※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

スポンサーサイト

 [ スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- | Comment (-) | Edit |
※ 一部工事中。辿りつけないページがあったらゲストブックからご質問ください。

批判に弱く傷つきやすい、反論や忠告などの否定に怒る自己愛性人格障害

 [ 自己愛性人格障害 詳細
「肯定的な評価」しか受け入れられず、些細な批判に傷ついたり、過剰に反応し激しく怒ります。
自己愛性人格障害の特徴まとめ


些細な批判にも傷つく


・脆く崩れやすい自尊心を抱えている
・些細な批判や否定にも傷つきやすい
・成功を収めていても、少しの悪評でひどく傷つく。
・非難に弱い。あるいは非難を全く受け付けない。
・容易に傷つき、拒否されたと感じる
・小さな過ちであれ、欠点を指摘されることは全てを否定されるように思える。
・非難から逃れられないと悟ると、すべてが台無しになった思いに駆られ、ひどく落ち込む。

●自信満々な態度とは裏腹に、内面は非常に脆く『傷つきやすい』部分を抱えています。非難に対して、すぐに怒りで反応するのも、傷つきやすさの現れです。

●自分に批判や否定を向けられると、怒りや憎しみを持つか、屈辱感や落胆を経験する。これらの感情は必ずしも表出されるわけではない。また否定をされるとそれを受け入れられずに現実逃避し、嘘や詭弁で逃げようとする。そのため失敗について本当に反省したり、そのときのつらさや痛みを認識する能力に欠けている。失敗や批判から新しく何かを学ぶ能力に乏しい。

●他人から批判されると、あれは私に嫉妬しているからだ、などと言ったりします。
こういう詭弁によって立場を逆転させ、自分を守るのです。

●些細なことにも大袈裟に傷つきやすい半面、人を傷つける言動が目立つ。


些細な批判にも怒る


・少しでも自分を否定するような言葉があれば過剰に反応します。
・誤りを指摘されたり、反対意見を言われたりすると怒る
・批判や忠告は傷つきやすい自尊心を痛撃すること、それに対して激しい怒りを感じること
・他者に期待を裏切られたり、自尊心を傷つけられる軽蔑を受けた場合の激烈な自己愛的憤怒と復讐感情。
・批判に対して、憤怒や恥や、対面を失ったという感覚(たとえそれが表れなくても)による反応を見せる(DSM-Ⅲ)


●周囲の声は、自分にとって心地よいものしか耳に入りません。忠告や本音は、はねつけるだけでなく、批判や侮辱と捉えて過剰に反応することがあります。

●他人から批判されることに怒り、批判者には攻撃や価値下げ(「実はあの人はたいした人ではなかった」など)で反応

●他人から侮辱されたと思い込んだりした場合、自分を守るために、非常に激しく怒ったりします。あまりにも自己中心的な怒り方なのですが、本人は必死です。

●人がちょっとでも違う意見を言ったり、欠点を指摘されたりすると感情的になりものすごい勢いで攻撃します。
反論されると自分が正しいと認められるまで相手を執拗に攻撃し、それは違うんじゃないかという意見に対して絶対に認めようとしません。他人がいくら具体的に訴えても「それは誤解だ」、「それはあなたの理解が違う」などの反論をし先方に否があると主張します。
どうしても自分が都合悪くなると問題点をぼかしたり、問題をすりかえてごまかし反論します。失敗や批判から新しく何かを学ぶ事ができません。

●思い通りにならないと激しい怒りにとらわれる」ことです。「その怒りはとても強烈で激しい」ものです。暴言を吐いたり、物を壊したり、暴力になることもあります。
自分に非があっても、相手の不手際や無能ぶりを一方的に責め立てます。自分を怒らせたことに対して起こることもあり、「なぜ、俺を怒らせるんだ」「なぜ、私を怒らせるの」は一つの常とう句です。しかも自分を怒らせたことに対しては、制裁を加えようとします。

●自己愛的な人物は概して、批判されたときは拒否され、屈辱を与えられ、脅かされたと感じる。これらの危険から自分を守るために、現実あるいは想像上のものにかかわらず、いかなるわずかな批判に対しても、彼らはしばしば軽蔑、怒り、あるいは無視などで反応する。

●自分を否定されたと感じたら、怒りがすさまじく自己弁護が強烈です。否定されることには敏感すぎてその言葉を目の前から消し去らなければ非常に不安になるので、言っていることはめちゃくちゃで支離滅裂です。
自分がどんな時でも優位でなければいけないのですから、他人をバカにする事でようやく自分を保てているのです。

● 「自分に有利か不利か」だけには幼少期から鋭敏な状況認知が出来、自分への低い評価には過剰に反応して攻撃的となる。逆に人に対する気配りは全く出来ず、残忍で攻撃的な発言も多い。
物事の捉え方が非常に浅薄、表面的で、理由や経過を問わず結果としての言葉だけにこだわったりする。
周囲から見ると、「自分に不利なことを言われたことはいつまでも執念深く覚えていて、また察知も出来るのに逆に相手を攻撃したことはすぐに忘れ、相手が傷つくことも全く分からない」という非常に自己中心的な見かけとなる。

●“自分がいなくなることを後悔させてやる”という傲慢さと復讐心

●否定批判に弱く、他者からの指摘を極度に嫌う傾向もあります。
実際に指摘されたときは、開き直ったり、
(指摘した相手が悪いとなるか、自分は変われない・変わらない・変わるつもりもないと言うなど)
ムキになったり、指摘した相手に怒りをぶつけたりして、
一旦まず受け止める、ということができづらい傾向があります。

●自己評価が不安定で情緒が落ち着かない人は、『他人の批判・反論・訂正』を冷静に受け取ることができないので、一度でも自分に批判的・対抗的な態度を取った相手のことが許せなくなり、その相手と人間関係を修復することはとても難しくなる。


なぜ反対意見や批判で怒るのか


●相手の意見や知見の有用な部分を取り入れるだけの自信(安定した自己評価)がないので、相手から自分と違う意見や主張を提示されると、自分自身が否定されたり馬鹿にされたと思い込んで、反射的に不愉快な気分や怒りの感情に襲われてしまうのである。

●なぜ自分の意見に反対する人に強い嫌悪感をもつのか。
それは自分の意見が反対され、否定されると、自分の価値を否定されたように感じるからである。私たちは自分を肯定することによって、自信をもって生存することができる。なので生きていく力を否定するような反対意見をいう人には強く反発し、嫌悪感をもつのだ。

また、人は自分が悪いとわかっていても、素直に受け入れることができないものなので、自分が悪いことを自分で認めざるを得なくなると、自らの自己評価が下がり、イヤな気分になってしまう。人からの批判は自己否定されることと同じであるといえる。自己否定されると自己嫌悪に陥って落ち込むか、相手を嫌悪するかのどちらかになる。つまり、批判による相手への嫌悪感は、自己否定に対してそれを心理的に取り戻すための反発心であり、自分を守るための防衛本能であるといえる
非類似の嫌悪

2011/07/28 | Comment (12) | Trackback (0) | Edit |
[ 自己愛性人格障害 詳細 ] ... 同じカテゴリの記事(ランダム表示)
[ メイン記事 ]
  1. モラハラ加害者の特徴[原因と詳細]
  2. モラルハラスメントとは
  3. 被害者の特徴
  4. 被害者の症状 どうなってしまうのか
  5. なぜ誰も気づかないのか
  6. モラハラ対策、解決方法

「批判に弱く傷つきやすい、反論や忠告などの否定に怒る自己愛性人格障害」へのコメント



私も、目下夜間の外出について家族から禁止されています。時間は、22時以降はNGとなっており、それを過ぎると酷く注意を受けます。私も冷静に考え直してみて、親兄弟からしたら確かに夜の外出はいつ誰が狙っているかわからないし、危険が高くて危険であるということも承知しております。
しかし、これまで続いてきた習慣??といいますか、自分の楽しみを否定されたような気がしてつい反抗的な態度をとったり、逆らってしまいます。自分のことを心配しているということも分かってきているのですが、聞き入れられないことが多々あります。というのも、自分のことながら憶測となりますが、私は学生時代に塾に通っていたとき、夜遅くまで自習室の方で勉強していた帰りに友人たちと別れたあと、自宅の最寄りの書店やコンビニに立ち寄ったりしておりました。その時期の感覚が忘れられず、「この時間にこの場所に来ればあの楽しかったときが甦るようだ」という思いから、いつの間にか夜間外出が習慣化されてある種の行動パターンとなったのかもしれません。自宅に住まわせてもらっている以上、ある意味でルールとなっていたり、家族の思いもあるため、私も合わせていけるよう努めていこうと思っております。やはり記載された本文のように、自分を否定されているような気がして腹立たしくもありますが、なるべくルールを守っていこうと思います。今回は、そちらの本文の内容を見て、自分の心理状況や行動パターンがつかむことができて安心しました。ありがとうございます。
 |  No.68


人から反対されたり自分の思い通りにできないと腹が立ってしまうということですね。誰でもそういう気持ちはあって当然だと思います。

そういう状況下で、絶対に自分が正しく、自分の楽しみを阻害する家族が悪!としか思えないのが人格障害、

>自分のことを心配しているということも分かってきている
>自宅に住まわせてもらっている以上、ある意味でルールとなっていたり、家族の思いもある
と考えて自分を納得させられる(合理化)なら正しく成長していると言えます。

でも頭の中だけでそう思っていても態度や行動にあらわれていなかったら人には伝わらないし、家族の方も同じように自分の想いを否定された気がして腹立たしく思うかもしれません。素直に、止められると反抗的な態度をとってしまうけど、心配してくれてることはわかってると、伝えてあげてはどうでしょうか。

そして、夜の外出は最近は本当に危ないです。花火の帰り道で殺されてしまったとか、家族と口論になって夜散歩に出た女性が殺されてしまったとか、事件が続いたので心配されてるんだと思いますよ。
管理人 |  [ 編集 ] No.71

必ず、自己正当化をしてきます
人格障害者の方々に顕著なのが、物事全てに対する考え方が非常に観念的で、自分(たち)を必ず「善」や「正義」としたうえで「敵(ターゲット)」を作り出し、ターゲットを潰すために憎悪と被害者意識、カリスマ性や支配性を巧く利用しながら、ターゲットを含む周りを巻き込み、「観念(我欲)」を通していくことですね。

物事に対して人格障害の方々に顕著であり、イジメ、モラハラ首謀者の方々に当てはまると感じるのは、以下のとおりです。
●自分を善として「二元論」によって敵や憎悪のターゲットを作りあげ憎悪を煽る。
●忠告や反対意見、異論に対し、異常に攻撃的で相手を蔑み潰していく(自分こそが善で正義だと思い込んでいるので、それに異を唱えたり、逆らう相手に容赦しない。少しでも反論されると相手を蔑視(相手を上か下かに見るのが好き)。←彼らの攻撃は二元論思想)
●じつは他人を支配して操作したい欲望を奥底に抱えている(言葉によって。態度によって。自分の意見によって。自分の思想観念によって。)
●「詭弁」が得意、必ず「自己正当化」(しつこく、ネチこく、相手の言葉尻をすり替え、攻撃で自己正当化する)
●同情願望(被害者意識、被害妄想)がどっぷり身に付いている。
 自分は絶対に善で正しい可哀想なのだから相手が悪いのであり、相手を許さない思想観念。

彼らは自分たちの心に潜んでいる、非常に大きな攻撃性と、自意識(自己正当化、自分を善とする詭弁)、他者をコントロールして従えたい我欲について、省みません。

我欲をすり替え、周りの人たちを混乱や苦しみや憎悪のループへと落とし入れる、それこそが自分にとって(自分たちにとって)「正義」だと言う二元論を展開する。

迷惑千万です!
ふぅ |  No.383


ごめんなさい。自己愛なのだ。ぴったり当てはまります。今まで、周りに大迷惑かけてたんだときずきました。ありがとうございます
わたしも |  No.433


私の兄弟がこれにぴったりと当てはまりました。これからは付き合い方を考えていこうと思います。とてもわかりやすく書かれてありました。ありがとうございます。
かなこ |  No.1335


目の前で自分の事を否定・批判されて、怒りもせず傷付かない人っているの?
それじゃ自尊心無さすぎか単なるドMじゃないかな?
 |  No.1358


1358さんのイメージする否定とはちょっと違うと思います。
悪いことをしてたしなめられても無視したり激怒する、
モラハラのケンカが成立しないの項目が少し参考になるかもしれません
http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-147.html
管理人 |  [ 編集 ] No.1359


自己愛性人格障害の方は他人と関わらず家から出ないほうがいいですか?
あ |  No.1496

どういうお立場からのご質問なのか疑問に思います
上記1496のコメントは、どういうお立場からされているのか疑問に思います。

「方」という言葉を使っておられるから、自己愛を自覚しているご本人ではないのでしょうね。

じゃあ、ご本人でないとして…自分以外の誰かを、「他人と関わらず家から出ない」ようにできる人なんて、この世の中に誰もいないと思うのです。
DVの加害者向け更正プログラム(心理療法)があるときくので、似たような手法を使った心理治療が、探せば、きっとあるはず……周囲の人間が、自己愛に対して、そういう治療を受けるように勧めることはできるのかもしれません。

ただし、DV加害者更正プログラムにしても、ただ受けるだけでなく、本人がよっぽど「変わろう」と思わないと無意味であると聞きます。自己愛然り、です。

それにしても…一体、どういうお立場からの、何を想定した上でのコメントなのか、不思議に思いました。
むらさき |  [ 編集 ] No.1497

決めつけないで否定もするな
私も人と雑談している時、否定されたらものすごく不愉快になります。
例:フランス人 ○○ってどんな人?
私 え?どんな人って‥自己分析でいい?
フランス人 分析? ちゃうやろ!
○○と話したいから知りたいのに。話したくないならいいよ!(怒り出す)

自己紹介は自己分析だと思ってましたが怒られましたし、私日本人で国語の成績最高でしたが、言葉の使い方がちゃうやろ!と何故か東京在住なのに関西弁で否定されました。

その他、粋がった若いデザイナーや意識高いKのキュレーターに自分はこう思うんだよねーと言うと、違う!だの否定されて腹が立ちました。

ちなみに5年ほど前に今話題の長時間労働について、私が皆働きすぎだから時間を短くしたらいいと思うんだーと言ったら、ドイツ育ちのデザイナーさまは「夜中まで働きたい人だっているんだ!」と全否定でした。
こないだ事務所に行ったら、そのデザイナーさまは4時に帰っていました。
夜中まで働きたいと言っていたのに。私の意見を全否定したのに。

私は人の意見を否定する人は人の心を踏みにじっていると思います(笑)腹が立ちますもん。怒りは悲しみの二次的感情でしょう?
踏みにじっているんですょ、否定する人は。

私は自己愛性人格障害なのでしょうか?(笑)
否定は良くないし、この記述は決めつけ |  No.1661

Re: 決めつけないで否定もするな
被害体験を書かれてるのかなと思って読んでいたので、最後の一文を読んで???となりました。
この記事だけを読んで、批判されて傷つくのが自己愛、という風に読まれたのだと思いますが、そうではなく、このページは、たくさんある自己愛の特徴の一つ(自分は人を否定しまくりなのに、自分が批判されると傷つく)に関する資料をまとめたページです。その話をきいている限りでは、何を言っても否定し、些細な事で怒る人、言ってることとやってることが違う人の方が自己愛的だと思います。膨大な資料のまとめサイトですので、お仕事の関係上、その手の人に遭遇することが多いのでしたらまずはこちらのページから読んでみてください。

http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-3.html

管理人 |  [ 編集 ] No.1662


ネトウヨは一人の例外もなく全部当てはまりそう。自己愛性人格障害の人を惹きつける甘ーい液でも出てるのかね、ネトウヨは。
もちこぱん |  No.1842

お気軽にコメントをどうぞ。

 
  任意 : 後から修正や削除ができます。

「批判に弱く傷つきやすい、反論や忠告などの否定に怒る自己愛性人格障害」にトラックバックする

批判に弱く傷つきやすい、反論や忠告などの否定に怒る自己愛性人格障害へのトラックバックURL

リンクタグ:
<a href="http://mora110.blog.fc2.com/?overture" target="_new" target="_blank">スポンサーサイト<a><a href="http://mora110.blog.fc2.com/blog-entry-88.html" target="_blank">批判に弱く傷つきやすい、反論や忠告などの否定に怒る自己愛性人格障害<a>

この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。