※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自己愛性人格障害とセックス

 [ 恋愛・ストーカー
自己愛曰く
「俺がヤルと、どんな女でも女になる」と、ドヤ顔で言われたことがある


やらしてくれる人は好きになってしまう、と(本人は
ロマンチストのつもり)言ってた。
でも自己愛は最初のもりあげかたがすごいんだよね。
特別な人と特別な付き合いをしているような錯覚をさせる。


私の元恋人も恋愛はセックスから入る人です。落とすためには
陳腐な台詞はどんどん言います。そして征服するようなセックスを好みます。
うまく言えないのですが、たとえば女性(私だけでなく)が求めるような
シチュエーションは彼は絶対に作りません。旅行に行ったりとか豪華な宿に
泊まったりとか清潔なベッドを用意したり、とかは絶対にしません。
あくまで彼の領地である彼の部屋、職場、車の中で欲情します。
私の都合で他の場所に誘うと、それが映画程度のものでも
あれこれ言ってはぐらかして絶対にこっちの領地にはやってきません。
あくまで「自分の領地」という閉鎖的な空間でいたぶるんです。


とにかく誰でもいいから女がいないとダメらしく、
夜中に電話してシモネタと自分がどんなにセックス上手かの経験を話すらしい
自慢はどれだけ女をいかせたか どれだけしつこく別れたいのに電話してきたか
自己愛女好きが相手を好きになるときには「自分に優しくしてくれた」が理由、特別扱いのことだろう?
あと「俺を利用していいんだよ」と言うらしい これは「自分は利用されるに相応しい人間」ということらしい
手口はタゲ女に媚を売って心配してる風に関わって、相手に「利用していいよ」と言っておきながら
仕事で電話にでれないとしたり(試し行為)して拒否したり批判したりして不安定にさせて
拒否と受け入れを続けて繰り返すらしい 相手の女性は一時期みんな不安定になる


セックスが上手だったとは思わないです。
どちらかといえば稚拙です。


自分は別れたあとに相手♂が自己愛だとわかったけど
年齢のわりにセックスへただなと思った。
この歳でこの程度?みたいな。
自分では偉そうなこと言ってたけど
対したこと全然なかったし、幼稚なセックスだったよ。


自己満足で終わるのは同じだと思う。
痛いって言っても聞かない。


自己愛って男でも
配偶者や恋人とセックスしない場合があるみたいだけど何故?


自己愛に利益をもたらす奴としかしないんじゃない?
自己愛にとっては 下半身も他人にはない崇高なものだ!って 馬鹿が言ってたわ。
でも 複数の女と浮気やりまくりの事実もある。
それは許されるんだって


女がつけあがるからって考え方だろ
円満っていう発想がないから
特にそういう弱み的なもん握られるの大嫌いだしな


自己愛性人格障害の方のセックスについて
何か変わった性癖を感じた方などはいらっしゃいませんか?
彼は多少異常な部分があるのです。


恥ずかしい話だけどセックスのときにとても恩着せがましいんですよね。
巧妙に性的に蹂躙する。そうした繰り返しでこちらが服従するようになる。
閉じた空間での出来事なので私は客観性を失いました。


見てたの?って聞きたいくらいそのとおり。
付合い始めたとき、やけに同棲とか結婚とか急ぎませんでした?


エサ与えられて喜ぶように調教されてたんだよね。
私の場合は、思考が止まるほどの罵声、罵倒、人間性の否定のあとの
セックスがエサでした。すごく恩着せがましく私を抱く。
全然気持ちよくなくても、「これはありがたいことなんだ」
みたいに頭が無理矢理感じていました。


彼の脳内変換では、セックスが出来なかったのは私の
生理のせいなのだから代わりにフェラをするのは私の義務、ということに
なっているんです。彼は3日間ぐらいお風呂に入っていない、と誇らしげに(ここ重要)
言って私の頭を自分の性器に押さえつけながらまた私への愛を口にして、同時に
セックスが出来なかったことを巧妙に責めました。
私はそのあと仕事に行きましたが、仕事になりませんでした。
キーを叩きながら涙が出てしまう。自分の中の大事な何かが壊れたような
感情を止められませんでした。でも私はそのころは人格障害なんて知らなかった
から、彼の行動で傷つく自分がおかしいのだと思い、次はセックスで彼の
愛に応えなくてはと思い詰めました。
こういった行動は、そのあとも繰り返されました。


こんな話いやかもしれないけれど私の元彼(自己愛性)も
フェラチオ好きで、騎乗位好きでした。私はつらかったです。
結局自己愛性ってマスターベーションしかできないのではないかと思います。
フェラも騎乗位の女性の快感とはほど遠いものです。
彼らは、女性の体を使って自己の快楽しか得ようとしていないんですよね。
あと心理学の本のどこかで読んだ記憶があるのですが
母親との問題があった人は正常位が嫌なのだそうです。
母親(身内)を犯しているような気分になるのだとか。


すごくわかります。
愛情行為ではなく、「俺はすごいだろう」というマウント行動にしか思えません。
初めてセックスしたときに、「舐めて*あげて*もいいよ」と言われ、返事ができませんでした。
普通そういうことって言いますか?
言ったとしても「***していい?」って聞くのが普通じゃないでしょうか。
恋人になってから、彼はセックスのときに一度もキスしようとせず愛撫もなし。
ぺっと唾をつけて挿入を可能にし、たいていは私の嫌がる後背位で、
独りで勝手に済ませ、そのままものも言わずに寝てしまいました。
自分がダッチワイフになったようで、とても嫌な気分になりました。
それを言ったら「だってそのほうが気分が出るし、気持ちいいでしょう?」と。
あまりに腹立たしかったので、セックスを拒否したら、嬉々として顔を叩き
服を引き裂いてレイプしてくれました。その後泣いて怒ってる私に、
「お前はこういうセックスが好きなんだ。自分では気づいてないだけだ。」と言いました。


夜中にヤリたいから今から来いだの‥
ウンコ チンコ マンコ を絶対口にしない日はないキチガイだった
ただいマンコ いただきマンコ ありがタマキン などなど
あー疲れた


自己愛って下ネタ好きじゃないですか?
私が知ってる自己愛は全員そうです。


二股・精力自慢


この男は毎日朝晩各1回以上、必ずセックスする人で、たま~にしないときは他でしたときだったようです。
当時43歳、この体力は偉い!すごい!心置きなく誉めてあげます。(迷惑だけど)
拒否すれば力づくでレイプ同然のセックス。もちろん避妊はしない。


私の元恋人もそうだったけど精力があることに不必要に
自信を持っていませんでしたか?そこにプライドを置いていたというか。
だから同時進行の肉体関係とか、一晩に複数回のセックスや時と場所を
選ばないセックスだとかが相手にとって負担だということが全くわからず
ひたすら「オレ様な世界」に酔っていたと思います。
彼が一番楽しそうなのは二股をかけている期間です。


>彼が一番楽しそうなのは二股をかけている期間です。
そうでしょうね。保険があると、平気で片方を罵倒できますから。
気が大きくなって。
私は二股はしませんでしたが、そういうメンタリティは理解できます。
ていうか、二股しかけたところで、思いとどまっているのが今なのです。


体験談をまとめたりしたらいいかもと思いました。

そのお誕生日のダブルブッキング、私もやられているんですよね。
どうにかして他の人とのアポも入れようとしていたみたいです。
その心理は全然わからないけれど、「人気者なオレ様」とか「忙しいオレ様」とか
「お前のために時間を割いてやっているオレ様」とかを
演出したかったのではないかと思います。
ちなみに私があげたのは服で、後日突発的な不機嫌に襲われた彼は
その服を着て私を数時間罵倒し続けました。
今でも強烈に覚えています。私のあげたプレゼントの服を着て私をなじり続ける
彼の恐ろしい形相、言葉。トラウマです。


今すごくわかった。おかげさまで。
彼がやりたかったのは「保険」なんだ!
ダブルブッキングも二股も、彼の弱いアイデンティティを保つための
保険だったというわけですね。
幸せに対する不安もたぶんあったのだと思います。たとえば
誕生日を恋人に祝ってもらえるかどうか、とか。
それを直視しないでずるい保険を勝手にかけて、私が手中にいるとわかったとたん
爆発したのでしょう。


私と元恋人も何度か別れたりくっついたりしていました。
そのたびに話し合ったわけじゃなくて、さりげなく用事を作って会って、
セックスして復活、みたいな。こうした会話のなさが彼を甘やかして私を不安に
させていました。次第に「お前がオレにほだされたから」などと馬鹿なことを
言うようになり私に対する態度はますますぞんざいになって行きました。
そのあげくの二股です。


セックスしてから冷たくなった。(男としてどうかと、小一時間、、)
自分のものになった時点で興味が薄れるんでしょうね。


2011/06/01 | Comment (2) | Trackback (0) | Edit |
[ 恋愛・ストーカー ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「自己愛性人格障害とセックス」へのコメント


承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
 |  No.1161


はじめまして。まさにこのブログの内容通り、ある意味テンプレ?って思いたくなるけど、まったくブログの内容通りのことが、自己愛モラハラ男との間で繰り広げられていました。

同棲や結婚を急ぐという点も一緒で、自己愛モラハラ男に『結婚を前提に同棲したい』と言われましたが、
その時の状況から、『すぐには無理』と答えたら、発狂した自己愛モラハラ男ができちゃった婚を目論み、次に会った時に、私が寝ている時に、避妊せずに、実行されました。
みえんこりにすた |  [ 編集 ] No.1623

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「自己愛性人格障害とセックス」にトラックバックする

自己愛性人格障害とセックスへのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/?overture" target="_new" target="_blank">スポンサーサイト<a><a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-54.html" target="_blank">自己愛性人格障害とセックス<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。