいかないらしいですが(笑)。もはやホラーというよりコメディの世界です。
彼ら彼女らは
「作話」傾向があって、
虚実入れ混ぜたお話を創作し、
さらに周囲に吹聴して周ります。

それを防ぐために、
作話の「種」を作らない。接触を極力減らす。

また、
論理で説得、というのも無理。
彼ら彼女らは自分を「100%正義」と思っているので
主張が自信満々だし、
証拠を固めて説得しても「論破!」と思った瞬間に、
”論旨をはぐらかす”もしくは”逆上”
という策にでます。

…なんでそうなるのか(そうできるのか)、
【100%正義(自分)に物申している=この人(相手)は100%極悪】
という2極の発想しかできないから。
正義と悪に迷いがないから無敵だし、しつこいです。
こんなにたくさんの被害を受けていらっしゃる方がいるのに、世間的にはセクハラなどよりもっと認知度が低いですよね。私も今、まさにその被害にあっています。経理を担当してるのですが、支払日を勝手に変えるように要求してくるわ、自分が加害者なのに私の所為でいろんなことが駄目になったとかを周りの人にも言いふらし、社長にも直談判し・・・。1人だけ私の味方になってくれている人がいますが特に権限のあるひとではないので問題を解決するまでには至りません。


周囲を巻き込んで攻撃


当事者は、全く別の自分をつくりあげられデマを周囲に広められていき、関係ない人たちまでもが、自己愛の演技によって自分に敵意をむき出しにしてこられることに耐えるだけで必死で冷静に考えるのはなかなか難しいのではないでしょうか。

私の場合は、何年も何をされても黙っていました。間近で見ている同僚が「黙っていたほうがいい」というので精一杯のアドバイスなのだと思い、我慢に我慢を重ねていました。蓋をあけてみれば、この役目をした人こそがひどい人だとわかりましたよ。アドバイスなんかじゃなく、自分に火の粉がかぶらないように私を「サンドバッグ」としてさしだしていただけでした。
親切そうにいい人ずらして、味方のふりして本当にひどいと思いませんか?
それに気づいてからは、自己愛に攻撃されたら、その場で言い返しました。1年もたたないうちに、私を攻撃しなくなりましたよ。なぜ、我慢しなければならなかったのか。なぜ、言われっぱなしでいなければならなかったのか。悔しいです。
私も徹底的にやられたので「鬱」になりました。
それを見て、関係ない人まで攻撃してきました。
つまり、自己愛の張本人のまわりに自己愛にやられている被害者を
自己愛の影に隠れながら一緒になって攻撃もしくはほくそ笑んでいる「やつら」
がいるのです。この「やつら」が曲者です。
ただ単に「うさばらし」をしているのですから。
一見、味方の顔して様子をうかがってきます。
必ず取り巻きがいる。
彼らが誰かの悪口を言っていても、相手をする者がいなければ、変わり者の独り言にすぎない。彼らが単独で攻撃を仕掛けてきてもさらりとかわせばいいだろう。
彼らの周囲には、同調して彼らにパワーを与えるのがいる。意図的にか無意識にか、手先になって情報集めだの、被害者を攻撃するのがいるから問題になる。
異常な彼らの周囲にいて被害者を傷つけている正常な人々が最も悪い。


攻撃の仕方


最初は明るく仕事もできる人だと尊敬していましたが、他の職場の人がいじめられ辞めた後は私がターゲットにされ数か月で逃げるように辞めました。

自己愛かどうかはわかりませんが、人格障害のように思います。
自分の意見はすべて正しいと思っていて少しでも何か言うと倍になって反論が返ってくる。私の反応の仕方や態度にも厭味を言うので最後は返事もできなくなりました。
仕事に直接支障のないちょっとした私の行動、業務にも過剰に反応し叱責。
狭い職場だったので常に行動を監視されてました。
他にも私の人格を否定するような事を何度も言われたり、仕事の後は毎日お説教。
私が辞めても困らない態度だったのに、私が辞めると言うと今度はひきとめるのに必死。ここには書ききれないくらいふりまわされました。
こんな人が世の中にいることをこの職場で学びました・・・
そして似たようなひとがたくさんいることを小町で学びました・・・

皆さんも言っているとおり、早めに離れて正解でした。
私も、初めて派遣登録して勤務した会社で、50代の古株の女性(派遣社員)に、子どもじみたいやがらせをされ続けました。
どうしてそんなことができるのかと思うほど、醜悪な形相でにらむ。
庶務的な作業を手伝いたくても、手を出すと暴力的な避け方をする。
お茶や電話とりなどを私にさせまいとして、体育会的な反射神経で妨害する。
挨拶しても返さない。
お土産を配るとき、手が届かないほど遠くに置く。
違うとき、廊下の幅いっぱいに迂回するなどなど…
稚拙で、腹立たしい周到な嫌がらせは、わかっていても次第に被害者の心を蝕んできます。「避ける」「敢えて手の届かないところへ置く」「絶対挨拶しない」は、ターゲットへの圧力、つまり「お前は不必要な意味のない存在なんだよ」と静かに責める方法。執拗で、変わることなく続きます。
これに反応が少ないと、具体的な攻撃に移ります。些細なことに形相を変え(目が、真っ赤で震えるような怒り声を響かせましたね)怒り出す。正直化け物のようで怖かったです。
病気ではなく、性格の欠損、著しい歪みであることが多く、言動は変化することなく、注意すれば治るものでもありません。多分、私生活の場でも多くの被害者があり、周りには友人もいません。
私の受けたのはハラスメント。ネグレクトが強く、周到で悪質でした。つまり他人からは見えにくいようにです。通路ですれ違うとき、汚物を見るように大きく迂回する。エレベータに同乗すれば壁に後ろ向きにへばりつく。朝のお茶は、私だけ遠くの手が届かない場所に出す。もちろん、挨拶は一切返さない。些細なことに異常な怒りを顕にする・・・正直、その顔付き、恐ろしかった。対処はとにかく遠ざける。治療や応対方法はありません。
なるべく興味を持たず、関わらないようにしようとしても、気になってしまう
トピ主さんの気持ちが私はとてもよく分かります。

その人自身には別に興味もないし、できるだけその人のことを考えないように
しようとしても、向こうからわざわざやってきて、攻撃的なことをされる
誰だって傷つきますよね。

面と向かってやり合うのはみっともないと思って我慢していたら、どんどん
調子に乗って嫌がらせがエスカレートしてくるし、「何で自分だけこんな目に」
ってみじめな気持ちになってきます。


私の場合は、他の人達との態度があからさまに違うだけでなく、孤立して
一人ぼっちになるように、目の前で他の人達にだけお菓子を配ったり、
部屋の中に掃除機をかける時も私の周辺にだけかけなかったりと、あからさまな
嫌がらせをされていますが、トピ主さんと同じように周りは穏やかな人ばかり
なので、毎日やりたい放題です。


違和感に気づいた人


私の派遣先にも自己愛性人格障害がいました。とにかく人当たりはいいです。派遣されてきたばっかりのスタッフに近づきいろいろ聞いては陰で言いふらし悪口を言っていました。私は途中からおかしいと気づきさけたらターゲットにされてしまい、その人がいなくなる1年以上とても嫌な思いをしました。すれ違いざまに「サイテー」とか掃き捨てられて(その女性は40歳既婚です)はらが立ったけどおかしな人で絶対相手にしてはいけないとずっと耐えていました。その人が辞める日にはどこから聞いたか私の携帯に悪口満載のメールを送ってきました。その人は20年近くずっと派遣だと言ってたのもうなずけました。派遣なら長くて2年くらいしかいない。いつもそこでボロが出て次に行ってたんだろうと。
とにかく相手はモンスターです。まともに相手にしてもこちらが消耗するだけです。ひたすら耐えるしかなかったです。
「その人」は、とても愛想が良く親切で、ほがらかで素敵な人・・・
に、最初は見えたのです。

子供が同じ部活の保護者でしたが、つい、親しく付き合ってしまいました。

そのうち彼女のおかしな「性格」に気づき、少し距離を置いたとたん、
嫌がらせ攻撃が始まり、長い間続きました。


周りの事情を知らない人たちからは仲間はずれにされ、
かなり辛い思いをしました。

何かをやり返したい衝動に駆られましたが、
周りに「仲間」をいっぱい作っていますし、
同じ土俵に下りることはしたくなかったので、
何もしないで耐える道を選びました。

それしか方法がなかったのです。

自分は誤解されているのだと、周りの人に理解を求めようと事実を話しても、その人物に「告げ口」されたりして、
かえって被害が大きくなってしまったことがあります。

本当に事情を知っている「理解者」相手でなければ、
打ち明けるのは危険だということを、私は学習しました。



事あるごとに自分は天才と発言、白けていると「そうですねって言え!」。
従業員の悪口を、本人のいないところで言う。人と知り合うと、利用するだけして、捨てる。
事務所に盗聴器を仕掛ける(これは、憶測ですが)。
従業員は2時間閉じ込めて説教して泣かせる。私も、親の職業を言わされ「そんな親の子どもはろくなもんじゃない」と言われました。
自分のことを棚に上げて他者を非難。
他者が褒められること、他者が賞賛される状況が嫌い。
(褒められた相手が同じ相手からけなされるまで情報操作。)
自分以外の人間はすべて利用する対象。

(手先となって他者攻撃をしてくれなければ、捨てる。)
誰かと談笑していても相手が立ち去った後、必ず悪口。
昨日まで持ち上げて付き合っていた相手が今日は極悪非道人扱い(逆もあり)。
他人の不幸は最高の蜜の味。他人の幸せは大嫌い。

彼らは治りません。踊らされて誰かを傷つけている正常な人間のほうが罪深いですよ。
自己愛に会いました。
お人よしなので、狙われるようです。
作り話と丸分かりなのに平気で話す、話のつじつまが合わない、
自分が偉いと思われないと嫌、人の業績を自分の物にしようとする、
などなど、一言で言うと、気持ち悪い人でした。
自己愛を知っていたら、もっと上手く対処したのに。
もう一人、昔から知っている自己愛にひっかかった人は、
人生壊されてしまい、家で引きこもりのようです。
あの人、狂ったのよーってうれしそうに言ってました。

早く、逃げないと怖いです。
人によって態度を豹変する。敵意剥き出しにする相手を作る。自分の能力を過剰に訴える・・・。
近くにいるととにかく疲れます。ターゲットにされたら心労に苦しみます。
とにかく自分のことしか頭にない。相手への思い遣りとか、気持ちを推測する能力を持たない。
相手の変なところが皆の知るところとなるまでに10年かかりました。
一人をターゲットにし、苛めぬきますので、二人目三人目のターゲットが出てくると、周囲の人が気がつき出します。
そのうち、居場所がなくなり退職しますが、それまでに10年はかかります。
職場に自己愛の非常に強い人がいます。トピ主さまの仰るとおり、

・一見、明るく爽やかな人柄にみえるため、第一印象だけは良い
・人の都合などお構いなしに、好きなときに話しかけ、自分が満足するまで話し続ける
・反論されると逆上し、自分が正しいと認められるまで相手を執拗に攻撃する
・仕事上の自分のミスを他人の責任にする
・人前で相手を徹底的に罵倒し、仕事を回さないなど、孤立させようとする
・自分が不快に思う他人の行動には非常に敏感だが、自分が他人に迷惑をかけることを何とも思わない。
・上司から頼まれた仕事をせずに文句だけ言う。人の仕事には文句だけつける。
・加害者なのに被害者面

などなど・・・書ききれないです。
さて、この性格の人は他人に好かれること、に関しては天才です。ですので、普通のシチュエーションでは、一部の人にしか気づかれません。長くつきあい、利害が絡むと化けの皮がはがれるものの、ほとんどの人は表面の魅力的なところしか見えないからです。
数年前に縁を切った友人兼元同僚がまさにすべて当てはまる自己愛だと最近わかり、あまりの一致っぷりに感動すらしています。そしてみなさまの体験談が本当に身に染み涙がとまらず、自分も過去のつらかったときが思い出されてきます。

自己愛の口先の自己称賛を私はそのまま受け取り、彼女を賛辞して、まるで奴隷のような扱いを何年にもわたりされてきました。彼女の手口は「Aさんがあなたを嫌っている。私はあなたが大切だからAさんにあなたのフォローをしてあげた」を周囲の人間すべてにそれぞれ工作し、人間関係をすべて分断して自分中心のコミュニティーを作ることに成功。

また彼女が会社で一番下だったのですが、ここ7年ぐらい、彼女の下に配属された部下は全員精神の病を抱え退職。

これはあとでわかったことですが、新入社員には「上司のBはあなたがあまりにも仕事ができないから首にしようといつもあなたがいないときに言っているから私はあなたの頑張りを知ってるから食い止めている」と虚偽を伝え、新入社員を自分に依存させたうえで上司には新入社員が仕事ができなくてすべて自分がフォローしてると虚偽報告。
ときに、打ち合せの時間を新入社員に嘘ついて、みんなの前でだめさをアピールする画策をしたり。
自分の味方だと思っていた新入社員は自己愛の本性を知り、みな心を壊しやめていったようです。
友人がタゲられていたのが自己愛だったと思う。
自分も知っている人だが、その自己愛は元々回りに自分の人生を大げさに言ったりしてた。例えば 「今日は帰りに虎と戦った」(実際は野良猫追い払ったぐらい)な感じで。面白い事を言う人だなぐらいに思っていて流していたためか、なんだかは分からなかったがこちらには今まで実害は無かった。

問題はターゲットになった友人。
思わせぶりな態度をしつつ「あなただから秘密を打ち明ける」だの「他のには言わないで」と外堀を埋めつつ、他の友人の悪口をじわじわと言って共犯者的な雰囲気に持ち込み、周囲に相談しにくい状況を作って孤立させ自分のすばらしさをアピールしつつ、こんなにすばらしい自分に仕えられるのは幸せだと思わせ数年にわたって物質的にも精神的にも搾取してきていたようだった。
離れようとすれば人格攻撃、いいわけは二転三転、上から目線での自己正当化と非常に大変だったらしい。

友人は引っ越しを機になんとか振り切ったそうだが、精神的にはだいぶ参ってしまっている。
タゲられ方はマニュアル通り
最初に親切にしてかごの鳥にして他の人間に嘘ついて孤立させられたり
(この人しか信じられる人はいないというふうに洗脳される)
勝手にお金使われたり
他の人間のいない所で執拗に苛めたり(暴力はわざと振るわない)
性的な嫌がらせとかストーカーに近いような事とか
全員に共通してるのは親とか周りからみたら隙のない優等生ね
周りの言いなりになってちゃんと自我を作って来なかったのばっかり
状況としては、15人ぐらいが集まった場所で、お互い殆ど初対面という状態です。
その道のプロAさん、自己愛性っぽいBさん(その道の知識は中の上ぐらい?)、初心者のその他大勢。
Aさんが、Bさんの持っている知識が間違っていると指摘すると、
Bさんは「あなたの方こそ間違っている」と主張。
しかし間違っていると繰り返すのみで、具体的にどのように間違っているかは言わない。
Aさんが「あなたの言いたいことはこういうことですか?」と聞き返すと
Bさんは「そんなことはいちいち言わなくても理解できるだろう」という返答。
Bさんの曖昧な反撃に対して、Aさんが具体的に聞き直して、Bさんがそれに憤慨するという構図。
疲れたAさんが言い間違いをすると、そこを攻撃。
いつの間にか、Bさんの人格およびキャリアを否定したAさんは悪い、ということになっている。
Bさんは正しい、とAさんが言うまでループ。
(Bさんは、Bさんが正しいとは自分では言わない。Aさんが間違っていると言うのみ)
大多数の初心者は、Bさんのボキャブラリーの豊富さと、口調の激しさに圧倒されている。
Aさんの先輩のCさんが助け舟を出して、その場は終了。
Bさんはまだ鼻息荒い感じでしたが・・・。
その後は、Bさん独自の理論を初心者さんたちに披露して、得意げでした。
(実はそれほどの理論ではないのですが。)
年配のおじさんが頑固に持論を曲げないのとは、違うんですよ。
ニュアンス伝わってますかねぇ・・・。


夫婦のモラハラ


口をきかない。
通り過ぎるときに必要以上に大きなため息をつく。
氷のような冷たい視線を投げてくる。
家庭内仲間はずれ。
わざと大きな音でドアを閉めたり、物を置いたりする。
子供はかわいいので今まで以上に必要以上の子供の世話をやく。
(俺は仕事から帰ってきて疲れてるのに子供の世話をしてお前はテレビをみてるだけじゃないかとあとで攻める材料の確保)
無視。
女房の場合、冷たく感情的にならずにジクジクと長時間にわたり些細なことを指摘して言い続けます。それが仕事か帰って寝るときや、休日の朝や寝る前。毎回、私の仕事、サラリー、容姿、親戚、癖、親の生い立ち。など繰り返し長い時間非難します。
だから一過性の喧嘩とは違い、対象である私に毎日毎日同じことで罵倒します。
自分がモラハラの自覚もありません。
モラハラは精神障害だから治りません。
奴は私の前で笑わなくなって10年以上 たちます。

モラルハラスメントについて質問です。



・他人(特にタゲ)のプライバシーに関することを総て把握しなきゃ気が済まない
・相手の服装だったり、行動だったり、趣味趣向など些細なことにもケチを付け、一々見下したり勝とうとする
・タゲの行動や言動に対する記憶力が異常に優れている
・タゲの日常を知る為なら平気で一線を超えてきます。ネット検索、敵状視察大好き・「私が守る」「お前の為」「責任」という言葉を軽々しく使います。
・大した事ないセンスで他人の服装にケチつける


万能感を持ってるようにみえる、見せかけてるけども
タゲ対自己愛で1人きりになった時、
どんなに攻撃してもタゲがブレない自分を見せた時
攻撃してタゲの印象を悪くしても、何かの拍子でタゲの印象、
評価が依然として高かった現実を見せつけられた時すごく不安定になる。


■自分が出来ない事を相手が出来てしまい、大勢の前でそれが証明されてしまった時。


自己愛より格段に優れていて、自己愛の劣等感を刺激してしまう存在だから、タゲにされ、嫌がらせ、つきまとわれ、監視される


タゲのコンプレックスを刺激する出来事が起きたつもりが、
その出来事をタゲが自然にスルーしたら、そこを僻む。
タゲにはコンプレックス他、足枷がついた抑圧された状態に居させないととにかく僻む。


タゲのコンプレックスを刺激する出来事が起きたら自己愛って凄く喜ぶよね
フフフとか言って満面の笑みで笑ってやがる









2012/02/21 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
[ 自己愛体験談 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「職場のモラハラ体験談 自己愛性人格者とターゲットにされるきっかけ」へのコメント


お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「職場のモラハラ体験談 自己愛性人格者とターゲットにされるきっかけ」にトラックバックする

職場のモラハラ体験談 自己愛性人格者とターゲットにされるきっかけへのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/?overture" target="_new" target="_blank">スポンサーサイト<a><a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-107.html" target="_blank">職場のモラハラ体験談 自己愛性人格者とターゲットにされるきっかけ<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。