※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

反共感

 [ 関連用語
「共感」
他人の幸福や不幸に対し、同じ気持ちを抱く心理状態
「反共感」
他人の不幸や失敗を喜ぶ心理状態

自己愛(ナルシシズム)の強い人ほど反共感が強い


「敗者のがっかり」見て喜ぶ脳 自己愛の強い人ほど反応大/放医研

「敗者」の悔しい表情を見た「勝者」の脳の反応を、放射線医学総合研究所(千葉市)の研究チームがとらえることに初めて成功した。

脳の前頭葉と呼ばれる部位で通常より強い電気信号が現れ、自己愛(ナルシシズム)の強い人ほど反応が大きかったという。神戸市で4日開かれた日本神経科学学会など3学会の合同大会「ニューロ2010」で報告された。

他人の幸福や不幸に対し、同じ気持ちを抱く心理状態が「共感」と呼ばれるのに対し、野球やサッカーなどの試合で勝者が敗者の悔しい表情を見て喜ぶ感情は「反共感」と呼ばれている。

研究チームは、反共感の際、実際に反応する脳の部位を確認するため、トランプで数の大きい方が勝ちとなる単純なゲームを実施。敗者の悔しげな表情を見た勝者では、前頭葉の前部帯状回と呼ばれる部位に現れる「フィードバック関連陰性電位」という電気信号が、通常よりも強く脳波計で測定された。

被験者に自己愛度を測る心理テストも受けてもらったところ、自己愛の強い人ほど、この電位が高くなった。一方、相手に同情しがちな人では、電位はあまり変わらなかった。

チームの山田真希子研究員は「自己愛性人格障害など様々な対人関係障害の病態理解につながる」と話している。



2011/05/18 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
[ 関連用語 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「反共感」へのコメント


お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「反共感」にトラックバックする

反共感へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-39.html" target="_blank">反共感<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)