※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

身近な一人を見下し周囲を巻き込んでいじめる

 [ 自己愛体験談
●賞賛を求め、自分が優れた人間だと感じたいがために、他人に対する評価を貶める。自分の優越感を支えるために、絶えず身近な弱い人を否定しつづけ、組織の中にスケープゴートを作りたがる。



身近な一人をターゲットにし、それ以外にはいい人を装う


・所属しているグループにつきその中で1人だけターゲットを決め、タゲ以外には仮のいい人、話好きなおもしろい人で通っていてタゲにだけ陰湿な本性を見せ徹底的に精神を潰す。
・タゲにされるのは、自己愛よりも何か光る優れた所がある人、タゲの登場で自己愛の立場を脅かす人。
・自己愛は近視眼的なのでたまたま運悪く近くにいた人


ターゲットと取り巻きをはっきり分けていて、
取り巻きの前とターゲットの前では全く違う面を見せる。
だから、第三者にはわかりずらいし、だまされる。
特定の人間だけがターゲットになるからわかりにくい。
また、こういう自己愛に限って対人操作もうまいし、嘘もうまい。
その嘘を、本当だと思い込んでいる。


若いころは自己愛全開だけど徐々にそれでは
やっていけないことに気づいて、いびる対象を1人に絞る
大抵の場合孤立させやすい友だちの少ないおとなしい人
それ以外の人では良い人ぶってるので
助けを求めてもあなたに原因があるんじゃないのと言われてしまう


皮肉や嫌味・噂話を利用してじわじわタゲを弱らせる。
一見親切心を装っているからなかなか気付きづらい。
でも何かがおかしい?って気づいて周囲の人間にいっても
逆に自分の方がおかしいと責め立てられる。
そしてもう自分はこの場に必要がないのだと退職願をだすと
全力で引き止められる。精神は混乱して崩壊した。


第1段階→100%作り笑顔、愛想笑い、ゴマスリ、必死でいい人ぶってみせる。
第2段階→自分が加害者のくせに、被害者ぶって同情をかうと同時に取り巻き作り
第3段階→取り巻きと一緒にタゲに攻撃
一生これの繰り返し。


最初は親切(支配 or 利用)


機能不全家庭で育ったためにガードが高く防衛心が強く、その結果とてもさびしい彼らは、孤独から逃れるために、自分をおびやかさない相手を見つけると、その相手にしがみつきます。それは自分より弱い人であったり、自分に頼ってきたり、自分の世話を必要とする人です。そういう相手を、自分から離れられなくなるようにコントロールしていきます。

相手にベタベタとまとわりつき、サービスしたり、世話をしたりつくしたりして、一見「親密」な関係をつくろうとします。けれども、それは本当の親密さや本当の愛情ではなく、自分のそばから離れないペットに仕立てあげようという「支配欲」なのです。
始めは優れている人間を利用しようとして親しげに近づいて仲良くなり
人が見ていないところで嫌味を言ったり嫌がらせをしてくる。
そして相手が我慢をしているとエスカレートし、相手にやり返されると
周囲の人に「傷つけられた」て訴え同情を買いタゲの人望を貶めていく。
気がついた時にはタゲは人間関係も人格も破壊されていく。
知り合って間もない頃、思いやりのある振り、優しい振り、共感能力のある振り、などの演技力に優れている。
後で化けの皮が剥がれても、(私が悪いのかな?だってこの人は良い人のはずだし…。もっと努力したら元に戻ってくれるかな?)と思ってしまう。
でも、元には戻らない。
だって、後に「別人のよう」になった方が「本当のその人」なのだから。
それまでのが気合の入った演技。

弱みを突いてダメ人間のレッテルを貼る


普通の会話してたはずなのに、いつの間にか、こちらが病んだ人で
自己愛はそれを救おうとして演説する偉い人 みたいになってる
自己愛はとかく自分を脅かしてきそう
(勝手に妬ましく思ったり、屈辱感を感じさせられたり)な相手を、
「早く、早くこいつを不幸認定しなきゃ。
なんかトラウマから歪んでる、病んだ弱い脇役人間にしなきゃ」と思ってるね。
自己愛より聡明な同性や、はからずも自己愛の痛いところを突いてしまった人、
自己愛に拒否反応示した人らは皆、自己愛に精神不安定と鑑定wされてた。
勝手にレッテルを貼って、それにしたがった捏造の悪口。
なので、対象者がレッテルに反する動きをすることが大嫌い。
無理に陥れてでも、レッテル通りの人間に仕立て上げる。
自己愛によるタゲへの「決め付け」行為は、
見下し+そうであって欲しいという願望から成り立っている

恩を着せたり上の立場を強調


親だぞ!!  歳上だぞ!!  上司に向かって!! 客に向かって!!
自分の知っている自己愛は
ギブ アンド テイク という言葉をよく使っていた
相手に何かをしてあげたのだから、私にひれ伏すのが当然という意味で使っていた
何か恩を売って、相手をひれ伏せさせる
ひれ伏さないと大騒ぎをして暴れる
なんと「○○(事情)を許してやってるのに」
恩着せがましく偉そうに脅し文句のように言うではありませんか。
ハンディを感じてたら黙ってしまう台詞です。私にはハア?でしたが。
この為に不幸な女に仕立てておきたかったのか・・・でしたよ。
隙ある人に自分をねじ込んで恩を売る
1つの恩でそいつの一生をたかる真似をする
「俺はこれだけのことをしてやったのに!」「恩を仇で返された!」
「お前は最低の人間だ」「人の好意を裏切るのか!」

疑心暗鬼にさせ孤立させる


私を孤立させるために嘘をつく知人がいます。「あなたはみんなに嫌われてる」
とか私に直接言って、仲間から遠ざけようとします。モラルハラスメントの本を
読んだら、私が落ちこまないでいるとさらに加害者はさらに怒りと憎しみを増す、
と書いてありました。
タゲを攻撃する時も、直接悪口って あまり言わないんだよな
「誰と誰が お前の事 こう言ってたよ」
あくまで周りがタゲを否定してる、そのアピールが凄い!
その手口にタゲが まんまとハマって落ち込んでる姿が快感らしい
人が誰かと話してると必ず言っていいほど邪魔してくる。
相手にわざと話しかけて私にしゃべらせないようにするとか
むすっとした顔をして雰囲気悪くさせて帰らせるとか
ひどい時なんてその相手を怒鳴って追い出す時もある。
「周りのみんなが言ってるんだからお前は変だ、認めて変われ」
「いい加減、現実認めて自分が変だって認めろ」
「そうやって現実から逃げてるんだよ、よーく考えてみろ」
「価値観とかの問題じゃない、そこが周りに変だって言われる理由だ」
「みんなお前の方がおかしいって言ってる」
「お前が友達だと思ってる奴はお前のことを友達だと思って居ない」


イヤミを言う、何を言っても馬鹿にする


冗談っぽく、何となくいやだな~って言葉を楽しそうに繰り返されたりしてない?
悪趣味な冗談を明るい笑顔で繰り返されてない?
たいしたことじゃないのに、小さな失敗を遠まわしに冷たい態度で責められたりしてない?
「お前のこういうところが嫌なんだ。」って吐き捨てるように言われてない?
毎日私のことを下に見て馬鹿にして、お前はダメなやつだと言われて来ました
(実際は言われてませんが、そんな気分にさせられた)
比較して、見下すようなことする。
100円均一で買うなんてとか○○で外食するなんて・・・とか
なにかの会話に交えて見下しや嫌味言ってくるんだよ。
分かる分かる。会社の同僚が愛妻弁当を持ってきてるんだけど、
「男ならそんなもん食ってんじゃねぇよ、だからお前は仕事が出来ねぇんだよ」だって。
もう自己愛の思考が訳わからん。同僚は、おとなしい性格だから格好の餌食。

食い物の好みにケチをつけることから始まり、家での生活習慣や休日の過ごし方、
学生時代のこと、どんな保険に入っているか、親の年収に出身地などを根掘り葉掘り聞いてくる。
当たり障りのない範囲で答えているけど、それらに対していちいちケチをつけてくる
対抗意識を丸出しにして「自分よりも劣っている」と決めつけるための材料を常に探し続け、回答が自己愛を満足させるようなものでないと逆恨み。
自己中ってみんな脳ミソ同じ形なのかな?同じ感じだよ。
とにかく、何もかも否定。しかも、頭ごなしで見下した様な言い方。
自己愛ってターゲットの自己主張を絶対に許さないよね
例えばターゲットが自己愛がいる中で友達の前で何か発言すると
別に普通の発言なのにすごいあからさまに軽蔑した眼で見てきたり、
皮肉ったり、嫌味を言ったり、単なる言い間違いを取り立てて傷つけたり

それでかわいそうにターゲットは自己愛に傷つけられたくないの一心で
友達の中でもその中に自己愛がいる時は無口になってしまう。それが狙い。
なんの罪も無いのに・・・
ターゲットがお洒落してきた日には嫌味を連発、
これもターゲットの自己主張だからだ。髪の毛を切っただけでも嫌味。
ターゲットの自由を徹底的に束縛し抑圧する。自己愛にとってそれが至福の時なのだ。
タゲが主張する事自体生意気で許されないことって意識があるね。
はなから見下していて何を言われようと否定するだけだから会話にはならない。
まーた馬鹿が意味の解らない事いってるよ(ニヤニヤ)って態度で
もう内容すら聞いてない。
いった事をただ頭ごなしに否定して自尊心傷つけてやれ、としか思ってない。

趣味や大切なモノを馬鹿にする


モラハラ加害者は卑劣なことに、時に被害者の趣味や好きな物をけなし、
馬鹿にして、被害者から趣味をも奪おうとします。
人の趣味にケチつけるよね。てか、全否定。
タゲの趣味・嗜好を全面的に否定して、凹ませようとするね。
そして、その趣味とかが周りから評価され始めると、嫌味やあてつけが激しくなる。
対象を知ってて嫌いと言うならまだわかるけど
知りもしないくせにこき下ろすんだよね
それも「そんなものを好きな奴は~」と人格否定とセット
そのくせ最悪の場合後になって知らん顔で真似していたりもする

楽しい話に嫌味、悩みに説教、弱っていると寄ってくる


日常的に友達と遊んだ話とかしても、皮肉や嫌味を言うだけで
「何でそんなこと言われなくちゃいけないの?」てな反応が多かった。
他人の楽しみに共感したり、軽く聞き流すことができないみたい。
人との話題を膨らませようとするより、膨らんでる風船を
自分の一言で割るのが快感、みたいなところがあったね。
タゲが幸福な顔をしていることが自己愛の不幸。
自分が無いから幸福の基準も人に左右されて揺れ動く。
逆に辛い目にあって目に見えて落ち込んでる人に
目キラキラさせて心底嬉しそうに弾んだ声で
ねえ何があったの、話しなよ、いいからほら!ってしつこく粘着してる。
ほっといてください、っていってもなんで?いいじゃん。教えろよ。って益々嬉しそう。
うっかり話そうものならそういう時以外絶対に見せない満面の笑みで
不幸な目に遭ったお前が悪いだのざまーみろだの傷口広げて、
苦しんでる反応見て益々上機嫌になってたりする。
>セカンド・アビューズ好き
確かにそうですね。
困ってる事、悩み事があって相談したのに、「お前の方が悪い」と
逆に責められ、相談しなきゃ良かったと後悔したことがたくさんありました。


やめてと頼んでも嫌がらせをやめないし謝らない


イジメレベルのイジリをしておいて相手が怒ると
「それぐらい慣れろ」だってさ。
絶対に謝らないよね
酷いことされて怒ってるのに根に持つとか言ってくる
おまえにされた嫌なことが一つくらいならここまでむかつかないが
数々の嫌なこと、しかも全部絶対謝らずこちらが悪いと言うことにむかついてんだ
第三者には判らない手段で、言葉の暴力を使いダメージを与え
目の前から消えていく姿を願っているのです。
さらに、我に返るとそれが発覚する事を恐れ、急にターゲットのご機嫌を
とり始めたり、周りの人間達に「私は、敢えて嫌われ者を演じている」とか、
「あいつは、本当にできが悪いから思いやりから言ったのだ」。とか吹聴するのです。
例えば、自己愛がひどいことを言うのでそろそろいい加減にして、と私が言うと
「そんなつもりじゃなかったのに、こんな嫌なこと言われたの。どう思う?」と周りに言う
(こういう目に何度も遭ったので、第三者のいないところでは話さないようになった)
速攻で、その場を逃げたら今度は、「すごい失礼な態度をとられたの、どう思う?」って周りに言いまくり
それを聞いた、事情を知らない男に「失礼なやつだ」と言われる・・・・・。
いやな事されたり、酷いことを言われれば、腹が立ったり、悲しくなったり、怖くなったり、嫌味と取るのは、普通の人間なら当然のこと。
自己愛たちが「そんな風に受け取るほうがおかしい」とやってくるのは、常套手段。散々苛めておいて「気にするほうが悪い」とやる。
周りにもそういわせるように固めていくので、被害を知らない人達からも「聞き流しておけばいいのに」「相手にしなければいいのにといわれ、二次被害三次被害を受け、周囲のことも信用できずに、孤立したりして、自滅するハメに。
我慢しつづけて我慢しつづけて、病気にでもなれば、「そんなに嫌だったんなら言えばいいのに」と言ってくる。どっちにしても、悪く言ってくる。

二次被害(セカンド・アビューズ)


この人、へん。と思ってからが、つらかったですね。
第三者に「うまくやれないのはあなたの努力が足りない」とか
「あなたたちは合わないだけ」など、無理解な言葉を言われて、
そっちのほうが悲しかったです。
『人を恨んだら自分がミジメになるだけだよ。もう忘れなさい。』
『あなたにも原因があったんだと思うよ。相手だけが悪いなんてことはないよ。』
『私なら嫌なことがあったら口に出さないようにして忘れちゃう。
 口に出せるのは“不幸な自分に酔ってる”からじゃないの?』
周囲の人に相談しようと思っても、
「被害妄想じゃないか」「君の努力が足りないのでは」
と言われそうで相談できません。辛いです。
そう言われそうなくらい微妙なんだよね、実害が
でもしつこくしつこく繰り返されるからたまらない
他人の目からはそれとわからないようにダメージを与え続けるし、
ミスを導いて嵌めるなんて巧妙なことをいとも簡単にするんだよね
そんなことを聞かされてすぐに理解できる人間はそうはいない
その相手があまりにも周囲の人の前ではすごく好印象な人間像を作り上げて
しまっているから、2人だけの時に起こった様々な不快な出来事をうかつに人に話すと、
かえって自分が異常みたいに見られる。
そして、私がその相手との共通の友人に話しても、たぶん、相手のほうが先
に私に対する悪いイメージを刷り込んで、自分が被害者のように振舞っているから、
結局、下手に相手のことを悪く言って、報復されるよりも黙っていたほうがいいような気持ちにさせられる。
猜疑心も強くなったと思う。
対人恐怖っていうか、「この人も相手から聞いた私の悪いイメージで
私のこと見てるのかな?」とか。
そんなんだから気楽にしゃべれなくなった。

みんなの前で挑発し怒らせようとする


・タゲに悪意丸出しの質問をよくする
・相手を煽ったり、凝視したりして様子の変化を伺う
さんざん嫌がらせをする。相手が「いいかげんにしろ」と
怒鳴ったところで、怒鳴るのはよくない、と説教したり、
「あの人は切れやすいから注意したほうがいい」とか噂を流される。
怒りの感情をあらわにする状態は、彼らのレベルに落ちているので、
自己愛はよろこぶ。
タゲは悪口を言われている被害者なのに、
自己愛にたまらずに言い返すと悪口を言ったと批判される。
黙っているとあること無いこと言いふらされるけど言い返すと悪者にされる。
自己愛は何故か取り巻きを作るのは得意だからタゲに集団で嫌がらせする。
ただし、自己愛は自分が正しいと思っているからその自覚は無い。
善良な市民は他者の良い点を探して生きていく。
対して、彼らは他者のいやなところ、劣る点を探して(作り出して)生きる。
温厚な人がいれば、堪忍袋の緒が切れ「いい加減にしろ」と怒鳴るまで
しつこくいやがらせをする。「あの人は怒りっぽい」と言いふらし、
自分より優れているわけがない、と思いこむことで、
心のもやもやを解消しているのです。

思い通りにならないと罵声(自己愛憤怒)


ターゲットには、威圧的に自分の身勝手な主張を強要する。
もし、逆らったりしたら、「あ゛あ゛っ?なんだと!!」と自己愛憤怒が爆発し、
話が長くなるので、結局要求を飲んでしまう。
暴言を吐くときはDV男が暴力振るうときと同じ目の色になる。
自分より弱い人間を罵るとき気持ち良くてストレスの発散をしてるんだなと思う。
なぜ、こんな些細なことで怒るのか?
なぜ、そんなにまで罵倒されたり無視されたりするのか?
理性で考えても分かりませんよね。
しかし身体が覚えるのは、服従しないとさらに嫌な思いをすると言うことです。だから、“我慢”することになりがちです。つまり、理不尽なことを押しつけることが服従を押しつけるポイントなんです。

長時間のお説教


自己愛の気分を害したらしい途端に、
こっちの状況や過去や出来事を、探るような遠回しな質問をし始めた、
素直に答えていると、だからだめなんだとダメだししてくる
このダメだしは、分厚い“親切の仮面”を被っているので、
親切として受け取らなきゃいけない気がして嫌がるそぶりを
出さないでいるんだけど、
実質、ものすごい失礼な侮辱をされてただけだった
だらだらと何が言いたいのか分からない説教で、
頭がぼ~っとしはじめたところに、否定する為の質問をしてくる。
『違う!』『そうじゃない!』←このセリフを見せ場のように、芝居臭い感じで吐く。
表情も芝居臭くて、たっぷり『溜めた』後、第2幕の説教が始まる。
何でもいいんだろうなぁ。説教したり、上から目線で話せれば
オナニー感覚で相手を利用するからな
タゲに対して意味の無い説教をしたり嫌みを言ったり
陥れる為に他人を取り巻いて根回したり刷り込んだり
全て自分だけが気持ち良くなりたいから
恐らく、自己愛性にとっては、欠点の指摘のつもりなんだろうが、
・ピントはずれに自己愛本人は気づいてない。
・自己愛好みの人間にしようとしているだけ。
結果として、ターゲットの孤立化・ストレス発散のための激しい攻撃になって
ターゲットを社会的につぶしてしまう。

しかし、自己愛本人は、憎まれたり、周囲から顰蹙をかわないように言い訳として、
「あなたのために」という言葉を使って周囲の人間を丸め込む。
本人は、「善意」の振りというより最悪の場合は、本当にそう思い込んでいる。

矛盾する説教(ダブル・バインド)


何かいえば「何だその言い方は」黙っていれば「なんとか言ってみろ口もきけないのかお前は」
下を向けば「ヒトと話すときは目を見るもんだろ」目を合わせて話をきいてたら「なんだその反抗的な目つきは」
結局、何をしても、しなくても、徹底的に怒られるのです。
「自主的に動け」と言ったかと思うと「勝手にするな」と言い、「きちんと謝れ」と言ったかと思うと、すぐ謝った場合には「すぐに謝るな」と言います。被害者が黙って聞いているとその姿勢を突き、反論するとまた、その姿勢を突くのです。
また、被害者が毅然とした態度でいると加害者は怒り出しますが、硬直し萎縮していても加害者のイライラは増長されます。
笑えば「ふざけるな」、黙れば「なんだその不満げな顔は」
つまり、条件をあいまいにしておくことで、結局全ての行動を罰することができる。要は、徹底的に罰を与えて反抗する気を喪失させることが真の目的であり、その最終目標は、自分の思うとおりに動くロボットを作ることなのである。
統合失調症を作りやすいダブルバインド
1,言うことを聞かないと罰が来ます。
2,理不尽だと反抗すると、異議申し立てを禁じられます。
3,そして、逃げることができませんから、あきらめて学習生無力症になるか、表だって反抗することもない複雑なAC(アダプティッドチャイルド)の性格が形成されていきます。

実際、私も、強烈なパワハラ上司からダブルバインド攻撃にあい続けたあるとき「自分の行動が自分のものではないような操られ感」を実感したことがありました。「あぁ、これがあの統合失調症の前駆症状と言われる“妙な操られ感”か」と思ったものです。自分の気持ちを抑圧し、自分の思いで行動することができず、ダブルバインドの使い手の操り人形(ロボット)となってしまうので、「妙な操られ感」や「自分が自分でない感じ」、「乖離感」を感じるようになります。自己の統合性が失われていくのですね。

コミュニケーションを拒否し、態度で拒絶する


加害者は、はっきりとした言葉ではなく、雰囲気や態度によって「私はあなたを認めていない」というメッセージをほのめかします。深いため息、軽蔑したまなざし、硬い表情、力の入った肩、視線をそらす、無視をする、どうとでもとれる言い方などで、少しずつ、でも確実に相手を傷つけていくのです。
通路ですれ違うとき、汚物を見るように大きく迂回する。
エレベータに同乗すれば壁に後ろ向きにへばりつく。
朝のお茶は、私だけ遠くの手が届かない場所に出す。
もちろん、挨拶は一切返さない。
些細なことに異常な怒りを顕にする・・・正直、その顔付き、恐ろしかった。

仕事の邪魔をする


自己愛って自分より仕事ができる奴がいると、潰しにかかるよな
潰せないとわかると、上司に有能な奴の成果が見えなくなるよう工作する
職場の場合、最も困るのは、情報を制限されることです。
そのため、きちんと目的にあった仕事ができません。
それを何度言ってもわかってくれません。
私は中途半端な仕事しかできないような劣等感を植え付けられています。
タゲの地位を下げるための工作に余念がない。
タゲが仕事出来ないと周りに印象操作するよね。
うちの自己愛婆も、相手限定、で妨害する。
関係ないくせに口挟んで、本人は指導してやってるつもりらしい。
その通りにやり、業務が停滞したらどうなるかというと、
こっちに責任転嫁できるような巧妙な言い方するからホント始末悪い。
こっちが困るよう仕向けるの得意。それを、周りが気が付かないところでやる。

ミスするように仕向ける


人の失敗が大好きで見つけた時の顔は、かなり興奮気味。とにかく騒ぎたて、まず、いかに大変な事をしたかを(実際はたいした事はない)周りにアピールしはじめる。
周りは、『そんな事より、とにかくフォロー』に入るが、自己愛が1人で騒ぎ、ややこしくする。
処理が終わり、改めて仕事に戻っても、自己愛だけは、失敗した人に張り付きネチネチと責め立てる。
自己愛は相手のミスを今後起こさない為に教えるのが目的ではなく、
上に立って物を言う自分に酔う、それを人に見てもらうのが目的だからね。
ミスを見つけた時の高揚した表情、重箱の隅を穴があくほどつついたあら探し。
仕事の途中と言う事を完全に無視して気済むまで喋り続け、そのネタをしつこく繰り返す。
自分のことを棚にあげてほかの人のミスを騒ぎ立てる。
自分は完璧に仕事ができるのに、一緒に仕事をするやつらが無能だと思っている。
自分のミスはウヤムヤに
タゲのミスは針小棒大に

説教するために監視












・密かにあなたの価値を引き下げ、自信を無くすような事を言いますか?
・あなたが期待に添わなかったという事で、罪悪感を感じさせようとしますか?
・その人といると、自分が存在しないかのような気分になる事はありますか?
・言う事に全て同意しなければいけないような気分になりますか?・あなたが自分の事を話すと、話はすぐに自分の似たような経験話にすり替えられて、
その事があなたに今起きている事よりも重要であると思っているようですか?



・罪悪感を感じますか?
・自己嫌悪がありますか?

もし上のチェック・リストにほとんど当てはまるようでしたら、
『モラル・ハラスメント』と『平気で嘘をつく人たち』を読む事をお勧めします。
目から鱗が落ちる体験になるでしょう。


「引き立て役を用意することで、自分を引き立てようとする」
「”監視”の立場をとり、ターゲットの尊厳、命、健康を踏みにじる」
「第三者を利用して嫌がらせを重ねる」
「裏からトラブルの種をまきながら、知らん顔で高みの見物をきめこむ」
「正体がバレそうになると、突然、生き方指南のようなものを口にして自分優位のままに煙に巻く」


自己愛のやつって、あいつは使えないが口癖
タゲを人間扱いしてない証拠



・他人(特にタゲ)のプライバシーに関することを総て把握しなきゃ気が済まない
・タゲの行動や言動に対する記憶力が異常に優れている
・タゲの日常を知る為なら平気で一線を超えてきます。
・タゲの真実を暴くためなら平気でストーカーをする
・タゲの名前を定期的にネットで検索している
・白々しくタゲには興味がない素振りをする

・勝手にタゲを警戒する
・一人でよく相手が目をそらしたら勝ちゲームをしている
・大した事ないセンスで他人の服装にケチつける
・相手の服装だったり、行動だったり、趣味趣向など些細なことにもケチを付け、一々見下したり勝とうとする
・気に入らないことをすぐさま「しつこい」認定する
・ピンチになると全力でか弱い自分を好演する
・タゲが楽しそうに話してるとカーッとなり何かしらのアクションを起こす
・ターゲットが自己愛に攻撃され、肩書がなくなるくらい落ちぶれていても、タゲが笑顔でいるだけで自己愛にとってはストレスに感じるようだ。

・タゲに悪意丸出しの質問をよくする
・相手を煽ったり、凝視したりして様子の変化を伺う
・自分が嫌なことされたらさらに研究してタゲ(弱者)にやり返す
・タゲを蹴落とすためなら平気で悪口や前評判下げにでる
・タゲの悪口を言う際、まず相手の出方を伺う〈例〉タゲのことどう思う?
・第三者と会話していると見せかけてタゲに精神的ダメージを与える
・タゲへの憶測が凄まじいあまり勝手に何かをコンプレックス認定する
・タゲの発言や行動が憶測と食い違うと質問攻めやストーカーに取っ掛かる
・タゲが何かする度にその開始年月を異常に気にする

・タゲを手のひらで転がしてないと不安で仕方がない
・タゲに対して激しく疑い深い
・タゲの人間関係制限にかかる
・タゲの異性&友人関係の包囲網をする
・タゲを蹴落とすために話を改ざんし、ややこしくする

・やたらタゲに対して心配そうな顔を披露する
・タゲを完全に騙せてるもんだと思っている
・タゲには定期的な贈り物とお世辞を献上すれば今までの悪行を全て帳消しにできると思っている
・何故か「タゲに愛されてる自分」を信じて疑わない


関心がない話題を振られても興味が無いのでとりあえず全否定する。
関心がないものに拘る人間はくだらないのでとりあえず全否定する。
タゲに対してはこの全否定を「お説教」と称して定期的に行うことで、
自分の優位性を再確認しているようだ。
お説教は、個室に連れ込んでネチネチやるタイプと衆人の場で怒鳴りつけて
晒し者にするタイプにわかれる。
本当は自分に自信がない、劣等感の強い自己愛は前者を、
自信などないが、自分を騙しきっている自己愛は後者を好む。


孤立させられ、いかにお前がダメな人間なのか、コミュ障なのか、などと
人格否定をされるなど精神が徐々に破壊されて行きました。



毎日私のことを下に見て馬鹿にして、お前はダメなやつだと言われて来ました
(実際は言われてませんが、そんな気分にさせられた)




万能感を持ってるようにみえる、見せかけてるけども
タゲ対自己愛で1人きりになった時、
どんなに攻撃してもタゲがブレない自分を見せた時
攻撃してタゲの印象を悪くしても、何かの拍子でタゲの印象、評価が
依然として高かった現実を見せつけられた時すごく不安定になる。


■自分が出来ない事を相手が出来てしまい、大勢の前でそれが証明されてしまった時。


自己愛より格段に優れていて、自己愛の劣等感を刺激してしまう存在だから、タゲにされ、嫌がらせ、つきまとわれ、監視される





タゲのコンプレックスを刺激する出来事が起きたつもりが、
その出来事をタゲが自然にスルーしたら、そこを僻む。
タゲにはコンプレックス他、足枷がついた抑圧された状態に居させないととにかく僻む。




私は加害者にとって同性のターゲットで、多分「消そう」と思われてたと思う。
一番怖かったのは、肉体的に疲れた時や精神的に参った時に、
わざわざ近づいてきて「しげしげと興味深く観察」するような目で
じーっと見つめられたこと。
多分内心嬉々としてるとは思うんだけど、
明るい喜びではないから内攻するのか、目は暗く確かに濁った感じ。
表現しにくいけど。



今日も自己愛と仕事。
今日は何回お客様の前で、他のスタッフの前で、声張り上げて怒鳴られたり、
くどくどしつこいくらい言われたり、私が物凄い出来ない人間のように言われるがまま、
反発も出来ず、屈辱を味わされるんだろう…
辞めない限り、ずっと続くと思うと、かなり鬱。つか、もう現時点で相当参ってる。



自己愛って、カメレオンみたいだよね。
都合がいいと顔色を変えて愛想をふるまうが目は鋭いまま、都合が悪いと
顔色を変えてすぐ怒る。細い目でタゲを探してノソノソとさまよって、
長い舌で捕らえてしつこく咀嚼する。


自己愛の人はタゲった相手に罪悪感を持たせようとする事も多い、
上手いこと相手が罪悪感に囚われてくれたらコントロールしやすくなるから。
結局は対人操作をしやすくする為なんだが、決まり文句は
「〇〇さんに申し訳無いと思わないの?!」
「そんな真似してんのはアンタだけよ、恥ずかしいわね!」
と、自尊心を壊しにかかるのが常套手段か。










俺様のブライドを立てて行動しろ、有益な情報はまず俺様に集めろ、
手柄は全て俺様のもんだ、という無言のメッセージを発してタゲに近づく。
んでタゲが、ハァ?なんでそんなことせなアカンの?アタマおかしいんかぃ?
という態度に出たとき、つまり不合格になるとタゲとして攻撃を開始する。
この攻撃が、タゲを屈服させたいのか、追い出したいのかはよくわからないのだが、
全く手段を選ばない。
でタゲが精神的に参ってるのを見て、最近どうしたの?元気ないね、
と満面の笑みを浮かべる。




嫌な事をNOといえるようになるとタゲられない。というのは、あまり関係がないと思うよ。
自己愛は劣等感の塊なんだけど、タゲられるのは何らかの個性を持つ人が多い。
特に自己愛が手を伸ばしても決して手に入れる事が出来ない物を持つ人。
若しくは単純に子どもの脳とさほど変わらないから、欲しいのに手に入らない、
自分の物にしたいのに振り向いてくれずに離れてしまう人がタゲられる。
手に入らないから癇癪を起こして物のように壊して悦に浸るわけ。
人と物との区別がないから罪悪感は皆無。
自己愛は自分が明らかに勝っているって思っているうちは、支配できているから、何もしてこない。
自分を脅かす能力があると思われた時点でタゲになり、支配しようとしてくる。
一人では敵わない場合、取り巻きを味方につけて。
自己愛それぞれ、元々の能力に差があるから、能力ない奴の方が誰でもタゲって支配下におこうとしてくるのかも。




自分の共感性のなさや、思いやりのなさが露見するのを恐れて
うわべだけタゲのマネをしたり、タゲの長所(自己愛の欠点)が目立たない様に
タゲの欠点を(長所を欠点にすることもある)あげつらい出す。
自己愛って周りに複数の人間がいるときはターゲットに対して異常なほど傲慢になるけど
ターゲットと一対一で周りに誰もいないと驚くほど態度がおとなしくなるよね
タゲに対して、言いたい事があると言うより、
タゲを使って自分の劣等感を隠す為、周りにアピールしたいだけだからかなぁ。
本当、迷惑。タゲにされた人はもちろん、周りの人間も迷惑。空気悪いし。


おとなしく強く言い返してこないので利用できる道具と思われた人


自分の姉が自己愛にタゲられては転職を繰り返してきた人なんだけど、毎回 会社の自己愛を愚痴ってた。聞いてるうちに姉の特徴が自己愛に舐められ利用される様々な特徴に気づいた。初めてこのスレを読んだ時、すべて自分の姉の書き込みかと錯覚したくらいだ

強い意見や口調に流されやすい
罪悪感を持ちやすい
謙虚、謙遜、卑屈
外見や実力があってもそれに見合う自信を持っていない
分かりやすい欠点がある
頭の回転が微妙に遅い(ひどいことを言われてもストップするだけで言い返せない)
誘い受けに乗ってしまう
このへん。
彼等から見て、『何か利用出来そうな素敵な所』
が質問主さまにあったから、近づいて来たんだと思います。
(私の場合は、彼の周りの人が私に対して持つ、仕事の評価や信頼関係かと)



自己愛にとって脅威で且つ、自己愛が権威的に下だとみなした者がタゲだよ。
取り巻きになるような者はタゲにしないし、
取り巻きで、自己愛に疑問を感じればタゲになる。
2012/03/07 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
[ 自己愛体験談 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「身近な一人を見下し周囲を巻き込んでいじめる」へのコメント


一人の時を狙って接近する
職場で周りに誰も居なくなると必ずお菓子や書類を持って来たりする。
これ毎度のパターンです。
そこで一言でも言葉を交わせば、後で自己愛含め他の人達に嫌そうな目つきで見られる。
恐らく、言ってないことを言った、嘘を言った、のどちらかだろう。

この自己愛と話していると、頻繁に「それ私は言っていない」という状況になる。
誰がいつどんな話をしたか、なんていうのは覚えているが頭の中で整理整頓されていないのだろう。
しかしとても得意げに話しているのだ。
大概タゲにされている方は、悪い内容の話を「○○さんは出来るって言ってたくせにお願いすると出来ません、っていっつも嫌そうに言うんですよー」と。
一切その件に関して会話もしてないのに。
この「嫌そうに言う」「嫌な顔をする」という発言はお得意です。
こちらは普通のトーンで返事をしているだけなのに。
毎度、底意地悪いことばかりしているので「やり過ぎじゃないのー」と取り巻きに言われると
「そんなことしてないですよー。やさーしくやさーしく、してますよ」
これも口癖。
 |  [ 編集 ] No.834

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「身近な一人を見下し周囲を巻き込んでいじめる」にトラックバックする

身近な一人を見下し周囲を巻き込んでいじめるへのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-118.html" target="_blank">身近な一人を見下し周囲を巻き込んでいじめる<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)