※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自己愛憤怒

 [ 関連用語
自己愛憤怒
他者に期待を裏切られたり、自尊心を傷つけられる軽蔑を受けたと解釈した場合の激烈な怒りと復讐感情。(相手を見下し侮辱した場合でも、それを指摘されると烈火のごとく怒る。相手に与えた被害は見えていない。)


自己愛憤怒(じこあいふんぬ)とは、自己愛者が、主観的評価よりも少しでも低い評価や冷遇を他者から受けた途端に爆発させ、攻撃行動へ結びつく怒りのこと
自己愛憤怒 『ウィキペディア(Wikipedia)』


自己像を傷つけられることによって生じる激しい怒り



自己愛憤怒」とは、マイナス感情の責任を相手におしつけ、相手をはずかしめ、ほろぼしつくしたいという執拗な怒りのことです。
依存心が強い(「他者からの応答性」をあてにしている)加害者は、たとえば、見下している相手が思い通りにいじめられてくれないとか、相手が中途半端に仲良くしながら少しずつ状況を改善しようとしたとか、相手に服従も同調もされず「独立した人格を持つ他人だ」と実感させられたとか、相手が自分よりも輝いていたとか、自分の期待していた「全能感を満たしてくれるような応答」を得られなかったときに自己愛憤怒を爆発させます。
「いじめの社会理論 その生態学的秩序の生成と解体」


自己愛憤怒とは、自己愛が傷ついた時の不適当なほど強い怒りのこと。
自己愛憤怒は、大きく分けて2つあるよ。

1つは図星を突かれた時の怒り。
特に誇張することもなく事実を伝えただけでも、それが相手の気にしていることだと、「なんでそんなひどいことを言うんだ!」という反応をされてしまったりするよね。恥を感じると自己愛っていうのは傷ついて泣きたくなってしまうんだけど、そんな弱い自分を見たくないし、人に見せたくもないから、その恥を覆い隠すために人は怒ってしまうことがあるってわけ。例えば隠しておきたいコンプレックスをずばり指摘されちゃった時とか、「やるやる言って、やらないよね」みたいに痛いところを指摘をされて怒るのが自己愛憤怒の1つの形。

もう1つは、相手が自分の思い通りに動かなかった時の怒り。
自分が何かを頑張った時、それをほめてもらえないと、「不当な扱いをされている」と頭にきたりする。また、自分の意見が採用されたなかった時、「軽く見られている」と感じてしまい、相手が何もしていなくても、いや、自分の意見に耳を傾けず何もしてくれないからこそ自己愛が傷つき、それを覆い隠すために怒ってしまう。

つまり、自己愛憤怒とは、自分の存在価値を守るための自分都合の怒りなんだ。
自分は正しい存在なんだから、他人から指摘なんかされないはず。自分は正しいことを言っているはずだから、相手は自分の言う通りにするべき、または、自分のことを褒めるべきだ、と思ってしまう。
自己愛憤怒: モンキークリニック



自分の目の前でこんな怒り方をされた人も少ないでしょう。
ただ怒鳴っているだけなのですが、実際にやられるとものすごい迫力です。
また、相手が弱いとみると(女性、子供等)暴力行為もいといません。
チンピラのやり方とは違い、大声と鬼のような表情で威圧するのです。
そして段々「もしかしたら自分が悪いのかも」とか「めんどくさい」という感覚になり、何も悪くないのに謝ってしまうのです。

そこが自己愛性人格障害者の狙いです。
謝らせることで、相手に罪悪感を植え付け、自分の支配下に置こうとするのです。
これを何度も繰り返せば、段々自分の感覚が麻痺して、反論もできなくなります。

やっかいなのは計算して怒っているのではなく「本能」で怒っていることです。
もはや「ケダモノ」と化しているので、誰の説得も受け付けません。
周りの人もあまりの迫力に、関わり合いになるのを恐れて近づきません。

ここで重要なのは、自己愛性人格障害者の狙いが「威圧」だということです。
こちらが奴ら以上に逆ギレすれば、それまでの勢いは消えて防戦一方になります。
実際、僕のところの自己愛性人格障害者は庶務の女性に逆ギレされて黙ってしまいました。

逆ギレは効果的ですが、もしできなくても睨みつけるだけで効果はあります。
「こっちもキレたらどうなるかわからんぞ」と表情で反撃するのです。

どうしても反撃できない場合は、独りで抱え込まず、他の人に話して下さい。
例え分かってくれなくても、そうすることで心の負担が減るでしょう。
決して、自分独りで抱え込まないでください。自分独りだと思わないでください。
2011/05/16 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
[ 関連用語 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「自己愛憤怒」へのコメント



初めまして。こちらのサイトに書かれてるような自己愛に悩まされ11年
ついに爆発、仕事を辞めてやりました(笑)(こいつは社長です)
初めて自己愛性人格障害という言葉を知って自分はやはり正常なんだと安心しました。
自己愛は非常に巧妙かつ悪質です。
一度、[いい加減にしろ 自分はあなたのドラえもんじゃない]と警察にお世話になる覚悟でブチキレました。
とたんに謝りだしました(笑)

ターゲットが変わりました。 同じ事を違う人にやり始めました。(出入り業者) 客観的に見るとやはりキチガイだと判断。 出入り業者に相談されこちらは話を落ち着かせようとしても聞く耳持たず。
次第に体調不良になり精神が持たなくなりました。
やはり関わってしまったら全力逃走が一番ですね。
藤沢 |  No.1556

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「自己愛憤怒」にトラックバックする

自己愛憤怒へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-28.html" target="_blank">自己愛憤怒<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)