※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

外的コントロールと内的コントロール

 [ 関連用語
自己愛性人格障害の人は、人にはそれぞれ自分のこだわりややり方があるという意識が乏しく、人を自分の思い通りにしたいという欲求が強い人たちです。こういった人たちは「外的コントロール」で人と接するため、良い関係が続きません。

外的コントロールとは、「人を自分の思い通りにコントロールしようとする考え方」で
1.人の行動の動機づけは外側から。
2.人は変えることができる。
3.自分は正しい、相手は間違っている。 
という信念を基にして作られています。


外的コントロール


外的コントロールとは
外的コントロールとは、
①人の行動の動機づけは外側から。
②人は変えることができる。
③自分は正しい、相手は間違っている。

という信念を基にして作られています。

つまり、「人の行動は言えばわかるし、私が信じていることは正しいし相手は間違っている。だから相手を変えることは私の義務である。もし私の言う通りにしてくれなかったら、相手のためにはならない。だから、どんなことでもやって正しいことをさせないといけないのだ」という信念に基づいて関わろうとします。

ここまで具体的でないにしても、思ったように相手が動いてくれず、イライラして当たってしまったという経験は誰にでもあると思います。

しかし、人間には自由の欲求があるため、他人のコントロールに必ず素直に従うとは限りません。すると私たちは相手が思った通りに動いてくれないので、自分の理想通りに以下のことをすることがあります。

すなわち、
①批判する、②責める、③文句を言う、④ガミガミ言う、⑤脅す、⑥罰する、⑦褒美で釣る、
です。

これらの行動は「7つの致命的習慣」と呼ばれています。なぜ、致命的かというと、その行動をとり続けることで確実にその人との関係が悪化するからです。例えば、間違っているからと相手を批判したり、ガミガミ言ったり、責めたりする人に対して、あなたならその人と仲良くなりたいと思えますか?最初はその人のためを思ってやったことなのに、結果として人間関係が悪化してしまうとは悲劇と言えます。

相手を変えようとする生き方(外的コントロール心理学)
相手を変えることはできない
相手を直接変えることはできません。
それなのに相手に何か期待したり、相手に良く思われたい
と思うから相手の行動一つ一つに影響を受けてしまい、
不機嫌になってしまいます。
不満ばかり感じてしまうのは、直接変えられない相手に
依存するからなのです。

相手の行動に期待しなければ、不満に思うことはないのです。
(外的コントロール)
さらに、相手に期待しないことにより、自分をしっかりと
見つめる事ができ、自分を良く知る機会になります。
自分を大事にすることができます。
(内的コントロール)
人に嫌われるタイプとは
・いつも不満や愚痴、他人の悪口ばかり言っている
・人を騙す
・嘘をつく
・怒鳴ったり、脅したりする
・責める
・褒美で釣ろうとする
これらに当てはまる人は、≪外的コントロール≫を使っていると言えます。

外的コントロールってなに?
外的コントロールとは、『人を自分の思い通りにコントロールしようとする考え方』です。私たちは無意識に、人に『期待』をしています。 外的コントロールを使うと、期待は次第に

『自分にとって都合のよい人間に変わってくれないだろうか』
(家事を手伝ってくれる夫・言わなくても片づけをする子供・自分を褒める同僚)
              ↓
『どうすれば自分の思い通りに操れるか』
(手伝うようにきつく言う・片づけさせるために叱る・褒められるために自慢する)
と変わっていってしまいます。

しかし、人を思い通りに操れることなどできるわけがありません。
相手にも意思がありますし、人からコントロールされることは誰もが嫌がります。
外的コントロールは、最終的には人間関係を破壊してしまう考え方なのです。

自己コントロールで人間関係は変わる!


内的コントロール


~自分の考え方と相手の考え方は違うことが大前提~

内的コントロールの考え方を説明します。
「私たちは外部の人からの刺激ではなく、基本的欲求を満たそうとする内側からの動機づけに従っています。当然、相手を変えることはきでないし、自分を変えることができるのは自分だけです。また上質世界は人によって異なり、正しいか間違っているかの考え方も異なってきます。」この信念を基にしてどう人と関わっていけるか、どう行動していけるか、という考え方です。
※上質世界については最後に説明します。

簡単に言うと、
「考え方や価値観は人によって違うため、人と関わっていく際はそれを前提とする必要がある」という考え方です。外的コントロールで紹介した7つの行動は、自分の考え方や価値観を相手に押し付けるというものでした。
それでは、内的コントロールの場合の7つの行動を紹介しましょう。

1.思いやる…意見の違いそのものを否定しない。敬意を表する。
2.傾聴する…相手の話に共感する。
3.貢献する…相手の成長・発展に加担する。
4.支援する…相手の行動をお手伝いする。
5.励ます…相手の行動をねぎらい、あたたかい声をかける。
6.信頼する…相手に期待を寄せる。
7.意見の違いについては交渉する…お互いの考え方を譲歩し合えるポイントを見つける。

読んだ人によっては、「言いたいことは分かるんだけど、これは無理だ(難しい)」という感想を持った方もいるでしょう。外的コントロールに頼っていればいるほど、そういった考えを強く持ってしまいます。理由は簡単です。7つの行動を比較してみると分かるかと思いますが、外的コントロールの考え方の方が楽だからです。今回紹介した7つの行動については、基本的に忍耐を要します。

2011/05/16 | Comment (3) | Trackback (0) | Edit |
[ 関連用語 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「外的コントロールと内的コントロール」へのコメント



これ元婚約者にやられたわーwww
いや全く笑えないんだけどさ。ぶっちゃけアレには氏んでほしい。
いつだったか、「俺をコントロールしないでくれ!」って言われた時はマジでポカーンとなった。
何言われてるかわかんないんだもの。向こうも詳細語らないし。

でもその後冷静になってから、自分がそう思わせてるのかって悩んで、
散々調べて、自己愛に行き着いた。
そしたら出るわ出るわ、アレと合致する自己愛の特徴が。
あれ自己紹介乙だったんだね。マジで氏んでくれていいわ。
 |  No.504


夫婦のモラハラサイトにも書かれてますね、モラ男の自己紹介。
自己投影、こちらのページも参考にしてください。
http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
管理人 |  [ 編集 ] No.509


わたしは、父親と話がしたいのですが、陰で妹がコントロールしています
昔からなぜか父親は私の話を聞こうとしてくれませんでした
母親と妹から虐待され食事を作ってもらえず泣いていても、しゃくりあげて泣いているからと、話を聞いてくれなかったです
それからずっと話は聞いてくれませんでした
35歳くらいでうつになったとき、自分の家族について話がしたいと父親にお願いしたのですが、話は聞かないと断られました
いったいなぜ?全然わからないわたしは、必死でお願いしましたが、ダメでした
そのあとわたしは故郷を出るのですがそのあと、妹から、「お父さんにかかわるな、お父さんの面倒は私が見ます、」といいました、普段から父親の悪口を言っていたのに、そういう仲になったんだと思いましたが、そのあと言った言葉が、私に向かって、「あんたなんて不幸になったらいい、お父さんの妻があんたを気持ち悪いと言っていたわよ、あはははは」と言ってきました
わたしがあまりのことで泣いてしまうと、「ぎゃははは、メソメソ~~~」と得意げさげすんで高笑い、、、
そうだったのか、父親と私が話をすることを、間で邪魔していたのはこの妹だったんだとそのときやっと気づいたんです
父親のことをコントロールしています
父親もバカです、わたしがたまに、娘と故郷のテーマパーク遊ぶために父のところによりますが必ず妹がセットでいます
何も会話もないのに姉の不幸を願っている妹がなぜに同席???
人格障害者だからですよね
父親から、私が来ることをちゃんと聞きだしている
わたしが父親と連絡すると妹に報告するようになっているんです
父親はもう80歳ですよ
もう話すことはないなとあきらめています
故郷に行っても妹がセットでいることが不愉快なので父親と関わることも断念しました
がっかりです
わたしは遠い地にきてよかったとつくづく思います
うらで手を回す妹が恐ろしいです
らら |  No.1091

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「外的コントロールと内的コントロール」にトラックバックする

外的コントロールと内的コントロールへのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/?overture" target="_new" target="_blank">スポンサーサイト<a><a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-30.html" target="_blank">外的コントロールと内的コントロール<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。