※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

他者に関心がなく人の話を聞かない自己愛性人格障害

 [ 自己愛性人格障害 詳細
自分のことで頭がいっぱいで他者に関心が向かわず人の話を聞けない。

自己愛性人格障害の特徴まとめ


他者に関心がなく人の話を聞けない


・自分が興味のあることには熱心だが、相手の好みや興味にはあまり関心を示さない
・自分の話はよくしますが、人の話にはほとんど関心を示さない傾向があり、周囲からは「傲慢な人」という印象をもたれます。

何を話していても、すぐに自分の話題に持っていくのが特徴です。
人の話には全く興味がなく、人が話しているのをじっと聞いてられません。
他の人が話しているときは、次自分が喋るタイミングばかり見計らっています。
そして、ちょっとでも間が空くと、ここぞとばかりにまくし立てて喋ります。
人の話の腰を折るのは得意です。
他の人が話している最中でも、言葉を強引にかぶせて話し始めることがあります。
話し始めると止まらず、相手の反応は気にせず、自分が満足するまで喋り続けます。
このように、相手の視点を考えることなく、自分の視点でしか物を見れないのが自己愛性人格障害の特徴です。
会話も一方的で相手の話を聞いていないので、会話に相互性がありません。

自己愛性人格障害の性質:自分のことばかり話す
人格障害者は、話の途中のキーワードに反応して、
話の筋と関係なく、そのキーワードについて延々と話し出す。
他人の話を聞けない。
他人の話は、自分の話をする叩き台に過ぎず、
結局は自分の話で終始してしまう。

会話をしている中で、沈黙というのは必要な時間である。
言葉のキャッチボールの中では考える時間というのがある。
それが人格障害者には理解できない。
思想がないから常に即答。その場しのぎの言葉ばかりを即答。
ちょっとでも沈黙があったら、そこを突いて割り込もうとする。

自己愛性人格障害(043) しゃべくり
会話とは、通常、相手と自分との接点を見出して、話すものだ。
ところが、自己愛性人格障害者は、この「接点」を無視する。
あくまでも、自分中心の会話(一人語り)になる。

「聞き上手」という人がいる。
上手に相槌を打ちながら、相手の話を聴き出す。

自己愛性人格障害者も、相槌を打つ。
むしろ、大げさなくらい、相槌を打つ。
「そう!そう!」と。

だが、その「そう!そう!」に続けて、自分の話が始まる。
この自分の話と、それまでの相手の話には、何の脈絡も無い。
例えば、相手が消費税の話をする。
それに対し、「そう!そう!」と大げさに相槌を打つや、自分の夫の愚痴が始まる。

自己愛性人格障害者は大げさな追いづちを用いて、いかにも聞き上手のように装うが、実はそれは自分の話に誘導するための仕掛けに過ぎない。
「偽装聞き上手」である。

自己愛性人格障害者の自分語りが始めると、もう誰にも止められない。
完全なる独演会である。

自己愛性人格障害|真実は人を幸福にするか?


他者に関心がない理由


・自分自身は特別な存在と考えているので、他者の権利や欲求に関心がない
・相手のことを家来くらいにしか思っていないので勿論相手の話には興味なしです
・常に他者からの影響を受けて不安定な状態の自尊心を維持するためにエネルギーを大半を注ぐあまり「自分のことで頭がいっぱい」の状態になりがちで、こうなると他者への配慮どころではなくなります。
・相手を一人の人格者として尊重しないという本質的な意味で無関心であり、自らの欲求充足の手段としてしか他人を見なしていない

注目されていないと不機嫌になる


・自分が中心でいないと満足できない
・常に褒められたり注目されていないと不機嫌になる。
・いつも自分が優位に立ち、賞賛が得られないと気がすまない

・自分が褒められているとすごい嬉しそうな表情をする。更に褒められたいのかその話から離れようとしない
・自分が褒められてないと気がすまない。他人が自分以外の人間を褒めているとムカつくらしい

●特別視してほしい
自分が注目されていないと、機嫌が悪くなっていたり意気消沈していないでしょうか。
飲み会など団体で行動している場でこの性質をチェックしてみてください。
モラハラ男は、注目されていないと途端に不機嫌になっています。


2011/07/04 | Comment (4) | Trackback (0) | Edit |
[ 自己愛性人格障害 詳細 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「他者に関心がなく人の話を聞かない自己愛性人格障害」へのコメント


人を認識できない
職場の自己愛と思われる女医は、1年半以上も隣の席にいる同僚女医に向かって、違う科の医者と勘違いして「○○の検査をして下さってありがとうございました♡」と話しかけたそうです。苗字の漢字が一文字共通しているだけで、御礼を言う内容もどう考えても別人なのに、本人は全く自分の間違いを理解できなかったようです。他者(特に同性)への興味がないとはしながらそこまですごいのかと、話を聞いて恐怖を抱きました。ガラス玉の人形の眼のように心をうつさない目は、何を見ているのか。。。こんな人だから看護師やらただ蠢く有象無象にしか見えないでしょうね。
ぶりじすとん |  No.688

Re:人を認識できない
相手を利用価値と上か下かでしか見ていなくて中身を見てない、
という話は何度か出てきますがかなり極端な例ですね
>他者(特に同性)への興味がない
同性に対しては異様な執着を見せるケースが多いです、
異性は道具扱いですが、
同性はライバル視した場合の執着度が異常です。
管理人 |  [ 編集 ] No.691


正にそのとおりだと思います。
私の父に殆ど当てはまりました
 |  No.1344

私の夫のことだ!
私の夫は、私が何か(その日にあった出来事など)話しても
「それで?」「だから?」「俺がそれを聞いて何になるの?」
としか返事をしてくれません。
無性に空しくなります。
そのくせ自分の趣味や仕事の話は私にしてきて、
私が生返事をすると
「つまんなそうに聞くよね」と機嫌を悪くします。
のりこ |  [ 編集 ] No.1346

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「他者に関心がなく人の話を聞かない自己愛性人格障害」にトラックバックする

他者に関心がなく人の話を聞かない自己愛性人格障害へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-64.html" target="_blank">他者に関心がなく人の話を聞かない自己愛性人格障害<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)