※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

11.趣味を否定

 [ モラハラ体験談
●他者否定的な人は、自己否定的な人には押しつけがましくなります。自分の趣味や考え方を押しつけます。自分のお気に入りの歌手とか趣味に対して、相手がちがう好みを示すと、「だからお前はダメなんだよ」と否定します。仲間といる時には仲間と、いかにもこいつはダメだというように、顔を見合わせて笑います。



趣味でなんかやってたとするじゃない?
するとそんな無駄なことしてどうすんの?
上には上がいるんですよとか真顔で言ってくる


あ~っ、わかるわかる!!ww
人の趣味にケチつけるよね。てか、全否定。
タゲの趣味・嗜好を全面的に否定して、凹ませようとするね。
そして、その趣味とかが周りから評価され始めると、嫌味やあてつけが激しくなる。


「アイツは本を読んで引きこもってる!」
…「趣味は読書です」と褒め言葉にもなるのに
奴のフィルターにかかれば何でも俺のしてることが悪意に見えるんだね。


>モラハラ加害者は卑劣なことに、時に被害者の趣味や好きな物をけなし、
馬鹿にして、被害者から趣味をも奪おうとします。

本当にそのとおりでした。私の趣味のモノたちを「そんなもの捨てちまえよ。」と言ったり、「○○なんてやっているやつは、●●みたいな変なやつだ」と決め付けたりされました。こわいのは、彼との時間のために、自分の趣味を後回しにしてしまって、最終的には、趣味をとりあげられました。


人のファッションや髪型、車の趣味までケチつけるんだよな
自分がどれだけセンス良いと思ってるのか知らんが
仕事の事でもスゲー語るけど実績が無いんだよなw
でも他人の仕事にはジャンルが違っても口を挟みたいのが自己愛


オシャレじゃないくせに人の服装にはケチつけるのに辟易した。
「もっと色や柄が華やかなの着なよ~地味だよ~」と上から目線でアドバイスwした相手は
質にこだわった服を買っていて一見シンプルでもブランドもので上質。
周りからもオシャレと言われる人にケチをつけていて滑稽。


うちの加害者の場合、漫画は読むけど、小説や映画はバカにしてたな。
「感動した!」なんて言おうものなら鬼の首を取ったように
「あんなくだらない物に傾倒するおめでたいおバカちゃん」呼ばわりされた。


楽しそうにしてる人を見ると、必ず批判するのは何故なんでしょうね。
その人が趣味を楽しんでるだけで、周りの人に勧めてる訳でも
迷惑をかけてる訳でも、目障りなことをしてる訳でもないのに
「あんなの自己満足だよね。」ってわざわざ言う。
趣味ってそういうものだからいちいち言う必要ないと思うんだけど…。


旅行のガイドブックと語学の本を置いている私の本棚を、勝手にチェックして
「お前はこんな本しか読まないなんて本当に馬鹿だよな。」と言われた。
本棚は他にもあるんですけど。ガイドブックと語学は低レベルの本じゃないんですけど。


映画のあと映画の話をしていて私が「良い映画だけど、もう見たくないかも」と言ってしまうと彼の怒りは爆発します。「良い映画ってのはなー!何度も見たくなるものなんだっよっ!!」
私が必死で説明する「良い映画であっても好きな映画ではないということだ」というニュアンスは全く伝わらず、彼はその映画はいかに社会的に(ここ重要)優れたものであり、自分がどれだけその意見に賛同しているかを罵声とともにアピールし始めます。
そして最後に「お前は映画なんか本当は見ていないんだっ。映画を見ている自分に酔っているんだ」

私が大事な趣味にしていた映画はこうして踏みつぶされました。


自己愛って他人が何を大事にしてるかとか分からないよね。
一番大事にしてるものを「捨てたら?」「売ったら?」とか言われる、勝手に持っていく。
人が尊敬してる人のことすっげーディスるのね。


対象を知ってて嫌いと言うならまだわかるけど
知りもしないくせにこき下ろすんだよね
それも「そんなものを好きな奴は~」と人格否定とセット
そのくせ最悪の場合後になって知らん顔で真似していたりもする
ターゲットのマネをする


タゲられた被害者の症状


自分が何かを好きだと感じる→例の知り合いが、それを非難する、こき下ろす→
そうか、俺の好きなものはくだらないのか、と考える
この思考の流れが、定着している。


自分が何かを好きだと感じる→例の知り合いが、それを非難する、こき下ろす→
そうか、あんたはそう考えるんだね、でも僕は好きだよと考える
ようにしてる。


一年の間、二人きりにならざるを得ないときに延々とやられた結果
離れられた今でも自分の好きなものを好きといえないままだ
あれは人を壊すよ、根本から確実にね


私は多趣味でいろんなところに行ったり見聞きするのが大好きです。
海外旅行も1人で行くしライブや映画もガンガン行く人間でした。
それが彼と会ってから変わってきました。私は閉じこもる人間になっていきました。


映画でも何でも自分の好きなものは絶対に自己愛に知られたくない
貶されるのわかってるから


そのくせ自分の趣味は押し付ける


何かと自分の趣味や思想を押し付けてくる。
頼んでないし、興味ないし、聞いてないのに。
自分が優位にたてる「立場」が欲しいだけ。


私の相手は、映画と小説大好きで自分が見たもの読んだものを勧めてくる。
そこまではいいんだけど、趣味が合わなかったりしたらもー大変!w
お前とは感性が違うだの、いかにもこっちが悪いような言い方。
ある有名な映画を「コレを見て泣けないやつは人間じゃない」とか言っていた。

いまなら「あら~悪かったわね(プゲラ」とでも思えるんだろうけど、
当時は、絡めとられていたので自分の感性がおかしいのかとショックだった。
そのくせ、こっちが勧めたものなんて見もしない読みもしない。
一方的に自分の趣味を押し付けてくるだけ。
おかげで長い間、本来自分の好みじゃないものを、自分の感性を裏切って好きになろうとしてたよ。
だいたい私はお涙ちょうだい大感動モノのハリウッド映画なんか好きじゃないんだ!
私だって映画大好きだけど、自分が好きな映画が好きなだけじゃ!


うちの職場の上司も自己愛。
人は人。自分は自分。ていう考え方が出来ないんだろう。
自分が興味持ってることには、他人も興味もって当然。なんで俺がこれに興味持ってんのにお前らやらないの?みたいな考えで、無視してるとあからさまに不機嫌になってお前らは世間知らずだ!などとキレる始末。
たまに誰かがガス抜きに声かけてやると、それはもう自分の聞いて欲しくてたまらない自慢話を延々と大声でまくし立てる。どうだ、こんな事まで知ってる俺はすごいだろう!みたいな得意満面な表情で。

そのくせ他人の趣味は徹底的にこき下ろして、そんなことして何になるの?だと。


参考:自己愛に趣味をけなされる時の対策


自分の周りにも同じような自己愛がいて、
もう我慢出来なくなったのであるときから自分が好きな作品をけなし、
大嫌いな作品を自己愛の前でベタ褒めするようにした

そしたら案の定自己愛は私がけなす作品は全て素晴らしいと誉めるようになり、
私が誉める作品を全て凄い勢いで批判するようになった。

単に趣味が合わないとかではなく、他人の意見に反論して優越感を
得たいだけってのがはっきりわかったよ。

上記の方法で自分が好きな作品を自己愛は嫌と言う程誉めるし、
自分が嫌いな作品を誉めまくってグッズとか集めたりするので
その自己愛の滑稽な姿を冷めた目で見れるようになった。


なぜ人の趣味を否定するのか


なんで趣味は○○ですっていう、ありきたりな自己紹介ですら
スルーできないんだろう?
自己愛自身が何をするにも自己満足じゃなく評価を求めるから
何気なくやっていることも「何?それ、自慢?」って思うのかな。


彼は自分の趣味というものがあまりない人だったのではないですか?
自己愛性人格障害には他者への想像力に欠け嫉妬深い人が多いですから、
あなたの好奇心に実は憧れ、だからこそ壊したかったのかもしれませんね。
「あたし彼に死んで欲しいなんて思ってた頃があったな~」
そう思う日がいつか必ず来ますよ。



2012/05/17 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
[ モラハラ体験談 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「11.趣味を否定」へのコメント


お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「11.趣味を否定」にトラックバックする

11.趣味を否定へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/?overture" target="_new" target="_blank">スポンサーサイト<a><a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-141.html" target="_blank">11.趣味を否定<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。