※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

取り巻きに格下のイエスマンを選ぶ自己愛性人格障害

 [ 自己愛性人格障害 詳細
自己愛性人格障害者は他者との対等な関係が築けないため友人はいません。
その代わり取り巻きを作ります。取り巻きの条件は無能でイエスマンであること。

自己愛性人格障害の特徴まとめ


格下の人間


・社内的に上位者の場合は自分の取り巻きを作りたがる。
・後輩や格下の人とばかり付き合いたがる
・○○会が好き、お山の大将になりたがる
・コンプレックスを払拭することと自尊心を満たすため、自分より常に下の立場の人を見つけようとし、女性関係に対しても同じ傾向があります。

自分に従う都合のよい人間


・饒舌で一見、社交的に見えるが実際は自分に従う人間しかよしとしない
・「自分の都合の良い空間」にしか居つかない。逆転しそうになれば必ず逃げる。
・自分が批判されることを非常に嫌い、そういう場に自分を置きたがらない。
・長く付き合ってる人間が本人にとって『有益の人間』か『イエスマン』ばかりの人
(健全な人間関係築けません)

●ほんの少数の部下だけを信頼し、忠誠心を持ち続けてもらうために彼らのニーズを満たし、その代わりに完全なる献身を要求する

●後輩とばかりつるむ。
友人でも自分より「何か」が格下の男性ばかり。
モラハラ男は非常にプライドが高く、嫉妬深いのが特徴です。
自分が批判されることを非常に嫌い、そういう場に自分を置きたがらない傾向があります。
こういうタイプの人は特別視してほしいために、自分にとって都合のいい友人ばかりを好む傾向にあります。
ワガママや無理難題をいっても叱らずに聞き入れてくれそうな友人と親しくします。
よって、何でも言うことを聞く彼女でいることを求めてきます。


なぜ取り巻きを作るのか


●周囲を支配した人間で固めていないと不安になる。
一人で楽しく生きて、臨機応変に友達と親しむということが出来ない。
金や物で人間を縛って、利害関係だけで偉そうにお山の大将

●彼らにとって役に立つ人間は2種類しかいません。彼らの「自尊心をふくらませてくれる人間」と、彼らが「おとしめることのできる人間」です。対人関係を結ぶ「真の自己」はありませんが、空虚な自分といっしょにいて「心の平静を保つ力」になる相手が必要なのです。

●モラハラの取り巻きは、ハラッサーのことを恐れている状態だったり、利用としようとする、惚れ込んで盲状態があります

●一緒にいると大変疲れます。自分には何一つ害のない人なのに、一日中一緒にいるとクタクタになります。(目にクマが出来るくらい!)



2011/07/15 | Comment (0) | Trackback (0) | Edit |
[ 自己愛性人格障害 詳細 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「取り巻きに格下のイエスマンを選ぶ自己愛性人格障害」へのコメント


お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「取り巻きに格下のイエスマンを選ぶ自己愛性人格障害」にトラックバックする

取り巻きに格下のイエスマンを選ぶ自己愛性人格障害へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-75.html" target="_blank">取り巻きに格下のイエスマンを選ぶ自己愛性人格障害<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)