※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自他境界の曖昧性 自己愛性人格障害の特徴

 [ 関連用語
・他者は彼らの要求を満たすために存在し、要求を満たさないなら存在しなくて良い、と考えている。「自己と他者との間に境界があり、他者が別個の存在であって自己の延長でないこと」が理解できない。


不機嫌な人間は、他人の不機嫌にもっとも敏感である。なぜなら、不機嫌な人間は、自我境界ができていないからである。

今、自分が不機嫌であるとする。例えば、その時、ある誰かに朗らかでいてもらいたい。ところが、その人は朗らかにしていない。するとそれが面白くない。他人の気持ちが自分の望みどおりに動かないと、ふてくされる人がいる。自我境界の不鮮明な人である。

他人に「こうした気持ちでいてもらいたい」ということは、誰にでもあろう。ここまでは、自我境界が形成されている人も形成されていない人も同じである。ところが、自我境界が形成されていない人は他人の気持ちは自分の手足と同じように動くのが当たり前と感じているから他人の気持ちが自分の望むように動かないと怒りだす。極端な場合はパニックになる。他人に対する自分の望みが自分の欲求になってしまうのが自我境界の形成不全の人である。

『 「内づらと外づら」の心理 』より
自己と他者の境界線の曖昧さ

自分と同等の存在として認識する他者(対象)のことを、精神分析では『自己対象』と呼びますが、自己愛障害では『自己と自己対象との境界線』が薄まってしまい、自己対象(親しい他者)にも自分と同じような考え方・接し方をして欲しいという欲求が強くなり過ぎてしまうのです。

しかし実際には他者には他者の人格(内的構造)があり、他者には他者の生活・仕事・人間関係の都合があるわけですから、どんなに親しくて気心の知れている家族・恋人・親友であっても、『自分の思い通りの反応・愛情供給・承認』を得るというのは原理的に不可能であり、ここに自己愛障害に特有の『自己と他者との不適切な距離感の問題(依存と要求の過剰によるトラブル)』が生まれやすくなります。

自己と他者の境界線が曖昧になって、自他の同一化の心理規制が強くなると、『他者の存在・愛情(承認)』に一方的かつ過剰に依存している自己アイデンティティは非常に脆弱なものになりやすく、自分が信頼していたり好きだったりする他者が少しでも『自分の思いに反する反応・対応・拒絶』をすると、自己アイデンティティが拡散して自己否定感や自傷行為の衝動が強まるリスクが高くなります。

境界性・自己愛性のパーソナリティ障害と自己愛の発達2:自己アイデンティティの脆弱性と依存性
この世のすべての人は他人なのです。どんなに愛し合っているカップルでも、パートナーというのは、自分とは別個の人間なのです。このような理解の上に立つことが出来れば、パートナーの個性を認めることも出来るようになりますし、相手の人への思い遣りや配慮も生まれてくるのです。もしも、自分と他人の区別が失われてしまい、相手の人を自分の延長のように扱ったりしますと、思い遣りや配慮も失われてしまい、二人の関係は壊れやすいものになってしまいます。このようなことは「親しき仲にも礼儀あり」という諺にも通じるものがあります。つまり、健全な人間関係を作り、それを維持していくためには、そこに健全な自他の区別が必要となるのです。

境界例の治療技法7:患者への理解と対応-自分と他人の間の境界設定
自己愛人間は、自覚なしに境界を侵害する。あなたの郵便物や日記は読まれる。浴室や寝室のドアはないも同然。財布の中身は抜き取られる。衣類や化粧品や持ち物は「拝借され」、会話は盗み聞きされる。おせっかいな質問をされ、訊いてもいない意見を押し付けられ、アイデアは盗まれ、秘密は守られない。

クライアントの多くが自己愛人間に次のようにいわれた経験をもつ。「それはあなたの本心じゃない」「きみの考えはこうだ」さらには「これがあなたという人間だ」とまで。自分の侵害行為を指摘されると、彼らはしばしばむっとするか当惑する。垣根のない世界でなぜドアをノックする必要があるというのだ?

「結局、自分のことしか考えない人たち 自己愛人間とどうつきあえばいいのか」
自己愛人間は境界を侵害します。自己と他者とのあいだに境界があり、他者が別個の存在であって自己の延長でないことが理解できません。絶対的な特権意識を持つ彼らにとって、彼らの欲求はあなたの欲求より重要です。

自己愛人間は、実力の認識や、独り立ちする自信を発達させられません。そして周囲に目を走らせ、「足りないものや必要なものを与えてくれる他者」を探し出す能力を磨きます。何かしらの「満足を与えてくれそうな相手」は、彼らの「自己の延長」とみなされ、「分離していない存在」として扱われます。役に立つ者は自動的に彼らの期待に応えて当然とみなされます。彼らにとって利用価値のない者は切り捨てられます。彼らにとって他者は彼らの要求を満たすために存在し、要求を満たさないなら存在しなくてよい。

「境界の侵害」を我慢する側も、自分が分離した存在だという確固たる意識が形作られていません。たいていの場合、生まれ育った家庭で侵害を受け入れるよう教えられ、自律を支援されてこなかったためです。

モラハラ「結局、自分のことしか考えない人たち」



なぜ自他境界が曖昧となるのか


自他の境界線が引けないパーソナリティ障害者たち

(境界性、自己愛性)パーソナリティ障害の最も特異的な部分は「自他の区別が付かないこと」だと読んだことがある。

自分の事は自分が一番分かっているのであれば、「他人(自分)が私の望むことを察しないで満たしてくれないのはおかしい」というような境界線問題が主題なのではないだろうか。

「自分の不平不満を言葉ではなく態度で示せば即座に誰かが満たしてくれる」「自分の不快さは他人(自分)が取り除くべきだ」という生き方は赤ちゃんの時期だけなのが人間のあるべき発育段階なのだと思っている。
で、だんだんと「他人は役に立たない、言わなきゃ分からないし言ってもわかってもらえない」ということを学ぶはずなんだけど、どこかでストップしてしまった人たちの一つの行き先がパーソナリティ障害なんじゃないかと。

これが逆だとDVを受ける側になっちゃう。
「相手が不機嫌で暴力を振るうのは自分に落ち度があるからだ」というような「他人の事も自分の責任として受け止めてしまう」という素地がDVを甘受するようになってしまう要因だと思われる。
パーソナリティ障害と境界線問題


2011/05/16 | Comment (1) | Trackback (0) | Edit |
[ 関連用語 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「自他境界の曖昧性 自己愛性人格障害の特徴」へのコメント


うちのオカンがコレかもです
うちの母は自他の境界が曖昧なタイプだと思います。家の中でも私が母の望んだタイミングで、望んだ場所にいなかったりすると許せなくなって責めてきたりします。
口頭では何も言われてないですし表情にも出さないので私からは察しようもありません。具体的にいつどう動いたら満足なのか聞いてみても本人すらわからない上に、聞かなきゃわからないのかとかえって腹を立ててしまいます(´-ω-`)
待たせてもいないのにいつの間にか待ちくたびれていて、どうしてくれるんだと罪悪感を植え込みます。
無言で要求を隠された状況下でこちらからは急かしてるか急かしてないか、何をして欲しいのか一切見えず、そもそも全て母親が待つ必要の無い事ですが何でも急いでしとおけば不満は減るかもしれないと、常に急かされている感覚になってますε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
どんなに早く済ませても待たせてしまったという罪悪感と付き合い続けています。(おかげで色々と作業がスピーディでバイトや友達の引越しの手伝いでもビビられます)
自他境界がまだ形成されてない赤ちゃんですら、すくなくとも泣かなきゃ伝わらないとぐらいはわかっているというのに。何もアピール無しって無理すぎます笑
いい加減面白くなってきて「お母さんが一生懸命心で念じてたのにわからなくてゴメンねー」とからかってます。多分からかわれてると思ってないかも…。「そうよそうよ!なぜわからないの?」ぐらいに思ってるんじゃないかと。人生態度も「私はいいけどあなたはダメ」タイプです。なんだか思いっきり愚痴になってしまいました(´;ω;`)すみません。
コーヒー牛乳 |  No.1511

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「自他境界の曖昧性 自己愛性人格障害の特徴」にトラックバックする

自他境界の曖昧性 自己愛性人格障害の特徴へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/?overture" target="_new" target="_blank">スポンサーサイト<a><a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-29.html" target="_blank">自他境界の曖昧性 自己愛性人格障害の特徴<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。