※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

自己愛性人格障害と同性愛の関係

 [ 恋愛・ストーカー

自己愛と同性愛のしくみ


たとえばあるお母さん子の少年がいたとします。その子がまだお母さんに愛されたいという強い愛情欲求ともっていたとします。しかしそれはお母さんから離れたので満たされない。そうこうするうちに、一人の少年を好きになった。彼はその少年を、あたかも自分の母親が自分を甘やかしたり世話してくれるように愛するのです。この少年は母親に同一化して(自分が母親のようになって)その少年を愛するのです。無意識では、愛情対象になった少年と自分の同一視があります。つまり、彼はその少年を母親のように愛することによって、自分が母親から愛されたい気持ちを満たすわけです。


自己愛の特徴の一つは限りない満足を求める愛情欲求
もともとは母親から愛されたいという対象愛がみたされないために自分で自分についてそれをみたすという自己愛のメカニズムを介して生じるものである。つまりその起源は母親から愛されたいという愛情欲求


お母さん子が自分がお母さんに愛されたい気持ちを同性愛的な対象の少年を愛することでみたす、相手をじぶんと同じように思って相手を愛する、本当は自分が愛されたい気持ちを相手に託して満たしている、同性愛者のそういう心理の裏には自分が母親から愛されたいという気持ちが強くある。

同性愛は自分と相手が同じ肉体をもっていることが前提になる。同性愛の男性は女性を軽蔑、女性が価値の無いものになってしまう、価値を見いだせないものには惚れ込めない。同性愛の場合は相手も自分と同じものをもっている、あるいは男性として同じ存在であると思うことによって相手を自分と同一視できる。そうなるとはじめて自分以外の対象を愛することができる。同性愛者は自己愛が強すぎるために、本当は自分しか愛することができないという倫理の持ち主
(フロイト)


自己愛性人格障害の同性への執着


同性に対する同一化願望がある自己愛を知っているが、そいつは同性愛者なんだろうか?
それとも自己愛の同一化願望に性別は関係ないんだろうか?


同性と同一化したいというのは、普通に考えれば同性愛だろう。
自己愛-同性愛-マザコンが重なっていそうな例が身近であった。
フロイトも確か、そういうケースがあると言っていたと思う。


> 自己愛は同性に取り付くのでたち悪い。

その自己愛に同性愛の傾向はありませんか?
今までに、あきらかに自己愛な男を二人知っているけど、
どちらも行動パターンにホモっぽい感じがあった。
二人とも彼女、あるいは妻持ちだが、カモフラージュのような気がする。
妻持ちの方はいい年齢で子供がいない。
注意深く観察してみると、男性への執着に見られる過剰ぶりが、女性に対してはまったく発揮されていない。
三島由紀夫なども自己愛性人格障害と言われているし、妻帯者の自己愛にホモって多いかも。


同性への粘着ぶりはよく同性愛に揶揄されたりしています。
まともに取り合ってもらえないタゲがサンドバック化している
のはよく見ます


タゲの行動発言を悉くインプットして第三者への伝達
あれどうにもならんかな?気持ち悪い

同性をタゲにする自己愛は同性愛の要素がある気がする


自己愛にとって異性は性処理の道具
じゃね?
あそこまで同性に執着するのを見ると
ガチホモじゃね?とか思っちゃうw


自己愛の男って隠れホモが多いと思う
(これに関しては結構自信ある)


同性愛と自己愛性の関連については前に英語のサイトで読んだ事があります。
異性愛者の自己愛性も潜在的な同性愛傾向があるそうです。
同性愛者は、「同じ」性別の人―ある意味では自分の「反映」、と性交します。
この点において、同性愛の関係は非常に自己愛的で自体愛的なものです。


(全てではないにしろ)ゲイの人には自己愛多いそうな。
ゲイ差別はしたかないけど、普通に事実だと思う。
自分が関わったメンヘラのいくつかの実例でもそれはいえる。


ゲイに自己愛が多いと言われたら納得しちゃうかな。
自分と決定的に違う異性を受け入れないって事が、究極の自己愛なんだね。


2011/06/03 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
[ 恋愛・ストーカー ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法
この次の記事 : ツンデレ
この前の記事 : 同性へのストーカー

「自己愛性人格障害と同性愛の関係」へのコメント


お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「自己愛性人格障害と同性愛の関係」にトラックバックする

自己愛性人格障害と同性愛の関係へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/?overture" target="_new" target="_blank">スポンサーサイト<a><a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-59.html" target="_blank">自己愛性人格障害と同性愛の関係<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)
この次の記事 : ツンデレ
この前の記事 : 同性へのストーカー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。