※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

明るく饒舌で愛想のいい自己愛性人格障害

 [ 自己愛性人格障害 詳細
自己愛性人格障害の特徴まとめ

・言語的表現力に長けており上辺だけのいい人
・多くの人から、明るい、頭がいい、仕事ができる、表現力がある、人づきあいがうまい、と思われている。

●内的には不安定であるにもかかわらず、誇大的な自己像や積極的な自己顕示により、「頭がいい」「仕事ができる」「表現力がある」といった長所を持つと思われることが多い。そのため、彼らが不適応行動を起こしたとき、周囲の人は意外な感じを持つことが稀ではない。

●明るい性格は「不安の防衛的性格」でした。別の言葉で言えば、明朗と活発は「躁的防衛」です。本当は自分に自信がありません。その人は自信のなさを隠すために社交的に明るくふるまっていただけです。妙にはしゃいだり、不自然に明るかったり、わざとらしい親しさをふりまく人がいます。内面の自信のなさを、その「はしゃぎ」で隠しているのです。そういう人は無理に明るい性格を演じても、「何でも話せる親しい友達」がいません。皆に好かれたい気持ちが強いから、極端なまでに周囲の人の期待に応えようとします。でもどこかその明朗さは不自然なのです。


自己中心的で、他人を思い通りにあやつって、自己愛をみたす道具にしてしまうタイプです。他人を利用手段としてしか考えていないわけです。ですから、自分の自己愛をみたす手段としてのみ他人と付き合う。人間関係では人と決して深いつながりをもちません。

しかし一見親切そうであたたかみがあり、人の気をひくことが上手で、社交性が発達している人使いがうまいタイプなのです。ちょっと声をかけて人の気をひく、ものわかりのよさそうなポーズを示す、握手をし、肩をたたき、親密感をもたせる。イイ人だ、あたたかいといった錯覚を作り出して人を思い通りに動かしていくタイプです。彼にしてみればみんなが自分に好意をもち、思い通りになることで、自己愛をみたすのであって、決して相手を深く思いやって付き合ってはいないのです。
「自己愛人間」


自己愛性人格障害の被害者の私が言えることは
これはいじめの根本にも言えることだけど、
自分がターゲットになりたくないという保身、
自分に害はないから付き合うという諦観者、
人の見かけや人当りなど表面ばかりで本質をみていない人間は多いんだなということ。
付き合いが浅い、彼にとっての「他人」の前では正反対の自分自身を装うのです。
つまり挨拶をきちんとし、軽蔑する相手であってもに卑屈になるほど腰が低く(この病の特徴がよく現れていますが)、会話も誰とでもきちんとキャッチボールができるというような感じですので、一見彼はちょっとナルシスト的なところはあるが普通の人という印象を与えます。

第一印象としては私もそう思っていました。しかし付き合いを承諾したとたん、彼の本性が分かるまでまったく時間を必要とせず、これは病的ではなく完全な病気ということを知ったわけです。
自己愛性クオリティってなんか気違いじみた努力で成り立ってるんだと思う。

一見、社交的に見えても、それも
1 対人操作して自分が優位に立とうとするためのいい人アピール
2 自分の隠している陰険さが露見してないか確認するためのチェック行動、
3 万が一取り巻きが離れていくときに叩けるような弱みをさぐっておくため、
みたいなものに見えるし、それに毎日必死の暮らしなんて普通の人にはキツい。

一切こちらの情報を与えない、表面的にしか付き合わない、
気力が残っているうちに転職考えたほうがいいように思う。



うわべだけの親切をふりまく理由


どうみても自己愛性な友人がいます。自分のことしか話したがらない、他人の話を聞くふりはすれど実際のところ聞いていない、自己主張、自己顕示の激しい人で他人を素直に認めません。気に入らない相手はこきおろし、見下します。
でも、会話以外の部分では謙虚というか、気にしすぎるほど気遣う傾向があるのです。(でも上記のことから本当に相手のことを考えているのか疑わしい)

例えば、一緒に食事に行くと、時間はまだ大丈夫かとか、誘って迷惑じゃなかったか、とか、疲れてないかとか、、、
何でこういった気遣い?は出来るのに、会話などでは我を通しまくるんだろう。。。と考えるとよくわからないのです。
詳しい方、よろしくお願い致します。
自己愛性の人が謙虚なのはなぜ?

謙虚であることで周囲の人にも自分は良い人間だ、ということを
認めさせたがっているとか?
これだけ気を使えるのだから、自分はとてもよい人間だろう?という
自己満足のためのアプローチ。
その気遣いは、ある意味付け焼刃的な感じかと思えます。
"朝の挨拶は元気良くおはようと言いましょう"と教えられて、どうして元気よく挨拶をしなければならないのか?という理由も知らずに、おはようございます!と、子供が言ってる様なモノです(笑

生きてきた中で学習した、人間関係を円滑にさせるものの中で、分かりやすくて簡単なモノを受け売り的に表現しているだけの様に思えます。

気遣いの本当の意味を知らないが故に、頻繁に気遣いをしている様な表現をし、人間的に出来てますよ・大人な人間ですよ、と示したい(又は、そう思い込んでいる)モノがある様にもみうけられます。(それと同時に、形式的な気遣いが出来ない人物を批判する傾向もあるかと思われます)
つまり、本当に相手を気遣った訳ではないので、ある種の不信を抱く事も人によってはあると想像されます。
まず、自己愛の人は「誰かに同意されることで自身を確認」します。
自分の単純な思いしかない。
=他人には色んな考えがあることを理解していない。=聞かない・認めない。
=自分しかない=自分の事しか話せない。=人の話を聞かない。
自分の思いしかないので、違った意見を受け入れることが出来ません。
ですが、所詮未熟な精神。誰かに認め・同意されることでしか保身出来ないんです。

ということは、「周囲に認めてくれる人」が必要なんです。
このタイプの人に「姉御肌・面倒見がいい」人が多いのはそのせいです。
結局「日頃面倒見ておけば、逆らわれにくくなります」からね。
汚い言い方をすれば「恩を売っておく」訳です。

今回のご相談の中では、そこまでではなさそうですね。
でも、根本は一緒だと思います。
曰く「色んな事に気遣える人って印象を周囲に植え付けておく」ための行為だと思います。
「日頃の気遣いがこんなにできる、よく出来た人間」だから、、「私の言うことは正しい・間違いない」という印象を撒いているんだと思いますよ。

なので、「相手の事を本気で気遣って」言ってるのではありません。
全ては、周囲を自分の同意者に仕立てるための、(自分の為の)行為です。

あと、「我を通しまくる」のは「一定のラインを越えた人」が対象です。
人付きあいの最初は「気遣うモード」で同意者側に引き込もうとします。

そんなパターン・思考が多いと思います。
自己愛者はいつも自信があると思われがちですが、実はそうではなく、
周囲から特別扱いされたがる一方で人から嫌われたり、批判を恐れている部分があります。
(この二つのバランスには同じ自己愛者にも個人差があると思います。)

自己愛には2つのタイプ、
誇張型と過敏型があり、もしかすると
「例えば、一緒に食事に行くと、時間はまだ大丈夫かとか、誘って迷惑じゃなかったか、とか、疲れてないか、、」
の場面では過敏型で実際に気を遣ってると思います。
ただ、本当に相手の事を気遣ってるのではなく、
相手の目線にうつる自分を気にし、人に嫌われるのではないか?
と恐れてるためかと思います。


愛想のいい人と善い人は違う
2011/07/06 | Comment (4) | Trackback (0) | Edit |
[ 自己愛性人格障害 詳細 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「明るく饒舌で愛想のいい自己愛性人格障害」へのコメント


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  No.60


>仕事も身内もなく、行くあてもない
これが原因で舐められて上下関係ができてしまってますね、
と言うより、そういうタイプだからこそ寄ってきたとも言えます。
もしあなたが友達いっぱいでバリバリのキャリアウーマンだったら
近づいてこないし、仕事を辞めさせたり友達との付き合いも制限されるでしょう。
ここに辿り着いたということは自己愛性人格障害やモラハラについては
ご存知だと思いますが、悪化するだけで治ることはありません。
結婚前に本性を知れたのはラッキーだと思って、
新しい人生を踏み出したほうが幸せになれると思います。
管理人 |  [ 編集 ] No.62

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  No.64


男は威張ってなんぼ、それが常識(九州の)、
俺は悪くない、男を立てないお前が悪い、
自分の非を認めず相手を悪者に仕立てあげるのが自己愛の手口です。
「普通の男は男女平等、九州の男はダメだ」と言ってやってください。

…でも私も知ってる九州の男性で男尊女卑の人は居ないです。

自己愛は人に罪悪感を抱かせようとしますから、自分がダメだから叱られる、
と自己否定してしまいがちですが、原因は相手の障害です。
自活できるよう生活を整えてから逃げ出しましょう。
管理人 |  [ 編集 ] No.65

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「明るく饒舌で愛想のいい自己愛性人格障害」にトラックバックする

明るく饒舌で愛想のいい自己愛性人格障害へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-66.html" target="_blank">明るく饒舌で愛想のいい自己愛性人格障害<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)