※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

9.何を言っても全否定

 [ モラハラ体験談
●モラハラの加害者は自己愛的であるだけに、絶えず誰かを軽蔑していなければなりません。そうでなければ、自分が他人とはちがった特別な存在であるという思いが脅かされるからです。相手のすることや考えていることはもちろん、時には相手家族や友人までが軽蔑の対象となります。そして、この場合、軽蔑は皮肉や冗談の裏に隠されるのが普通です。
小馬鹿(こばか)にして、せせら笑います - モラハラ



食い物の好みにケチをつけることから始まり、家での生活習慣や休日の過ごし方、
学生時代のこと、どんな保険に入っているか、親の年収に出身地などを根掘り葉掘り聞いてくる。
当たり障りのない範囲で答えているけど、それらに対していちいちケチをつけてくる
対抗意識を丸出しにして「自分よりも劣っている」と決めつけるための材料を常に探し続け、回答が自己愛を満足させるようなものでないと逆恨み。


自己中ってみんな脳ミソ同じ形なのかな?同じ感じだよ。
とにかく、何もかも否定。しかも、頭ごなしで見下した様な言い方。


自己愛って人から反論されると発狂するくせに人の言うことなんでもかんでも否定してくるよね
「お前それ違うやろ、おかしいやろ」←俺が知っている自己愛の口癖です
「それ当たり前やろ」も頻繁に言ってくる。
この前PSPの本体で俺が好きな色を言っただけなのにそれはおかしいとか言われたw
いやいや好きな色なんて人それぞれだろw
なんでもかんでも人の言うことを否定するな。死んでろ


タゲが何か言うと否定語の連続
駄目駄目駄目駄目
待て待て待て待て
違う違う違う違う


タゲが主張する事自体生意気で許されないことって意識があるね。
はなから見下していて何を言われようと否定するだけだから会話にはならない。
まーた馬鹿が意味の解らない事いってるよ(ニヤニヤ)って態度で
もう内容すら聞いてない。
いった事をただ頭ごなしに否定して自尊心傷つけてやれ、としか思ってない。


・気に入らない人やターゲットの話では
同じこと、似たような単語をわざわざ後から言い直しさせたりする。
(例、タゲー歩く、自己愛ー歩行だよ!!w


自己愛ってターゲットの自己主張を絶対に許さないよね
例えばターゲットが自己愛がいる中で友達の前で何か発言すると
別に普通の発言なのにすごいあからさまに軽蔑した眼で見てきたり、
皮肉ったり、嫌味を言ったり、単なる言い間違いを取り立てて傷つけたり

それでかわいそうにターゲットは自己愛に傷つけられたくないの一心で
友達の中でもその中に自己愛がいる時は無口になってしまう。それが狙い。
なんの罪も無いのに・・・
ターゲットがお洒落してきた日には嫌味を連発、
これもターゲットの自己主張だからだ。髪の毛を切っただけでも嫌味。
ターゲットの自由を徹底的に束縛し抑圧する。自己愛にとってそれが至福の時なのだ。

こんな理不尽を許していていいのか?
極端な話、俺は自己愛はターゲットに殺されても文句は言えないと思う。
それほどターゲットを追い詰めるからだ。


飯を食えば箸の持ち方から食い方
モノを持てば持ち方、道を歩けば歩き方
オレの行動や言動全てにことごとくケチをつけ
算数でいい点を取れば国語が悪いと言われ
全て良くても他の誰かと比較されて全然足らんと言われる
とにかく何をしてもダメ出し
今思えば、その視線の裏側には常に「所詮おまえなんか・・」
という言葉が潜んでいたような気がする


ナントカちゃんって嫌じゃない?この前もああでこうで、と悪口を言ってきたので
そうかな?何かの間違いかもよ と言ったら私の気持ちをわかってないとキレられ
そんなことがあったの?知らなかった と言ったらあんたは周りの人間関係に鈍感だよね~とディスられ
そうなんだ、あの子そんな面もあるんだね と言ったらそのナントカちゃんに「○○があなたの悪口言ってたよ!」と吹き込むフレネミー。(自分が言っていたことは雲より高い棚にあげてある)
何がしたいんだよ。。。


根本的に会話が成立しないってのは初めて経験したなぁ…
相手の事は全否定で会話はデッドボール、あとは延々自慢話
しかも本人がその会話のキャッチボールの異常さに
"全く"気がついてないってのがね


趣向も考えも合わないなら近づかなければいいのに、
敢えて近づいていって理解しようとしてるかと思えば他人を全否定


共感性のなさ


なんかもっともらしいこといって他人や世の中にダメ出しするんだけど、
よくよくきくと話がおかしい。「こうでなければならない」って強迫観念が強くない?
正解がいくつもあることに、一個の答えしか認めない。


人の好みは十人十色なのに、自分のセンスだけが「正解」で
他人の選択は全部「不正解」ってことにしたがるよね。


話がかみ合わないのは自己愛がキチガイだからなのだけど
かみ合わないこと自体人の所為にしてくるからなぁ・・・
興味ない話は即座に全否定するし
嫌ってる相手の話はとりあえず全否定するし
タゲの話はどんなにいいこといっても認めたがらず全否定するし
日常会話がつまらなすぎて(というかむかつくから)何も話したくないんだよね。
狭い見識しかもってない奴が偉そうに他人に説教してくるし。


話さなくなると話さないことを責める


夫が「これヨーカ堂の半額セールで150円だったよ~」と嬉しそうに言うと
「同じ物が100円ショップで売ってたよ」と冷たく言い放つ。
同じことが続くと夫は話がしにくくなる。これで下準備は完了。
妻は「夫が話をしてくれない。話がはずまない」と怒り夫を責める。


否定ばかりで、会話ができず。単に話したくないんだな、と何も言わなかっただけで第三者に急に無視された、と騒がれた…
俺はわけわからず、何度か聞き返したが…とにかく無視しているお前が悪いの一点張り、お前が頭おかしいから病院へ行けとまで言われ。基地外呼ばわりされて、何もない医者の診断書を渡した。


相手が傷付くようなことを平気でやっておいてそれが原因で引かれても
"笑いかけてもくれない"とか"避けてくる"とか"切られた"とか言い出す。
そんで自分を悲劇のヒロイン化。自分に非があるとは全く考えない。


ターゲットの症状


>自己愛性との会話の中で、対等に楽しめる
>「ごくフツーのおしゃべり」なんて成立しない!

私はずっと「テストを受けている」ような気分でしたよ。
答えを知っているのは自己愛性俺様だけ。
どんなに頑張っても「正解」はない。
ただ「お前はバカで思いやりがない」とガッカリされるだけ。
よく「おしゃべり」のなかでは
「私こう思うんだ~」「あ、そうそう、私もそう思うよ~」みたいな
会話のキャッチボールが楽しめるわけなんだけど、
自己愛性が相手だと、いつもこっちが試されているばかり。
しかもどう答えても相手の同意を得られない。
長いことそんな風に扱われていると
本当に自分がバカで自己中な思いやりのない人間だと思い込んでしまうよ。
私も本当に自分はとんでもないバカで自己中なんだと思い込まされてきた。
今でもその後遺症から抜けられない。
相手の無意識の自己像をむりやり背負わされたようなもんだよ。


なぜ全否定するのか


言うことなすことを否定し、傷つけるだけでなく、
相手の自尊心や判断力を徐々に低下させていってコントロールしようとするのです。


自己愛は自分のことを否定や批判する可能性(この場合、タゲの主体性そのもの)を悪だと信じてる。
だから自己愛はタゲが全く支配されないことに憎しみすら覚える。


自己愛性人格障害は、自尊心の歪みと肥大化がとにかく桁外れ。
自分が支配して「当たり前」でそれが「超自然的」なんだ。
だからタゲが自己主張すると考えられないくらい生意気、不当とすら感じる。
そんな自己愛メンヘラな感情はおかしいと観念的に気づくことはできても、
タゲを見ると止まらない。


相手の人格、考え方、価値観の否定。(これは相手を自分に取り込むために相手の基盤を崩壊させる意味をもち、また自分の自尊心を高めるための他者見下しが必要になるから。)
自己愛性人格障害一考察 1ー「彼ら」のコミュニケーション


意見を求めてから否定


自己愛に意見を求められそれに答えると、ほぼ100%否定される
お前が言えって言ったんだろ~ポカーン(゚д゚)って感じ
特に否定的な意見を言うとブチ切れするから、会話がまったく成立しない


自分のプランを言いたいだけなのに、
いちいち意見を求めるフリするよね。
なんでこんな段取り踏むんだろう?っていう。
自分のやりたい事=メンバー全員が望んでいた当然の帰結
にすり替えたいようだ。


それ分かる。否定されるの分かってるし、話長いから、
自己愛の好きな答えを言わせて早く終らせようと、
「どうすればいいんですか?」と聞いたら、
「お前はすぐそうやって人に聞く」って…。
とにかく自分の考えを言いたい、しかし相手を否定してから言いたい。


自己愛が質問するのは、答えが知りたいから、とか分かってるか確認したいから、とかではなく、否定して自分の考えを言って、『どうだ、凄いだろ』って言うのやりたいだけ。まともに答えたりしたら、長々と喋り始めて非常に無駄な時間を過ごしストレスを溜める羽目になる。
質問で返しても、『そうやって人に頼ってばかりだ』とか訳分からない妄想+自惚れた返答をする場合もある。
『はい』とだけ答えて逃げる、自己愛が近づいた時点で逃げるって手段も使わざるを得ない。


感情の強要、意見の統制してくるよね
それは違うんじゃない?と思ったので黙っていたら「テメーこの野郎!!」って顔された


あるある
異なる意見を述べたら↑のようになり、
自己愛の意見を(表面上)肯定したら
「真似すんなよw」「自分で考えられないのかw」と得意になり
そのくせ意見を求めたがるんだよな
「だったら壁にでも話してろよ」だよ、まったく


恋愛関係でのモラハラ


私に意見を求め、それに対し回答するのに、採用されない。
彼が大量にあるゲームを売るといい、やりたいゲームはあるかと聞かれたので答えると、いつやるの?やる時間ないでしょ?働く気ないの?と結局売る等



2012/05/16 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
[ モラハラ体験談 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「9.何を言っても全否定」へのコメント


否定を使って遠回しに自分を肯定
ターゲットを否定する事で間接的に自分を肯定してるってのもあるかもしれないです。いくら自己愛といっても、さすがに自画自賛じゃカッコ悪いから。自己愛にとって否定はターゲットを通して自分を肯定するための手段なのかもしれないなと感じました。あと、相手の間違いこそが自分の正しさの根拠だと思い込んでて、何が何でも相手が間違ってる事にしないと素晴らしい自己像が脅かされるから否定がやめられないのかなとも考えました。
そういうなりふり構わず自己像を死守する姿がカッコ悪いけど、そこはなぜか気にならないっぽいです。
コーヒー牛乳 |  No.1573

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「9.何を言っても全否定」にトラックバックする

9.何を言っても全否定へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-139.html" target="_blank">9.何を言っても全否定<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)